オンライン説明会

2020-03-24 10:45:04 | 予備試験関連

26日の説明会@上野なのですが、今回は初の「オンライン説明会方式」に変更することにしました。オフラインでの説明会は続けていきたいのですが、この情勢なのでやはり外出を躊躇う方も多いと言う現状があるため、思い切って変えることにしました。急な変更で申し訳ありませんがご理解頂けると幸いです。

今回は初の試みなのでドキドキしますが、ライブで私がいつも通りの講演をします。スタッフによる個別対応は、その場でのやり取りか、後日の相談スケジュールを決めて頂き、その時に実施、というオンライン説明会特有のやり方で行くつもりです。これで個別対応が可能となります。詳細はBEXAのホームページでご確認いただければと思います。

あと、今後はライブイベント的なものもオンラインでやりたいなと思っています。「家でも見れることの強み」を生かしていこうと再認識しました。

Comments (5)   この記事についてブログを書く
« 王道講座説明会予定 | TOP | オンライン説明会など »
最新の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (地方社会人)
2020-03-27 14:30:36
昨日のオンライン説明会拝見させていただきました。
地方の者にとって貴重な機会をありがとうございました。

一つ質問させてください。

ちょうど昨日の新聞によると
『富山や埼玉などの12道県の弁護士会が、司法試験の合格者減を求める声明を発表した。人口減少の中で弁護士が供給過剰となっており、政府に司法試験の合格者数を減らすよう求めた。声明によると「供給過剰状態を解消し、法曹の質を保持することは司法制度存立の基礎を維持するために必要不可欠」とのこと』との記事がありました。
(声明は毎年発表されているようですが)

先生の動画などを拝見し、弁護士及び予備試験に興味があるのですが、上記記事に困惑しております。
家族を持つ社会人として、仮に弁護士となれたとしても生活が苦しくなってしまうとすれば家族の理解も困難です。

大変下品な質問で恐縮なのですが、
①吉野先生から見て弁護士は供給過剰だと感じるか
②地方の弁護士の所得水準や年収は低いのか
お考えをお聞かせ願えませんでしょうか。

よろしくお願いします。

(逆説的かもしれませんが、プラスに考えるとすれば、実際の弁護士で構成される弁護士会が、わざわざ上記声明を発表するということは、やはり従前よりは難易度は若干低下しているとも考えられるのかもしれませんが…)
Unknown (Unknown)
2020-03-27 19:12:17
なにを期待してそんな長文打つんや
それもええ大人が
アホかな?
Unknown (Unknown)
2020-03-27 19:30:11
弁護士はどこまでいっても自営業ですよ
安定に固執するならやらない方がいいんじゃないでしょうか
ましてあなたが、新卒の社会人なのか大現場を預かるゼネコンの所長なのかも分からなければ誰も答えられませんよ収入の話しなんぞ
大体、家族がいるのなら家族を食わせていくことが仕事じゃないんですか
家族を持ったのに人生をかけるような努力をするなんて、矛と盾の話しと同じですよ
家族を食わせて子供を育て上げて、定年してから考えては?そういう年齢で合格する人も毎年いますよ
Unknown (yoshino)
2020-03-28 01:02:03
オンライン説明会への参加、ありがとうございました。まず、毎年弁護士会が発表する合格者削減云々の提言は無視していいです。あんなもんに動揺しないでくださいね。

収入に関しては詳しくは分かりませんが、私の知る限り、お金に困っている感じの人はいないですね。むしろ羽振りがいいなと言う感じがしています。もちろん、最後は個人の力量次第ですので一概にこうこうとは言い切れないです。ただ、試験に合格してその資格をどう使うか、その可能性は非常に大きいので、自分がどういう活躍をしたいのか意識はしておくべきです。また、多くの人を見て、成功する場合の共通点は、人脈を広げることに熱心な人であること、というのは確実に言えます。

現状、合格レベルの水準が年々下がりつつあるのは事実だと思います。上位答案等を見ていて、今こそ合格する最大のチャンスだなと言う印象を強く持っています。本当にチャンスは大きいですね。やるなら今ですよ。
Unknown (地方社会人)
2020-03-28 07:39:49
ご回答ありがとうございました。

post a comment

Recent Entries | 予備試験関連