非論理的、非科学的アパマンハム 7K1JRC/JR2NQC/K1JRC

ベランダアンテナから世界に電波を。目指せDXCC HONOR ROLL! 
理論良く分かりませーん!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Windows10その後(2)

2015-09-28 16:05:28 | 日記

何だか上手くいく予感がして、再度のWindows10インストール。

根拠は ”良い予感がした” だけなのですが。。。。。

何度も何度も懲りずにやっていますので、流れ作業的にできます(笑)

 

で、結果なんですが、何となく出来ました。

何となく出来たというのは、CWSkimmer、NaP3といった前回までWin10にすると

エラーが出ていたものが一応動くようになったということです。

 

最大の懸案のCOMポート認識をしないというのは、やはりドライバーの問題であるこ

とがほぼ確実となりました。 Win10にアップグレードするとドライバーが新しくなり過ぎ

てダメだということです。ですからこれは古いドライバーをひとつずつ試して行くと、その

うちに当たりに巡り合おうかと思います。 私の場合は二世代ほど遡ってOKでした。

 

次にCWSkimmerとNaP3です。

これらは前回まではWin10になった後に、存在自体はあるもののエラーが出て起動

しない状態でした。 今回もWin10にアップ直後は前回と一緒だったのですが、思い

切って、これらCWSkimmerとNaP3を一度アンインストールしてみました。そうしたら

何と普通に動くようになりました。

 

さてさて、問題はここから。 今回もすんなりは行きませんでした(笑)

処理速度に大きな問題があります。

つまりリグとの連動が極めて緩慢というか、logger32,CWSkimmer,Nap3を同時に

動かすともうダメダメです(^^:

リグの同調ダイヤルを動かすと、冗談抜きで30秒後くらいについてくる感じです。

 

Win10の必要スペックについては諸説あります。

公式にはWin7と同等との発表がありました。

実際には?????でしょう(笑)

特にCOMポート共有までして、NaP3とかCWSkimmerといった描画処理となると。。

 

参考までに我が家の無線専用PCについて書いておきます。

 

動作プログラム

 COM共有ソフト、NaP3、CWSkimmer、Logger32、GoogleCrome、IonoProbe、

 Omni-RIG、Ham-Cap、Lotw-eqsl utility 

 

 Win7 SP1 32BIT

 

ハードウェア

 デュアルモニタ。

 本体はASUS BT6130

  プロセッサ  Intel Celeron CPU G1610  2.6GB

 実装メモリ  4GB

  

"無料"で乗り換え出来るというのはとても惹かれるのですが、結果、無線が面白く

なくなるのは嫌なので、安定しているWin7でしばらく行こうと思います。

いずれにしても、今回も最後の最後でつまづきましたが、CWSkimmer、NaP3等が

動作することは確認できて大きな収穫となりました(^^)V

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« E6GG 80m | トップ | 無線用アプリケーションのリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事