鉄ヲタですけど何か?

更新復活します(`・ω・´)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

急行はまなすにサヨナラを その13 伝説の珍スポ 真駒内滝野霊園へ

2017-11-20 21:38:04 | 鉄道旅行(北海道)

ようやっとフィナーレが見えてきた、
グダグダ北海道旅行の続きです。

もう前回ではまなすには乗り納めをして、
旅行としてはミッションコンプリートって感じだったんですが、
まぁ夜の便まで時間があるので、なんかしようじゃないかと。

そんな訳で前からずっと気になっていた、
珍スポオブ珍スポ、真駒内滝野霊園へ行ってみることにしました。
もう、微塵も鉄道関係ないですね!



そんなわけで、地下鉄、バスと乗り継いで
移動すること数十分…





つきましたー!
憧れの珍スポ、真駒内滝野霊園です。

この門構えからも分かる通り、ここは東京ドーム数十個分と、
北海道でも指折りの広さを誇る、れっきとした霊園なんですが、

何というか、置いてある展示というか、
園内のモニュメントが混沌としてて、一部では有名
なんですよね…。



もう、隠しようがなくて、ちらっと見えちゃってるので、
書いちゃいますけど、





ここの名物はモアイです。

なぜ北海道の霊園に作ってしまったのか?
なぜここまで沢山作ってしまったのか。
それはもう、突っ込み所が満載ですけど、




雪に埋もれて、謎の趣を醸し出す、イースター島とは何だったのか感全開の
雄大な光景を眺めていると、そんな些細なことはどうでもよく思えてきます。
これもまたモアイ…



・・・・・・。
まぁでもぶっちゃけモアイだけなら、
日本だけでも、他にもまだ幾つかあるじゃないですか?

でも、これで留まらないのが、
真駒内滝野霊園の凄さなんですよ。
例えば、こんなのもあるんです。




はい、ストーンヘッジです。
謎の巨石建築として有名な、イギリスのアレですね…。

教科書でおなじみの古代遺産も、割と再現度高く作ってしまう。
これが真駒内滝野霊園クオリティ。
「もう石の奴なら、何でも作ってやるぜ!」という熱い思いさえ感じます。


別に北海道で見れるストーンヘッジがあったっていいじゃないですか、
ねぇ?





はい、次。
鎌倉大仏です。



この真駒内滝野霊園の外国だけじゃなくて、ちゃんと日本にも目を向けていくスタイル、流石ですよね。
見事に雪に埋もれて、頭だけがちょびっと、お見えになられていました。
もう真駒内にある時点で、鎌倉大仏じゃないような気もしてきますが、
そんな些細なことは気にしてはいけません






看板によると、今後鎌倉大仏は、「頭大仏」へと進化するそうです。

流石に、入園してから思考を放棄し続けてきた自分も、
「頭大仏is何?」と疑問を感じ、HPの特設ページを見たのですが、
何も分かりませんでした。

おそらく、これも魂で感じろということなのでしょう。
まぁ鎌倉大仏改め、頭大仏なら、北海道にあっても何の問題もありませんね。

因みに訪れた当時は、2016年でしたが、
そんな些細なことは気にしてはいけません。





とまぁこんなあたりで、
意外とバスの本数がなくぎりぎりだったので、
この後は取急ぎ、札幌へ戻ることにしました。

真駒内滝野霊園で、有名な名物は、主にこの3つなんですが、
他にもモアイベンチとかモアイ噴水とか
エジプトの神とか色々取り揃えてるみたいです。
この日は雪に埋もれて見えないのが、少々残念でしたね…。

元々、懇願して連れてって貰っただけに
Aくんは完全にお通夜でしたが、僕はこのノリ結構好きでした。
夏とかに来ると、もっと楽しいのかもしれませんね。

「俺は北海道でモアイとかストーンヘッジが見たいんだ」って方とか、
「頭大仏」というワードに惹かれた方は是非!
ハードコアな北海道観光としては請け合いの、個人的おすすめスポットです。



さて、グダグダと更新し続けた北海道シリーズも
次回で最終回です。長かったですね。








続く











↑よろしければクリックお願いしますm(_ _)m


コメント   この記事についてブログを書く
« 急行はまなすにサヨナラを ... | トップ | 急行はまなすにサヨナラを ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鉄道旅行(北海道)」カテゴリの最新記事