湯河原・福浦港/竹蔵丸の「めざせ!天然生活」

相模湾西部をホームグランドとする竹蔵丸の幅広い釣りと、魚料理の上達をめざす、ドタバタをゆる~く紹介するブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

調理道具

2014-07-24 | 調理道具
コンロが新しくなって、内炎式バーナーに







長年の酷使で、ボロボロになったガスコンロを引退させ、新しいのを先日買った。

最近私は魚料理よりもチャーハン作りにはまっていて、ネットでチャーハン作りの記事を何十本も読み、火力の弱いコンロでなんとかパラパラチャーハンができるようになったところ。でも理想のコンロはやはり高カロリーのもの。

中華鍋を振って空に飛ばすプロの技は火力の弱いコンロでは無理なのです。これで中華鍋を火から離すと、飯が冷めちゃって、団子になるんですね。

一般家庭のコンロは3000kカロリー前後だけど、中華屋さんなどで使うのは15000~30000kカロリーあたりで、調べていたら40000kを超えるようなものまであった。
こんな大きなものは家庭では使えないし、そもそも強力な換気扇や耐熱対策など、本格的に工事をする必要があるそうだ。

で、いろいろ探してたら家庭でも使える中間的な6750kカロリーの内炎式バーナーという業務用ものを見つけた。サイズも家庭用より小さいぐらいだし、内炎式を使ったことがなかったが、ネットの評判から大丈夫だろうと決めた。

内炎式というのは、炎が内向きに立ち上がり、熱効率がたいへんいい方式。ちなみに一般的なのは外炎式と呼び、外側に炎が広がっている普通のやつ。でもこれでは魚が一匹丸ままだとうまく焼けそうにないから、魚焼器を別に買う必要がでてきそうだ。

でで、22日にコンロが届いて昨日23日に一回目のチャーハンを勇んで作ったのだけど、パラパラにはなったものの、飯粒が硬くて旨くなかった。何でだろうと考えたら、どうも長く炒めすぎたのだろうと思えてきた。少しこげてたのでしょうね。
火力は予想通りのもので、中華鍋の取手が素手では持てないぐらい熱くなってました。

追伸:さきほど2回目のチャーハンを作ったら、まだ少し硬めたっだけど、すいぶん美味しく出来上がりました。最後にみりんを入れたのがよかったかも。パラパラ度は70パーセントぐらいかな。


★釣果

土日月とイサキや五目釣りに出たのですが、特にめぼしい成果は上げられませんでした。まあオミヤゲにはなったから、魚料理を楽しんでいただけたかな? とは思ってます。写真はナシでした。