鉄ヲタですけど何か?

更新復活します(`・ω・´)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

急行はまなすにサヨナラを その3 人生最期のB寝台

2016-03-02 16:59:28 | JR

前回の続きですー
ようやく本題のはまなす。

とりあえず入線を撮るべく、
少し早めに向かいのホームでスタンバイしてたんですが






無事失敗しました。

暗いのでやばいなーと思ってたんですが
案の定でした・・・ 



まぁそれは置いとくとして←


今夜のはまなすは
即席ヘッドマークに寝台だけ増結の3両編成と
まーたぶっとんだ編成のようです。
何か「いかにも」って感じの組成が素敵ですよね!←褒めてる


とりあえず、
折角の向かいのホームなので
停車ホームに行く前に・・・と
後ろをパチパチやってたんですが

何かその最中、
接近放送と共に
見覚えのあるシルエットが・・・



まさかのキハ40、3両編成の登場です。

はまなすと並ぶことってあるんですね・・・
最近実現したんでしょうか?




ボロボロになっても奮闘する2形式の並びは
国鉄時代を知らない管理人にはちょっと胸熱でした。



で、
到着ホームに戻ると




増結の関係で登場してる
お馴染み、「21号車」を撮って
メインの先頭を撮りに行く事に。

何かさよならブーストの影響でか
ちょっとした人だかりの中、頑張って撮ってきました。




昔は撮ってる人も
居て2人とかだったんですけどね

記念撮影する人を遠巻きに見てると
引退って実感がようやく沸いてきて
「上りに乗るのも、これで最期なんだよなぁ・・・」とか
ちょっとしみじみしてしまいました。

こんな風に感慨に耽った後は
ようやく車内へ、

急行はまなす、
上り列車乗り収めの始まりです。




今回乗り込んだのはこちら
てってれー



左の1号車、スハネフ14 551でした。
まさかのはまなす寝台車 2回目です。
正直特に寝台乗りたいみたいなのは無かったんですが・・・
何か気づいたらこうなってました。


寝台列車のスタンダードだった開放B寝台も
はまなすの廃止と共に全廃。
もう書いちゃいますけど、
帰りのはまなすは座席車乗るつもりだったので・・・
これが恐らく人生最後の開放B寝台だったんですね。

チケットの方はAくんに任せっきりだったんですが
僕が前に寝落ちして「青函トンネル撮れなかった…(´・ω・`)」
とかやってたのを覚えてくれてたのか
見事、写真を撮りやすいこの1号車を取ってくれたんですね。 


ただ実はこの1号車に使われてる、
スハネフ14 550番台という車両。
寝台車の癖に床下にエンジンを詰んでる代物でして…
一部では「キハネフ」とも揶揄される迷車なんです。
というか24系にエンジン付けて14系って言ってる感じです
14系って何だよ・・・(哲学)


一応エンジン直上って悲劇は避けたものの、
座席は「割とエンジンに近いとこの、おまけに下段」だったので
横になる度、床下のダイナミックサウンドが耳に轟いてきて
「Oh……」って感じでした。


まぁ去年乗ったのも、このスハネフ14だったりするんですが
あの時はエンジンから遠かったてのと
死ぬほど疲れて青森まで爆睡してたので平和だったんですよね・・・

A君も「寝台取る時 何故か1号車だけ空いてたんだよね」とか言ってたので
つまり そういうことなんじゃないかなぁっと




まぁ折角なので←?
録音してきてたりするので
「俺はエンジン音を聞きたいんだぜ」って方はどうぞ・・・



んで
そんなダイナミックサウンドに震えつつ
いそいそと寝台を展開、






一通り準備を終えた後は、

今度こそ青函トンネルを撮るべく
B寝台お馴染みの通路椅子で黄昏たり
篭ってしまったAくんを煽ってたりして
時間を潰してたんですが

ちょっと自由席の混み具合が気になったので
飲み物を買うのを兼ね、
車内を散策する事にしました。





続く








↑よろしければクリックお願いしますm(_ _)m
コメント   この記事についてブログを書く
« 急行はまなすにサヨナラを ... | トップ | 急行はまなすにサヨナラを ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

JR」カテゴリの最新記事