むらやわたる55さい

千文字小説の未来について

約1000文字小説の未来について(地球板RT17V㉕)

2022-06-25 18:34:39 | 日記
※「雇用調達金一般死亡分返済、利子支払い→残金を調停で目減りさせてから各種返済代行や寄付、そして自社借り入れの逆留保金返済、利子支払い」の借り入れの利子支払いが抜けていたので訂正して再投稿。委任状書式は通常過去私文書で存在せず。(完全版は本文に他「関係権利団体、個人への返済代行又は寄付」を2回入れる必要あり)。

 某大手商社・・案件。・・木曜。・・大手商社Aに移籍した仕事人が某大手商社の顧問として・・・・子会社認定がまだな雇用調達金預かり会社の返済処理で少し返済。大病院グループ本部TK口座に予定の4倍くらいな予備軍人雇用があって3名死亡・・・のすえ返済処理完了。・・・借り入れ100兆円以上返済したけど「少し」な理由として外国G機関の返済処理で「TK察手帳(解任されているけど)を提示してドクターに催眠術をかけてもらっただけで向精神薬を飲んでなかった」。・・・これは息をひそめていた数十人の弁護士幽霊が「TK察手帳を提示したら医療費がタダになるわよ」と出現して。・・そして2018年以降に幽霊の履歴書で雇用調達金と幽霊用給料を借りて・・「うちの法律事務所で預かるわ」・・で逸失多数。・・「死んだ弁護士が責任をとるわけじゃないけど」。債権回収会社を複数つくったが・・・・「法律事務所の混存TK口座を向精神薬なしで触って誰か死亡・・・・したから停止したまま」。・・・そういう弁護士や裏方はその金を親に100億円以上送金している。・・・「そこまで逮捕して供述調書を回収して・・・・よけいな場面でTK察になって必要なときは当事者だけど通行人なわけだ」。

 大手商社Z。・・木曜にSP仕事人が後方サポートして普通社員にてFピンの返済処理で残金をつくった。金曜はSP仕事人も出動して4か所で「雇用調達金一般死亡分返済、軍人逆死亡分返済、利子支払い、権利が発生した被雇用者調停で25%に目減り、現地東インド会社などへ既定の返済代行や寄付、自社の借り入れ逆留保金返済、利子支払い。残金に50%権利発生(外国)」。・・「国内Jは『これの残金を・・・こっちの支社のJ@雇用調達金死亡分返済へ・・・・・など」。

 大手商社④。・・水曜に社外取締役死亡ののち代表出動でブラジルの返済処理を完了させて残金をつくった。・・・金曜は普通社員で韓国とフランスの返済処理。・・・・・・・・・・
・・・・・
・・・・「フランスは雇用調達金返済処理後に目減りさせないで『正味返済できる』『・・できるようですけど』と持ちかけてくる。・・フランス東インド会社の負債が膨大で少しでも多く返済してほしい・・・だが某大手商社で正味返済に成功したあと役員が5名ぐらい死亡。それと経営学部卒社員も同数くらい。・・正味返済のときフランス不明団体と債務を連帯する念書を『確か書いた』。・・フランス不明団体はアフリカに民生雇用の返済原資がたくさんあるけど『あのあと失敗した』・・G機関に返済処理を一任して『ひとつおしゃかにした』とのこと」。・・共倒れになるから一度調停して目減りさせよう。・・・返済完了後の残金は「未来型事業の留保金内在借入金」と同じになるので経営学部卒は貴重な資源である。・・・がG機関が与信で逆なことを言う真似をする癖あり。返済作業中は注意が必要である(経営学部卒が返済作業中に逆なことを言うと・・・)。



最新の画像もっと見る

コメントを投稿