ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

ろくすけカブスのスタメン状況(18.9.28)

2018-09-29 22:31:16 | 投資日記
9月末のろくすけカブスです。



前月とあまり変わっていませんが、MVPを選定するとすれば今月もアバントということになるでしょうね。
買い増ししていないにも関わらず、全体に占める割合は2ポイント上昇しています。

リログループも好調。
少しだけ売りましたが、ずっと1/3前後の割合はキープしており、大黒柱であることには変わりありません。

次にランキングです。



エフティグループが僅かに全体の2%を下回りランク外となりましたが、他は不変です。
新たに買いたい株も無いこともないのですが、「今、どうしても」という程ではありません。
相場が堅調なうちは無理して買わなくても良いかなと思っています。

しばらくは株は程々に、読書の秋という感じですかね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (4)

今月の売買(18年9月)

2018-09-28 23:58:01 | 今月の売買
今月の売買です。


【購入】

2914 日本たばこ産業(追加×2)

… レンジの中で安い時は買っておくという感じで。ポートフォリオの配当総額は落とさずに、キャッシュ比率を高めるような意識でここを利用しています。

4063 信越化学工業(追加×2)

… 本当はもっと買いたいのですが、景気後退を織り込む形でまだまだ安く買えるチャンスはあると思うので、慎重に指値を入れています。

3963 シンクロ・フード(追加)

… ヨコヨコの中で下値を拾っていく方針は継続。


【売却】

1381 アクシーズ(全部売却)

… 自分の中のストーリーが崩れてしまい、保有するのが難しくなりました。

1873 日本ハウスホールディングス(全部売却)

5982 マルゼン(全部売却)

… 購入根拠の薄弱なものを売って、少し現金を厚めに。

8035 東京エレクトロン(全部売却)

… 高配当を理由に持ち続けるには値動きが激しすぎます。早めに降りておいて、結果的には良かったです。

8876 リログループ(一部売却)

… 以前の強いリロが戻ってきたので、他とのバランスを考えて少し売りました。


このところ、琴線に触れる新たな銘柄がなかなか出てきません。
あまり欲をかかず、いざという時のためにキャッシュ比率を少しずつ高めておこうと思います。

長期投資してもいいと思える銘柄には、そう簡単には出会えません。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)

新玉川温泉~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その8

2018-09-27 01:05:18 | 鉄道旅行~東北


本日のお宿は新玉川温泉。

日本一の強酸性のお湯と湯治で有名な玉川温泉の姉妹館です。



リゾートホテルのような造りで、ロビーも清潔で開放感があります。



お部屋です。

一泊二日の観光目的なら、玉川温泉ではなく一人客でも快適に過ごせる新玉川温泉の方が良いかも。
前日から何度も温泉に入り硫黄臭を浴びていたせいか、湯疲れして頭痛がしてきましたので、しばらく部屋で寝ていました(苦笑)



17:30からの早めの夕食です。
メニュー豊富なバイキング形式でした。



稲庭うどんなど、秋田名物も揃っていました。
いぶりがっこにチーズを付けていただくのは、ハマりますね。
大好きです。



〆はしょっつる出汁のお茶漬け。

全般的にクオリティは高く、メニューの日々の入れ替えにも熱心ということで、少し長めの滞在もイケそうです。



「起床庁予想」ですって。
朝食は少しゆっくりめに来た方が良さそうですね。



頭痛も収まってきたので、屋内岩盤浴へ。



たっぷり汗をかきました。
リフレッシュ効果抜群です!



そして木の温もりが感じられ、明るく開放的な大浴場です。
お客さんが視界から消えた一瞬で写真を撮りました。

源泉100%のお風呂は、驚異のpH1.2!
塩酸が主成分なだけに、ピリピリして身体への刺激が半端ないです。
これは効きます!!

箱蒸し(これ気持ちいい)や寝湯、打たせ湯、蒸気湯など、バラエティに富んだお風呂も素晴らしい。

飲泉も良かったです。
レモンをより酸っぱくした感じの味。
希釈化しても、歯の保護のためにうがいが必須という、なかなか他では無い貴重な経験でした。


《2日目:8/19(日)の旅程》

蒸ノ湯温泉→藤七温泉→後生掛自然研究路→新玉川温泉

旅行で全く鉄道に乗車しない、私としては珍しい1日。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)

後生掛自然研究路~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その7

2018-09-25 22:27:26 | 鉄道旅行~東北
旅行記も飛び飛びになってしまい申し訳ありません。

まだ八幡平アスピーテラインで、藤七温泉に立ち寄ったところです。



八幡平山頂レストハウスで早めのお昼です。
「源太カレー」をいただきました。
味は特筆すべきものはなかったですね。



車を走らせ秋田県に入り、後生掛温泉へ。



後生掛温泉旅館です。
食堂があり、ここで昼食をとることもできました。
こっちにすれば良かったかな。

この奥が「後生掛自然研究路」で、ゆっくり歩いても一時間かからないくらいの散策路となっております。



大地の息吹を感じます。



紺屋地獄。



遊歩道の脇には、泥湯を沸かせる噴気孔(マッドポッド)があちこちに。
こう見えて温度は94℃弱あるそうです。



大泥火山。

沼の底から沈殿物が蒸気と共に噴き上がり、堆積したものです。
大正6、7年頃から続いているそうで、規模としては日本一なのだとか。



一番の見所の大湯沼。



奥から見下ろした写真。
マッドポッドがたくさん見え、今も活動を続けていることがよく分かります。
沼自体もどんどん広がっていて、遊歩道が一部通行止めになる程です。

人が少なくて良かったです。風景は地獄なのに、どこか長閑な雰囲気です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

【3836】 アバント 株主総会

2018-09-19 20:46:47 | 銘柄研究


本日はアバントの株主総会に参加しました。



皇居を臨むKKRホテル東京が会場です。
出席者は100名前後でしょうか。

会社説明会には過去2回参加したのですが、森川社長のお話を伺うのは今回が初めてです。
オレンジのネクタイで登場。
話しぶりは立て板に水というタイプではないのですが、スッと一本筋の通った立ち姿と所作が凛々しくてオーラがありました。

やはり経営者から熱のこもったビジョンを伺うと、会社説明会で聞いた内容とは全然印象が違いますね。
それまで断片的であった情報がつながった感覚があり、個人的には大きな収穫がありました。
特に目新しい材料がバンバン出たわけではないので、本日の株価は下がってしまいましたけどね(笑)

いくつか印象的な箇所をメモしておきます。

[継続は善]

お客様に高品質かつ高付加価値のサービスで継続的に貢献することで信用を積み重ねていく。
その結果がストック売上の獲得につながり、ノウハウが蓄積され、自動化へとつながっていく。
この一連の流れが美しく、品質管理における過去の反省もしっかり活かされていることから、日本企業の発展に貢献するという理念の部分も含めて、長期投資に値する企業だと改めて感じた次第です。

新中計ではストック売上比率を33%から70%に向上させるとしています。
DIVAについても、従来のパッケージからクラウドへの転換を図ることで、これを実現させる方向です。
切り替えに伴う一時的な売上減については、アウトソーシング他、事業ポートフォリオでカバーしていくとのこと。
この辺りの戦略の構築も抜かりないなと感じました。

[GPPについて]

経営管理上、Growth and Profit Point(Growth rate + OP ratio) という耳慣れない指標を使っています。
グローバルな競争力を有するソフトウェアビジネスの実現のため、売上高成長率と営業利益率の合計で40%を閾値として設定、これを目指しているとのこと(現在は28.5%)。
ちなみに35%だと、東証上場企業全体の上位5%に入るのだとか。
どうも米国企業において、暗黙知的に認識されている考え方のようです。

極論を言えば、先行投資により営業利益率が0%であっても、足元の売上高成長率が40%あればOK。
将来時点でのEPS向上を目標とする上で、なかなかユニークな概念ですね。
これは株式投資にも活かせるかもしれないと感じました。

[所感]

総会は退屈する場面も無く、森川社長のメッセージを中心に総じてポジティブな印象を持ちました。
グローバル展開という新中計が終わった後のお楽しみもありますから、個人的にはリログループ並みの握力を発揮できそうな予感があります。

課題は、森川社長のビジョンをいかに末端まで浸透させるかですね。
期末の従業員数が約800人、毎年100人前後を採用していくとなると、その共有には大きなリソースを割く必要がありそうです。
頑張っていただきたいですね。





お土産はゴディバのクッキーと、東京国立近代美術館のご招待券でした。
今後さらに企業としての変革が期待できそうなので、その進捗を確認するために、できればまた参加したいです。

この後美術館に向かい、優雅な午後を過ごしました。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (8)

蒸の湯温泉 ふけの湯(3)・藤七温泉 彩雲荘~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その6

2018-09-17 21:10:11 | 鉄道旅行~東北
8/19(日)、旅行2日目。
引き続き「ふけの湯」さんからです。



早朝の混浴野天風呂。

手前に岩風呂。
左側の仕切りの中に樽風呂です。

反対側からはほぼ丸見えで、開放的過ぎますね(笑)





山の宿らしい素朴な朝食ですが、陶板焼きは嬉しいですね。
黒たまごもありました。

ふけの湯さんは一人旅でも過ごしやすい宿で、気に入りました。



本日は温泉デー。

日帰り入浴のため、有名な藤七温泉「彩雲荘」さんへ移動しました。



海抜1,400mの高地にあります。
ロケーションが画になりますね!



それではいざ脱衣所へ。



ここでも金勢様。



まず内風呂です。
ここも源泉掛け流しのようで、乳白色のドロッとしたお湯が楽しめます。



そして扉を開けると、混浴露天風呂群が目に飛び込んできました。
奥には女性専用の露天風呂。
お客様もいらっしゃるので、写真はここが限界です。

足元自泉で、プクプクと気泡が浮かぶ様子が楽しめ、座ると沈殿した泥がべったり。
時折どっと沸きますので、油断していると「アチチ!」となります。

空気も気持ちよくて、大自然を堪能できる最高の露天風呂ですね!
評判を信じて来て良かったです。

この旅行記も相当長丁場になりそう。。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

高配当株投資の難しさ。

2018-09-10 22:32:04 | 投資スタンス
配当というのは、企業のポケットから税金を差し引いて、投資家のポケットに移す行為です。

成長機会の大きい企業にとって、これは望ましい選択とは言えません。
なぜなら、配当は「将来価値の先食い」であり、課税を伴う非合理なペイアウトは、複利効果を減ずる行為だからです。

価値創造のための成長投資(研究開発・設備投資・企業買収等)が可能なうちは、そちらを優先すべきです。

配当は企業に資金面の規律を持たせたり、株価の下支えを図るなどの点で、一定の意義は確かにあります。
ただ長期投資の目的とは相反する部分があり、私自身もあまり配当は重視してきませんでした。

それよりは事業領域拡大(主にM&A)に積極的にお金を使う企業の方を好んで投資してきた気がします。
ポートフォリオの上位は、フリー・キャッシュフローが大きい企業としての素養があって、時々ドカンとお金を使うタイプが多いですね。
最近お気に入りの信越化学工業なども、機を見るに敏、1000億円単位の投資をするところが好きだったりします。

そんな私が最近になって高配当株を少しずつ買い集めているのは、人生の残り時間を意識するようになったからです。
蓄積してきたお金を活用し、いまの給料の一部を配当金に置き換えていくことで、拘束時間の必要性を減らしていく。
それによってリタイアの時期を早めても良いのではないかという思いが、徐々に強まってきています。
企業の成長ステージに例えるならば、私自身が「成熟株」になりつつあるということかもしれません。

それにしても、「長期投資脳」からの意識の転換は難しいですね。
キャピタルゲインに対する未練のためか、高配当株投資に関してはまだまだ手応えをつかめておりません。
全くの別物と割り切った方が良いのかもしれませんね。
その辺りは諸先輩を見習おうと考えています。

余談ですが、配当金生活にたどり着くには、高配当株投資だけでは実現が難しいと思います。
やはり資産形成の段階では、成長株投資にギアを入れる必要があるのではないでしょうか。

しかし、それをいつまでも続けるのも疲れてしまいます。
どこかで人生がそうであるように、投資活動も終わりに向かって減速させていく。
限りある時間の中で、そのプロセスを味わうのも悪くないなと思っています。

自分の投資がどう変化していくのか興味がありますし、その過程をこのブログを通じてお伝えしたいと思っています。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (8)

蒸の湯温泉 ふけの湯(2)~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その5

2018-09-09 10:04:53 | 鉄道旅行~東北
館内に戻ってきました。



夕食です。

宿の方が採取した山菜・山葡萄、川魚など、地の物にこだわった構成です。
刺身はニジマスだと思います。



豚肉の陶板焼き。



オプションで事前に選択したきりたんぽ鍋。
八幡平でも秋田県側になりますからね。

昼はこれを忘れてて、ひっつみ鍋を頼んでしまいました(笑)



炊き込みご飯。

メニューはとてもバランスが良く、美味しくいただけました。





建物は古いですが、水周りはリフォームがなされていて快適です。
1階のトイレもバリアフリーとのことです。



館内のふけの湯神社には、金勢大明神が祀られていました。



内湯も総ヒバ造りでいい感じです。
屋根つきの露天風呂も含めて、昼間に写真を撮っておけば良かったですね。


《1日目:8/18(土)の旅程》

東京 7:40-こまち49号→10:15 盛岡-レンタカー→八幡平山頂→蒸ノ湯温泉

いくつか候補があったのですが、この宿を選んで正解でした。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

蒸の湯温泉 ふけの湯(1)~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その4

2018-09-04 00:03:08 | 鉄道旅行~東北


車の停めてある八幡平山頂レストハウスに戻ってきました。
ここから見下ろす岩手山がまた素晴らしい。



たっぷり汗をかきましたので、温泉が楽しみです。
本日の宿は、八幡平山頂からほど近い「蒸の湯温泉 ふけの湯」。

とにかくたくさんの温泉資源に恵まれる八幡平温泉郷で、最古の湯だそうです。
かつては地熱を利用した「蒸かしの湯」として賑わったとのこと。

外観は古い小学校のようで味がありますね。
秘湯の宿としての期待感が膨らみます。



お部屋はこんな感じですが、WiFi完備です。
四季報を持ち込んでゆっくりしたい(笑)



宿の建物を出て、名物の野天風呂へ。



山懐に抱かれて。
目の前には大小の岩が転がり、野趣満点のロケーションです。
凄いなここは。



見た目に比して、お湯はさらっとしていて入りやすいです。



混浴の方は先客がいらっしゃいましたので、また翌朝に入ることにします。



そこらじゅうにある源泉群からは、お湯がボコボコと噴出。



女性用です。
ワイルドですが更衣室はしっかりありますので、お湯の質感を含めて万人向けの温泉だと思います。

しばらく鉄道は出てきません。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント

八幡平トレッキング~18年8月岩手・秋田・山形旅行記その3

2018-09-02 23:11:40 | 鉄道旅行~東北
八幡平山頂遊歩道を歩いています。



八幡沼を望みます。
この俯瞰は絶景ですね。



沼へ降りていく途中、岩手山が見えました。



こちらはガマ沼。



足元に目をやると、クルマユリ。



そしてアゲハ蝶。

たまの山歩きは楽しいです。



八幡平頂上(1,613m)に着きました。
展望台に登ってみます。



その名の通り平らな山頂なため、木々に囲まれ眺望はさほど良くありません。



メガネ沼。
なんでそんな名が付いているかと思えば…



奥に回ってみたら分かりました。
もう一つ沼があったんですね。



鏡沼。

青空と木々が映り込み、静かで幻想的な雰囲気が漂います。
遠くに岩手山が見えました。



不思議な凹地。



アオモリトドマツの枯れた景観がいい味を出しています。
ゆっくり歩いて1時間20分、程よい運動となりました。

歩きやすく天気にも恵まれ、とても快適でした。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント