鉄ヲタですけど何か?

更新復活します(`・ω・´)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大井川鉄道の長距離鈍行にのってみた その1

2020-03-21 17:23:55 | 中小私鉄・専用線

会社員なら誰もが、「このままどっかいきてぇな…」とか思ったことがあると思います。

意味もなくよくわからない名前の終点までいってみたり、無限にこのまま往復しててぇみたいな

どんだけ出社したくないんだっていう。

毎日そんなことばかり考えているダメ社員とは誰なのか? 

 

そう、わたしです。

 

前置き長くなりましたが、去年大井川鉄道の長距離鈍行ツアーに当選したのでいってきました。

何を隠そうこのツアー、朝から夕方まで、12時間、同じ路線を無限に往復する奴です。

 

SL運行で使ってる旧型客車と、電気機関車だけを使って

新幹線とかができる前の古き良き長距離鈍行を再現した奴ですね。

SLをあえて使わないのがポイントです。

 

毎年趣向は違うんですが、今回は福島の原ノ町発ー青森行き風だとか。

青函連絡船に乗る奴風ってことですかね。

 

「鈍行、12時間、青森行き」で何か既視感しかない旅程だったのでつい、申し込んじゃいました。 そのままはまなす乗れそう

割と高倍率の激戦だったらしいんですが、何とか無事に当選。

 

というわけで早速始発の新金谷駅へ。 あっ、原ノ町って設定だった。原ノ町駅へ。

着くと早速、旧客がどーんと。今日の相棒です。

機関車は当日まで発表されなかったんですが、

奥で機関車がごそごそし始めたので、これかなっと

 

 

 

牽引するのは機関車、E101。

1950年代製のデッキ付きのレトロな奴です。

いつもはSL観光列車のヘルプ要因として、後ろから押してますが、

今日は先頭で12時間ひたはしってくれます。

 

なんか、隣に、E31withトーマス用客車が出来上がってて、

えっ乗るのこれなのでは?とか結構焦ってたんですが、勘違いでよかったよかった。

 

 

 

参加証をもらいいそいそと室内へ。

座席は先着順とはいえ、一人1ボックス席可能。

 

堂々と一人で荷物とか置き放題って、労働者の夢じゃないですか?

な、なんて贅沢なんだ…(意味不明)

 

しばらくすると、ハイケンスのセレナーデと共に、青森行きは走りました。

僕たちは乗り始めたばかりなんだ、

この果てしなく長い、長距離鈍行をよ…

 

 

続く

 






↑よろしければクリックお願いしますm(_ _)m

 


コメント   この記事についてブログを書く
« アルゼンチンから帰ってきた... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中小私鉄・専用線」カテゴリの最新記事