『健康100話』ボディリフォームストレッチ公式ブログ

健康情報は「治病法」や「美容法」ばかりではいけません
これからは、今の元気を維持する方法が主流になるべきです‼

健康100話(795):準備医学/老いるには準備が必要!

2019年10月08日 08時44分46秒 | 健康・病気
仕事柄、多くの高齢者と触れ合います。
すると、私の個人的な意見ですが3つの種類の高齢化があるように感じます。

・社会の一員として毎日過ごされる
・趣味や興味のあるものを楽しむ
・無計画に生きる

これからは超高齢化社会が更に加速するので、できればいくつになっても社会の一員であるという意識を持って頂きたいのです。

「食べることだけが楽しみや~!」。
これは冗談でも言わないようにして頂きたいのですが、実は本当にそうだと思うような高齢者は多いのが現実。
生存していれば良いのではなく、どんな小さな事でも社会に参加して頂ければと思うのです。

それというのも、近所のショッピングモールにあるゲームコーナーは、朝から高齢者が並んでいます。
この光景を見た時、「準備医学/老いるには準備が必要」という考えが思いつきました。(最近、そっくりなタイトルの本を見つけました。すぐにパクられます。)

老いる準備とは、
①自分の健康状態を良い状態をキープするノウハウ
②老いた時の楽しみの為に、趣味の幅を広げておく

主にこの2つの準備が必要ですが、意外と多くの方が準備不足で高齢者になられます。
すると口癖のように「あっち痛い、こっち痛い」、「年寄の気持ちを理解していない!」と言い家族を困らせます。

身体が「老い」による悲鳴をあげ(筋肉量の低下、血管年齢の低下、酸素不足etc)痛みを訴え、楽しみが少ないので不平不満が多い。
このような高齢者が今、凄く増えています。
今までは何とか社会が支えてきましたが、これからはそのような高齢者を支えることが難しい世の中になってくるので、これから高齢者に向かう世代は準備が必要になるのです。

40歳を過ぎると誰もが肉体年齢を感じ始めます。
その時は、これまでの日常生活に「変化」をつける時を意味します。

できるだけ早く、変化を加えられたら良いのですが、ずるずると時間を経過させてしまうと3番目の高齢者の仲間入りになるリスクが高まります。

私も自分の健康をキープするノウハウを学んでいます。
40代と50代では、身体があきらかに違っているので蓄積されたノウハウだけでは対応できません。
様々な失敗を繰り返しながら、健康キープの「技」を磨いています。

これからは、自分の健康は自分で作り上げる時代。
人や物に依存しきらないように生きる準備をしましょう!。

追記:樹木は朽ち果ててからも、後の世代に自分が生かされるように存在します。
人間も見習わないといけませんね!。




コメント   この記事についてブログを書く
« 健康100話(794):振り分け... | トップ | 健康100話(796):日本人の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事