鉄ヲタですけど何か?

更新復活します(`・ω・´)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伝説の北陸旅行  後編

2013-12-09 00:31:20 | 鉄道旅行(北陸地方)


*動画が嫌がらせみたいにあるのでめちゃくちゃページが重くなってます ごめんなさい…
 あと、一応動画はすべてHD画質対応なので 
 動画再生中に歯車アイコンを押して1080pや720pを選択して頂くとより高画質に見れますー
 肝心の動画がアレな感じですけど…





前回のつづきですー


糸魚川から
富山まで乗ったのはこれ






475系でした。
こんなデカ目の車両が今も普通に現役で走ってるのって結構すごいことですよね…
あの広島でも8年前にシールドライトに変えてるのに…





この辺りの北陸本線はひたすら日本海沿いを突き進むのでなかなか車窓は悪くないです
何か自分の持ってる北陸のイメージまんまなんですよねぇ…




で、
上の動画の右の方に入ってきてるの見えてますが
次の電車として入線してきたのはこれ




国鉄色の475系 A19編成でした。

やったー



この当時はA13編成といってもう一編成、国鉄色の475系が在籍していたんですが
そっちは下に帯がない後期を模したタイプだったので、個人的にはこっちに乗れて良かったですー


ということでこれに乗って一路、目的地である金沢駅を目指しました。



乗る事1時間くらいですかね?
もうすっかり夜も更けた頃、ようやく金沢駅に着きました。



富山にも上野まで乗る予定の能登は停まるので、そっから乗って帰ってもよかったんですが、
金沢駅でどうしても見たい物があったので…。

それがこれ


まずサンダーバードの隣に北陸が入線し…




サンダーバードが発車したホームに能登が入線してきます。




もうみなさんお分かりだとは思いますが、
ここ金沢駅では 寝台特急北陸と急行能登が並んで停車をするのです。

いやーほんとに行ってよかったですね
金沢での並びなんて雑誌で見るだけの存在だったので割りと感動しました。
こんな機関車牽引の寝台列車とボンネット型の急行が並んで停車するという光景が
3年前までは毎日行われていたというんですから驚きです


この後は金沢駅で買った弁当片手に、能登に乗り込み上野に戻りました。


そういやこの能登のロビーカーから夜景を眺めつつ食べる弁当はなかなかいい感じでした。
北斗星のロビーカーとかはまなすのフリースペースとかこういう黄昏れられる所って個人的にツボなんですよねぇ

あ、こんな感じで終始ロビーカーでくつろいでたんですが、
翌朝になってもあまり人が来なかったので車内放送も録音してみました。 


チャイムは基本の能登オリジナルの鉄道唱歌かなとか思ってたんですが、まさかの東京音頭が流れてびっくりです。
引退間際は色んな放送チャイムを流していたと聞くので、もしかしたら車掌さんなりのサービスなのかもしれませんね。





能登でゆったりと上野についた後はそのまま帰宅しました。


としてもよかったんですが、
切符がもったいないのでついでにA君たちと待ち合わせてぶらぶらすることに



※この時A君からカメラを借りたのでこっからは写真になります。


A君達とは上野駅で待ち合わせしました。

これは乗ってきた能登





んでこっちが昨日の夜見た北陸です






北陸と能登はこんな感じで上野駅でも一応おなじ時間帯に到着はするのですが、ホームが離れちゃってて金沢駅みたいに上手く並ばないんですよねぇ…

んでこの後は
帰りがけに東京駅で東海道新幹線から引退間近の500系を見に行きました。
旅行に行ったのは21日ですからちょうど引退の一週間前ですね。





ものすごい人気です



700系との並び



空気抵抗を突き詰めた結果として生まれた流線型の前面形状が戦闘機みたいなデザインでシンプルにかっこいいです。
良くも悪くも日本らしくない車両ですよねぇ 
飛行機とか好きな人は500系のデザインって割とツボだったり?



のぞみ運用に入ってた証ということで LEDも撮りました。




この後は結構疲れたのでそのまま帰宅、
これで、長い北陸旅行は終わりとなりました。



今振り返ってみると、結局この旅行の後


しなの鉄道169系   →2013年4月29日引退
JR西日本キハ52  →2010年3月12日引退
寝台特急北陸   →2010年3月13日引退
急行 能登    →2010年3月13日引退
500系のぞみ   →2010年3月12日引退



といった感じで怒涛の引退ラッシュになってしまったので、どれも乗ったり撮ることが出来てほんとによかったなぁって感じです。
実は僕が一人で行ったこの日のちょうど一週間後
A君たちと再び同じルートで北陸旅行へと出かけるのですがそれはまた別のお話…
↑ほんとは書きたいんですがデータが消えました。

因みにA君と達と行ったときは、もうすでに引退してしまったキハ58や419とかも見れて、更に内容てんこ盛りの旅行でした。



思えば、






翌年の2011年に行った青森旅行では



有名な十和田事件




今年行った北海道旅行では

悲しい智恵文事件


まだ記事に興してはいませんが
こないだの広島旅行でもA君が激おこになったり、
O君がアリパンデミックを引き起こしたり
と毎回悲しい事件が起きているので




この旅行が本当に一番成功していた気がします。



果たして今後この旅行を超える旅行は現れるんでしょうか?
実は来年再び北海道に行く予定なんですよね

来年に期待です…








↑よろしければクリックお願いしますm(_ _)m
コメント

伝説の北陸旅行  前編

2013-12-07 14:24:07 | 鉄道旅行(北陸地方)

※ビデオカメラしか使えなかったので全部へたくそ動画です…



はい
今週の月曜日にですね近所でビックなネタがあったので
記事にしてドーンと載せようとわくわくしてたんですが、
いろいろやらかして無かったことリストに入りました。 Aくんゆるさん

なんか更新間隔あけるのもアレなので、 
珍しく大成功を収めた3年前の北陸旅行の事を紹介しようと思います。  べっ、別にA君への当てつけとかそういうんじゃないんですよー


この北陸旅行のルートはこんな感じで↓

東京

 長野新幹線

松本

 大糸線

糸魚川

 北陸本線

富山

 東北本線・高崎線・上越線・信越本線・北陸本線 (急行 能登)

上野

長野新幹線で関東から一気に松本までワープ、そこからは大糸線全線完乗で糸魚川
そこからは北陸本線に乗り換え、ひたすら富山まで移動
そして富山からは急行 能登を使って一気に関東に戻るという割とむちゃくちゃなルートでした。




ということで
まずは東京ー松本
写真も動画もありませんが、

とりあえずE2に乗って、ひたすら松本駅まで移動しました。
正規で乗ると結構な値段するんですが、この当時は最強きっぷ 土日きっぷがあったので…


松本では大糸線まで時間があったのでしなの鉄道の169系を待ってみることに





動画はお察しですけど 165系列ってこの時初めて見たので結構感動しました。
思えば動いている169を見たのはこれが最初で最後という結果に…




んでここ松本からは 大糸線のE127系に乗って、JR東日本サイドの終点、 南小谷駅を目指しました。
南小谷から乗るJR西日本サイドの車両はもちろんこれ




大好きなキハ52です。
この時は紺と黄色のベーシックな国鉄色のキハ52 115が運行されていました。

実はこのキハ52 115、貴重なプレスドアの初期ロットです。
塗装も相まってか晩年の大糸線で活躍していた3両のキハ52の中では一番人気の車両だったのではないでしょうか。



因みに運転台はこんな感じ。
ちょくちょく雪崩で線路が流されたり、落ち葉でスリップして登れなくなったりと、
気象条件が厳しい大糸線ではここでの運転手さんの操作が頼りです。





それにしても 雪の中を走るキハ52は最高ですね。
エンジンを唸らせながら、雪景色を駆けるキハ52はかっこいいの一言です。

もっと時間があれば撮影地とかで撮ってみたかったんですけどね…
流石に一日で富山までつかなきゃいけないハードスケジュールでは無理でした。






こんな感じで大糸線を堪能し、糸魚川駅に着いた後は、
一路 北陸本線で富山を目指しました。


すると…






つづきます







↑よろしければクリックお願いしますm(_ _)m


コメント (2)