湯河原・福浦港/竹蔵丸の「めざせ!天然生活」

相模湾西部をホームグランドとする竹蔵丸の幅広い釣りと、魚料理の上達をめざす、ドタバタをゆる~く紹介するブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初めて釣れた魚 2種

2013-12-24 | めずらしい魚
この魚の名前は何?



月曜日の昨日、アマダイ五目の4名の釣り客で出たが、お客さんが私も初めて見る魚を、2種釣り上げた。

上はどこかでみたことがあるように思えるが、調べたらヨコスジフエダイのようだった。
フエダイ科は熱帯系の魚だが、このヨコスジは温帯に生息し、南日本、九州あたりにいて、沖縄では見られないとのこと。

50センチぐらいの大型に成長し、かなり美味だとか。

問題は下の魚。よく分からん。
なので、部位をもっとたくさん撮るべきだったがあとのまつり。これ一カットしかない。

拡大してよく見ると、歯があり、背びれが繋がっているところがハタの仲間のようにも見える。でも、図鑑で発見できなかった。
ちょっと似ているのが表面に斑点のあるヤイトハタ。これの幼魚かな~って思ったが、ネットに出てくるのはみな縦縞が入っている。

どなたか知っている人がいたらおせーてくだされ。



上の写真はその前日、日曜日のもの。
このときは私もサオを出し、この大物を釣り上げた。新聞紙面と比較してもらえば分かると思うが、巨大なイトヨリ。1160gあった(大きさからもっと重く見えたが、頭と尻がすぼまっているからか)。

水深38mと浅い場所で、あまりに強く引くので何者か分からず、ラインを出してやりとりしたほど。
体の側面に傷が付いているのは、突っ込んだときに2,5号ハリスに擦れてできたものだろう。

小サバはネコのエサに確保。小さいの2匹はマダイでなくハナダイ(チダイ)。

ここのところ長さの短いアマダイ専用仕掛け使っているから、アマダイは釣れるがイトヨリが少なく、マダイは2回連続でナシ。

ただ、昨日はアジ4匹、大サバ2本、カレイなどが交じったし、一昨日の私の長いハリスにはイトヨリが10匹以上釣れた。
まあ、お土産にはなっている。
釣りが初めての方でも、何かしら釣れるから、来てね! 何も道具がなくてもok。

しかし、振り返ってみるとボートのときはコマセ釣りをほとんどしなかったのに、今はこればかり。
アマダイ釣りもボートのときは仕掛けを短くと書いていたのに、今は長くて、まったく矛盾している(ハハ)。
でも、五目釣りは一人1キロも使わないぐらいでやっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« アマダイがトップ13、14匹! | トップ | 不明魚 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山ちゃん)
2013-12-24 14:26:21
昨日は4人とも満足の行く釣果で有難うございました。マダイかと思った大物は奴(サメ)でがっかりでした。竹さん程のベテランでも素性の知れない魚は私が釣りましたが、今晩あたり煮魚にして食べようかと思っていたのでまだ冷蔵庫にありました。幾つか写真を送ります。
Unknown (山ちゃん)
2013-12-26 08:41:26
珍種で食べるのはもったいないが、昨夜煮つけにして食べました。淡白な白身で、タラかハタの様な触感でしたが、味は今一。
ところで、同日に釣った太ったサバですが、すぐしめ鯖にして食べましたが旨かったです。スパーの魚売り場のおじさんにしめ方を聞いているとアニキサス回虫がいるので、しめ鯖は勧めないと言われました。釣ったばかり、しかも船上で頭と腹を落とし帰宅してすぐ閉めれば問題ないと思っています。当たった人いますか。
Unknown (take)
2013-12-28 15:05:13
山ちゃん、ありがとうございました。

味はイマイチでしたか。名前は正月開けにでも専門家に聞いてみます。

アニサキス、通常は魚の内壁あたりにいて、身の中ではないと思います。
なので、みなさん、釣り上げるとすぐシメて内蔵を取り出しますね。
そこまでやってやられることはないと思いますが、100%かどうか分かりません。

めずらしい魚」カテゴリの最新記事