No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

いつかどこかで見た猫

2018-11-09 | 
ん?
ん?
何か君は以前にも見たことがある。あっ、そうだ。写真に撮ったこともある。前回、僕のことを面倒そうにパスした猫ぢゃないか。

○2017年に見かけた際の写真(2枚目)


『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 開運橋辺りを歩けば | トップ | 食べる男 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (明智)
2018-11-09 10:05:10
これ、さらっと撮ってられますが、
低いアングルといい、地面を多く入れた構図といい、
なかなかネコの気持ちに寄り添った作品だなと思いました。
ネコも6x6さんを気にすることなく横切ってますよね。
完全に仲間だと思ってそうです。
明智さん (6x6)
2018-11-09 21:19:54
明智さん、こんばんは。
写真自体は全く大したものではないのですが、猫との距離感を詰めることができたのが、最大の成功だと自賛しております。
いや、ここ1〜2年、急に猫との距離感が近づいたような気がします。でも、その結果の写真自体は全く神進歩していませんが・・・。
Unknown (ariari)
2018-11-10 01:12:04
もうずいぶん経ちますが、おそらくはこの子らの子孫だと思います。
あるいは、あの時の仔猫…どうかな、まだ生きているかな。ノラだと厳しいかもしれませんが、命を継いでいるような気がします。
手足の長さ、たぶんそうかな。
https://ariaribox.exblog.jp/14081813/
師匠 (6x6)
2018-11-10 07:01:42
多分、この子猫で間違いないと思います。8歳から9歳と考えると辻褄も合います。
次の年に産まれた兄弟(姉妹)という可能性もありますが、同じ顔、同じ場所です。
しかし、授乳中によく近づいても逃げませんでしたね。師匠の猫たらしぶりも凄まじいものがあります(褒め言葉です。すいません)。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事