第1回説明会

2020-02-11 19:34:08 | 予備試験関連

今日は渋谷で最初の説明会でした。銀座線で渋谷まで出て、新渋谷駅ホームを初体験。大分雰囲気変わりましたねー。最後尾で降りてヒカリエ方面に行くのには凄く便利でした。

今日は、①講義の拘り部分、②テキスト製作方針、③短文事例問題の説明などをしました。年始から突貫工事で販売準備をしてきましたが、事実上、「本日が販売日」みたいな感じになりました。

説明会の動画は、前後半2本に分けて近日アップ予定です!是非ご覧くださいませ。

次回説明会(18日19時半開始~@渋谷)では、短文事例問題のデモンストレーションもやってみようかなと思っています。

Comments (10)   この記事についてブログを書く
« 試験制度改革の影響?! | TOP | 説明会レジュメ »
最新の画像もっと見る

10 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うし)
2020-02-11 21:03:24
現在独学で勉強しているのですが、論文対策で使う教材について困っています。
法科大学院時代は、法学書院の「演習ノート」シリーズを使っていましたが、改訂がされていないので使いづらくなってしまいました。
何かおすすめの教材はありますでしょうか。
Unknown (yoshino)
2020-02-12 00:33:25
うしさん、こんばんは。 現状、うしさんの勉強レベルはどのあたりなりますかね。 「論文対策」と言ってもかなり漠然としているので、具体的にはどのような対策(何を習得したいのかなど)になりますか。
Unknown (うし)
2020-02-12 07:45:20
ご回答ありがとうございます。
現在インプットの途中で、インプットをした部分から1行問題や簡単な事案の問題を中心に勉強しています。
Unknown (うし)
2020-02-12 10:33:22
付言いたします。
私は2007年から2013年まで法科大学院に在籍していました。
2007年の1年目は留年し、2年目の2008年に「これではいかん」と思って1日10時間勉強を敢行するも1年で力尽き、2009年からはもはや目標も失い修業年限である2013年3月まで在籍していた、という大変お金と時間を無駄にした人生を送ってきました。
その後2013年4月から2018年11月までは法律とは無縁の仕事をしながら奨学金を返済してきました。当然その間は勉強は一切していませんでした。
2018年11月での退職の理由はうつ病です。今現在も治療中です。
去年の6月のビジネス実務法務検定3級取得を契機に少しずつ法律の勉強を再開し始めて、今は基本書を少しずつ読みながら読んだ個所の論文問題を眺めている、という状況です。
Unknown (うし)
2020-02-12 10:43:18
付言②
何個にも分けてしまい申し訳ありません。
私の今の目標は「東北大学法科大学院既修者コース」への入学です。できれば今年、もし合格しても奨学金給付が出ない順位であれば来年受け直そうと考えています。
けして予備試験を目指しているわけではありません。
Unknown (yoshino)
2020-02-13 21:24:06
うしさん。大変丁寧なレス、恐縮です。ブランクがあることも踏まえ、基本からやり直すのは賢明だと思います。

東北大学のロースクールが第一希望とのことですが、それならば、予備校のだしている論文問題集を使うのが一番良いですよ。Lecや伊藤塾、セミナーのものであれば後は好みの問題です。

私も1年のブランクでしたが、慶應ロー入学の準備は予備校の論文対策問題集をとにかく集中してこなしました。答案構成を15分程度でして、答案を読んで確認、をひたすら繰り返しました。

まずは基本的な構成、処理手順、論点の確認が網羅的に確認できるのでベストだと思います。
Unknown (うし)
2020-02-13 23:31:23
吉野先生

ご回答ありがとうございます。
現在もうつ病の治療中で1日に1時間程度しか勉強に集中できない状態です(3か月前は5分でした)。
そのことも踏まえ、今年の8月までに1日10時間程度の勉強ができる身体作りから始めたいと思います。
そうすると来年の8月の試験を受けることになるとは思うのですが、365×10とすれば、休日を含めても3000時間程度の学習期間は確保できると思いますので、7年間のブランクもなんとか埋まるのではないかと思っています。
Unknown (うし)
2020-02-13 23:37:29
【追加】
私は、学部時代も合わせると10年間法律を勉強する時間があったにも関わらず、法務博士を取得することも司法試験に挑戦することさえもできず、腰砕けのように法科大学院から去ってしまったことに、物凄いコンプレックスといいますか、心残りがあります。
そのあとも派遣社員として、会社の都合よく使われた結果、うつ病を発症してしまったことに対しても忸怩たる思いがあります。
なので、どうしても何か成功させたい。心残りがあるまま法律の世界から離れたくないと思い、今般の受験を思い立ちました。
うつ病がすぐに回復するとは思ってはいません。今年8月までに、勉強できるほどの体制になれているかの保証なども全くありません。
しかし、何かを目標にして、それに向けて頑張らなければ、生きている意味が無いのではないかと思います。
Unknown (yoshino)
2020-02-14 21:00:58
うしさん。焦らずにゆっくり調整していきましょう。徐々に回復力をつけていきましょう。無理だけは禁じ手ですよ。 時間は前に流れていきます。既に過ぎたことに思いを巡らすよりも、これから始まる時間を有意義なものにするために生きて行きましょう!何事も遅すぎるということはありませんから。
Unknown (うし)
2020-02-14 22:08:51
吉野先生

重ね重ねありがとうございます。
こと法律の学習に関しては、周囲に相談できる人もおらず途方にくれていました。その上病気の治療中ということもあり不安で不安でしょうがありませんでした。
お言葉をいただき、一つ一つ噛みしめて糧にしていきたいと思います。

post a comment

Recent Entries | 予備試験関連