ゴルフ熱中症  もがくアマチュア

新旧ゴルフ理論を満載、その理論に基づいて練習、ラウンドした結果を紹介します。また、政治経済もモノ申します。

2018.5.20(日)  練習報告・・・赤道直下インパクトと地面反力がポイント

2018-05-20 20:10:31 | 日記

 練習テーマは、「ダふらない」ことです。

そういうことで、赤道直下インパクトするように練習開始しました。

 

ただ、それだけでは、インパクトが弱いと感じました。腱鞘炎の持病がある自分にとって腕力を使ったスイングはできない。

 

そこで地面反力を思い出し、左膝、左足首を曲げて沈み込んだトップを作って切返し以降、左足を踏み込んで左足を伸ばしてヘッドスピードを上げることをやってみたら案外うまく行きました。

 

ダふらないようにするにはどうしたらいいかについては、右脇をアドレス時、トップ時、インパクト時と上下運動させないように気をつけたらダふり防止になりました。

 

それから、左股関節をボールの位置に残す感じでバックスイングしたらいい感じでした。

 

地面反力を利用した女子プロの若手スイングを例にスイング分析してみました。

 

 

観察して気づいた点は、

トップの位置で、アドレス時に比べて、頭は下がり、左股関節も下がっている。左の膝、足首も曲がって、身体全体が沈み込んだ状態になっている。

 

切返し以降は、左足を伸ばして地面を強く踏み込んでいる。

 

 

 

 

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 小祝さくらが初優勝に王手!... | トップ | 北朝鮮制裁逃れに「深刻な懸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事