gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

次女殺害の元バチカン大使に有罪、妻は懲役刑(読売新聞)

2010-03-04 22:37:25 | 日記
【アテネ=熊田全宏】ギリシャ・アテネ初級裁判所は26日、次女殺害で起訴されていた元バチカン大使の谷田正躬被告(78)とギリシャ人の妻マリア被告(68)に対する判決を言い渡した。

 マリア被告には殺人と死体遺棄、虚偽申告で懲役28年、谷田被告には死体遺棄で懲役1年7月(執行猶予3年)の判決が下った。

 両被告の次女アンフィセアさん(当時35歳)は2008年9月、アテネ郊外エビア島の自宅物置で変死体で発見された。

 当局は、マリア被告がアンフィセアさんと言い争いの末に殺害、谷田被告と2人で遺体を物置に遺棄したとして逮捕、起訴していた。マリア被告は、次女の死を自殺と偽装する工作を行った罪でも起訴されていた。

<名古屋市議会>総合計画議決権条例を可決(毎日新聞)
最大40万人の無年金救済も=後納期間延長で-厚労省(時事通信)
平成22年度予算案が衆院通過(産経新聞)
<路上生活者>34%に知的障害の疑い 東京・池袋で調査(毎日新聞)
PERCS
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 普天間移設問題 「県外」要... | トップ | 男性警視が焼身自殺か=車に... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事