No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

なまこ壁の通りで感じた哀しみ

2018-10-19 | 街:静岡












およそ数十年前、僕が子供だった頃、松崎の町を歩いたり、写真を撮ったりする人はほぼ皆無だったと思う。あろうことか、今では松崎のことを「伊豆の小京都」と言ったりするとかしないとか。大体の観光客は、こういう「なまこ」らしいところを求めて歩くのだが、普通の街並みと共存して、浮ついたところがない点は良いと思う。時間的には日が暮れ始める頃で、その寂しい感じは数十年前と変わらない。嗚呼、松崎の町で写真を撮ることは、もう二度とないのかもしれない。そう思うと、余計に寂しくなった。


X-PRO2 / XF23mm F1.4R
コメント

床屋を巡る思い出

2018-10-18 | 街:秋田
子供の頃、僕は床屋さんに行くことが怖かった。出来ることなら、床屋になんか行かずに生きていきたい。常にそう思っていた。親から床屋に行けと言われても、胡麻化して逃げ回っていた。だから子供の頃、僕の髪はいつも長かった。何故床屋が怖いかといえば、あの髭剃りの剃刀だ。こちらは椅子に座らされ、前掛けで身動きできない。そこに薬品の匂いを連想させる泡を頬に塗りたくられる。床屋のオヤジは必ず、一度剃刀を立てて蛍光灯の方に向ける。まるで切れ味を確認するかのようだった。蛍光灯の光に剃刀は鈍く光っていた。
その剃刀が頬や首筋に当てられた時、「このオヤジの気持ちがちょっとでも変わって、その気にさえなれば僕は首を切られて死んでしまう」そう思うと「金〇(失礼!)」が縮みあがるほど怖かった。白い髭剃りの泡が深紅に染まり、僕の首筋から血が噴き出す。恐ろしい光景を想像し怯えていた。


そんな僕の床屋嫌いは中学生になると嘘のように治った。大人になったからではない。単に床屋を変えたからだ。中学になってから行くようになった床屋のオジサンとは何故か馬が合い、僕はむしろ床屋に行くことが好きになったほどだった。もしかすると、最初の床屋のオヤジは何らかの理由で、僕のことを嫌っていたのかもしれない。あるいは怯えている姿を内心楽しんでいたのかもしれない。今ではそう思っている。最初の床屋さんは、僕のことを無口な少年だと言ったらしいが、次の床屋さんは「ひょうきんな少年」と言った。今ではそれは遥か昔の話で、当時のオヤジさん達が生きているのかどうかも分らない。でも僕の思い出の中には生きている。


なお、写真と本文は関係ありません。伊豆に行って、古い床屋さんを見つけたら、当時のことを鮮明に思い出したので・・・。




LEICA M MONOCHROME(CCD) / SUMMICRON M35mm ASPH
コメント (2)

橋の欄干に描かれた鏝絵の桜

2018-10-18 | 街:静岡




これは橋の欄干なのだが、町にこういうものがあるなんて羨ましいなと思う。静岡県松崎町。ここ数日、他にも写真を掲載しているので、是非見て下さい。


『8のつく日はwebにお花を』

X-PRO2 / XF23mm F1.4R
コメント (2)

変らぬ町並みが町を変えた~松崎の町並み

2018-10-17 | 街:静岡






















西伊豆の町々に行くと、確かに以前と比べて観光振興がされているんだなと痛感する。この松崎という町は、もともと西伊豆のなかでは大きな町だった。それは観光面ではなく、生活の町としての活動規模が大きかったのである。伊豆は観光資源によって町の格付けが決まる場所なのに、松崎は観光面では特徴のない凡庸な町だった。

ところが、その凡庸さが功を奏した。伊豆の他の町と比べ、外部資本の流入が遅れ、独特の町並みは維持された。江戸末期から明治にかけて活躍した左官職人の入江長八が再評価され、彼が手掛けて「こて絵」や「なまこ壁」が大観光資源となった。子供の頃に松崎でなまこ壁を見たときは、古臭い町だなと思ったのだが、今はわざわざ観光客が押し掛ける。だが松崎の魅力は、前述した伊豆の港町の標準的(かつ凡庸)な町並みがそのまま残っていることだと思う。海風厳しい地域なのに、僕が子供の頃からあったであろう建物が数多く残っていることが嬉しい。


X-PRO2 / XF23mm F1.4R

コメント (3)

なまこ壁の町(予告)

2018-10-16 | 街:静岡
なんだかかんだ言って片道700キロ以上。僕の秋田の自宅と実家の静岡西伊豆の距離である。法事があって、一泊二日の超強行軍で往復してきた。車を運転してである。殆ど余暇にあてる時間はなく、松崎で少々写真を撮っただけでの行程だった。三島、下田、熱海、更には山梨側の富士吉田など行きたい場所は目の前で、断腸の思いだった。まずは予告編で、松崎町のなまこ壁通りである。



LEICA M MONOCHROME(CCD) / SUMMICRON M35mm ASPH
コメント