ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

今月の売買(17年11月)

2017-11-30 21:31:42 | 今月の売買
今月の売買です。


【購入】

6287 サトーホールディングス(追加×3)

… サプライ製品による安定性を確保しながら、ゲームチェンジャーとしての可能性も秘めたグローバル企業としての飛躍も期待できます。

6750 エレコム(新規+追加×2)

… まだ打診買いの段階。量販店売り場での残存者利益に、進行中の事業領域の変化が組み合わさると面白いことになるのではと思っています。


【売却】

3276 日本管理センター(一部売却)

… 決算発表直前に少しだけ。サプライズが起こらない以上、決算に期待しても仕方がないということですね。。

3138 富士山マガジンサービス(一部売却×2)

… 「第三の矢」の弱々しさが期待ハズレです。

2319 プラネット(一部売却)

… 目玉の中国での越境流通プラットフォーム事業が、当初思っていたより進行が遅いので。


保有し続ける根拠が揺らいできたポートフォリオの下位銘柄について、入れ替えを進めています。


投資に対するやる気が少し戻りつつあります。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント

苦瓜達郎「ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること『すごい会社』の見つけ方」を読む。

2017-11-29 22:44:03 | 読書
ご存知、大和住銀投信投資顧問の苦瓜さんの書き下ろしです。

171ページと薄い本ですし、凄腕ファンドマネージャーのノウハウを盗むつもりで意気込んで読み始めたところ、その内容のあまりのシンプルさに「ナニコレ?」と肩透かしを食らう人も多いんじゃないかと思います。

でも書評を書くために読み返してみて思ったのですが、この本は深い。凄く深いです。

ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること 「すごい会社」の見つけ方 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎


何より、苦瓜さんの株式市場に対するクールさがいい。

「横暴で、下品で、間違いだらけ」の株式市場。

それでも、

「合理的に説明のつかない株価については、株式市場はいずれ間違いを認めて、『反省』するものなのです」

と、株式市場の「引力」に信頼を寄せる。

テーマ株に対しては、

「細かく話を聞けば聞くほど、『テーマ』で大雑把に夢のような成長を語れるほど、現実が単純なものではないことがわかる」

と、バッサリ。
年間900社以上と面談し、誰よりも企業の日々の営みを愛する苦瓜さんならではの姿勢に痺れます。

「自分は他人より賢い」と根拠の無い自信を持ち、激戦区のグロース株投資で疲弊してしまうのが個人投資家の常です。

逆に自分の限界を知った上で、自分にできないことについては割り切りつつ、うまく株とつきあっていきたいと考える人にとっては、根っからのバリュー投資家である苦瓜さんのこの本はとても響くことと思います。

そして個人投資家にとっては主戦場となる中堅企業に対する愛も、より深まることでしょう。

この本には、目指すべき王道があります。

あまり読む人の楽しみを奪ってもアレなので、この辺で。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント

鵜の巣断崖・北山崎~17年9月北三陸旅行記その8

2017-11-28 22:28:08 | 鉄道旅行~東北


龍泉洞を楽しんでいたら、あっという間にお昼の時間です。
「道の駅いわいずみ」へ寄りました。



いただいたのは、岩泉ハンバーグステーキ。
短角牛と龍泉洞黒豚の合挽きです。
少し待たされましたが、さすがの肉質で美味。
この辺はあまり食べるところがないので、ここはおすすめ。



小本川に沿うように山の中から海へと向かい。



鵜の巣断崖へ。
こちらは少し知名度に劣るのですが。。



まるで屏風のように連なる断崖が堪能できる、なかなかの絶景です!



少し近くから。
断崖の高さは200mにもなるそうで。
太平洋の海の青さもいいですね。



次は北山崎。

いずれも三陸鉄道ではなく、レンタカーでないと行きづらい場所ですね。



ただここまで色々と欲張りすぎたため、少しの時間しか滞在できなかったのが残念でした。

余裕があれば、下まで降りてみたかったんですけどね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント

龍泉洞~17年9月北三陸旅行記その7

2017-11-27 22:28:48 | 鉄道旅行~東北
浄土ヶ浜に続いて車でやって来たのは、龍泉洞。
以前、廃線となってしまったJR岩泉線を使って来たことがあります。



あれ、こんなモニュメントありましたっけ?
どうやらいつの間にか恋のパワースポットになっていたようで。



中に入ります。
外気は16.4℃、洞内は10.6℃。
意外に温度の差はないと言えるかも。



入り口から近くの長命の淵。



鍾乳洞内を青く流れる水。



ライトアップが神秘的な月宮殿。



ここから階段を下りていくと。



第一地底湖。
住んだ青空が下にあるような不思議な感覚。



第二地底湖。



足下を覗き込めば、どこまでも深く吸い込まれそうな青。
恐るべき透明度。



そして第三地底湖。



見学できるのはここまで。



後は急な階段を登って戻ります。
結構キツいです。



圧巻は三原山展望台から見下ろす、第一地底湖。
神秘的という言葉が、安っぽく思えるほど。

一生に一度は訪れておくべき場所ですね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント

浄土ヶ浜~17年9月北三陸旅行記その6

2017-11-26 22:47:51 | 鉄道旅行~東北
9/17(日)、旅行2日目です。



宿泊したのは、ホテル宮古ヒルズ。



朝食のバイキングは和洋30種類ということで、そこそこ良かったです。



本日は列車ではなく、宮古から久慈までレンタカーで移動(乗り捨て)です。
台風で雲行きが怪しいですが。。



まずは浄土ヶ浜を、後台場展望台より見下ろします。





松の緑と岩肌の白さが良いコントラストですね。



下まで降りまして、遊歩道を歩きます。



着きました。
でも近くで見るよりは。。





少し離れたレストハウスの3階展望台から見下ろした方がいい感じですね。
自然の造形美がより際立ち、迫力があります。



もう少し天気が良ければ、エメラレドグリーンの海が楽しめたかもしれません。

「さながら極楽浄土のごとし」とまではいきませんでしたが、さすが一級の景勝地です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント

お金に対して友人として付き合う

2017-11-25 18:52:35 | 投資日記
本田健さんの本を読んでいたら、お金とのつきあい方で、人は3つのタイプに分かれるという趣旨のことが書かれていました。

(1)お金に対して「主人」としてつきあう人
(2)お金に対して「奴隷」としてつきあう人
(3)お金に対して「友人」としてつきあう人

イヤで仕方がない仕事をしたり、行きたい場所に行くのを我慢したり。
お金に対して「奴隷」のような状態になりたくないからというのが、投資を始める大きな理由の一つだと思います。
私もそうでした。

では、ひたすら増やすことに心血を注ぎ、うまくいったら「主人」として振舞うのがいいのかというと、それも違う気がします。
お金があれば何でもできると考え、自分のやりたいようにやっても、どこか空しさが残りますし、尊敬や人間的なふれあいはそこからは得られません。

結局、最終的に幸せになるためには、お金と「友人」としてつきあうしかないのだと思います。
やりたいことをかなえてくれ、困ったときには助けてくれる友人として。

いい使いかたをして、たくさんの人に与えられる人間になる。
そうすれば友人であるお金も喜んでくれる。

そんな境地に至れたらと思いますが、残念ながらまだまだそこまでは人間ができていません(苦笑)
でもゆくゆくは目指したいところです。

やたらとお金が貯まる人の習慣: 「何があっても、だいじょうぶ」な人生のために (王様文庫)
クリエーター情報なし
三笠書房


最近は株式投資そのものから、自分の中でちょっと距離を置いている感があります。また戻ってくると思いますが。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント

山田線不通区間~17年9月北三陸旅行記その5

2017-11-23 23:13:58 | 鉄道旅行~東北
間が空いてしまいましたが、旅行記続けます。



釜石から宮古へ向かおうとしています。

山田線の沿岸部のこの区間は震災以降ずっと不通区間となっていて、バスを乗り継いでしか行けません。
まずは岩手県交通のバスに乗ります。



復興は着実に進んでいるようです。



大槌町では郷土芸能の虎舞の準備をしている方々がおりました。
町の風景は変わっても、人々の生活はそこに根付いています。



痛々しい風景はほとんど見ることなく、港の整備も進んできており少し元気をもらいました。



このバスの終点は道の駅やまだ。



ここからは岩手県北バスに乗り換えて。



釜石から2時間20分ほどかけて、ようやく宮古へ到着です。



みやこ秋まつりが開催されており、手踊りのパレードが行われていました。



夕食は駅前にある蛇の目本店さんで、上にぎりをいただきました。

《1日目:9/16(土)の旅程》

大宮 7:42-東北新幹線・はやて111号→9:51 北上 10:07-東北本線→10:17 花巻 10:37-釜石線・SL銀河→15:07 釜石 16:06-岩手県交通→16:54 道の駅やまだ 17:21→18:26 宮古駅前

この区間は平成30年度末に三陸鉄道に移管されることになり、良かったです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント

陸中大橋のΩループ・釜石~17年9月北三陸旅行記その4

2017-11-14 23:13:04 | 鉄道旅行~東北


滝観洞(ろうかんどう)のある上有住駅。



ここから陸中大橋駅にかけての区間では、2つのトンネルを通して180度回転し高低差を克服するΩループを体験できます。

写真では列車は右から左へと走っているところですが、トンネルをくぐった後に通る眼下に見える線路では、左から右へと進むことになります。



陸中大橋駅に到着です。



ここでは列車の行き違いがあります。



花巻方面へ向かう反対方向の列車が入ってきました。



SL銀河の発車後、しばらくして見上げると、先程の列車は我々がちょうど見下ろしていた鉄橋を渡っていきました。
こうしてみると、かなりの高低差ですね。

乗り鉄になると、こうした列車の行き交いに無駄に興奮することになります(笑)



そして終点の釜石駅に到着です。



駅舎の壁も「銀河鉄道の夜」をイメージ。



鉄鋼と、



ラグビーの町です。

釜石線は絶景路線とは言えませんが、ローカル線ならではのスローな旅を楽しむにはいい路線です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント

リタイアしない理由

2017-11-12 21:35:50 | 投資スタンス
これまでの投資による累積利益(実現益+含み益)は、きちんと計算したことは無いですが、おそらく平均的なサラリーマンの生涯年収+退職金を超えていると思われます。

人からも「辞めてもやっていけるんじゃないですか」と言われることがありますし、たぶん普通に家族と生活していく分には資産の取り崩しで対応できるかと思いますが、それでもサラリーマンを辞めることは今のところ考えていません。

理由は以下の通りです。

1.安定収入の確保

これは良く言われることですね。
特に自分にはトレードの腕は無いので、おそらく日々の生活費をそれで稼いでいくのは難しいと思います。
取り崩す一方になる不安を思えば、まだまだリタイアに踏み切れません。

2.自己実現の手段

今の仕事は嫌いじゃないですし、組織の中で仕事を通して自己実現する喜びは捨てがたいです。
1人ではとても成しえないことをできる可能性がありますから。

3.仕事と投資との相乗効果

仕事と投資には相互作用があり、それがこれまでいい方に働いていると思います。
投資があるから、仕事に余裕を持って取り組めるし、仕事で得られた知見を、投資に活かすこともできる。
例えば、組織のマネジメントに携わったり人材育成に取り組んだ経験は、投資先の経営者や組織風土の見極めに役立ちます。

4.社会への還元

最近になり、「自分は投資に助けてもらった」という感謝の気持ちを、何らかの形で社会に還元したいという想いが強くなってきました。
そのためには、生活費は給料で確保しつつ、投資をもっと伸ばしていかないと。
具体的なことはこれからで、ブログで報告できるかどうかも分かりませんが、ここから先の投資活動のモチベーションにしていくつもりです。

上記2,3に限界を感じたあたりが、辞め時なのかもしれません。

まだまだ自分のことで精一杯ですけどね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント (5)

遠野まつり・プラネタリウム~17年9月北三陸旅行記その3

2017-11-11 23:16:38 | 鉄道旅行~東北






遠野駅を出ると、町は「日本のふるさと遠野まつり」の郷土芸能パレードの真っ最中でした。

一番上の写真の踊りは「山口さんさ」というらしいのですが、踊り手さんも可愛らしく優美な舞いは華がありますね。



遠野といえばジンギスカンが有名なのですが、あいにくお目当ての店はやっておりませんでした。

代わりに、駅前の旅の蔵遠野にある喫茶店「のんのん」さんでジンギスカン丼をいただきました。
さすがにちょっと物足りなかったです。



遠野といえば河童の伝承地(カッパ淵)がありますので、カッパチーノを売り出し中。。



駅に戻ると、SL銀河の周りから人だかりが消えていました。
写真も撮り放題です。



機関車の動輪もじっくり眺めることができました。



そろそろ出発の時間です。



出発してしばらくすると、予約していた10分間のプラネタリウムが始まります。



中の様子は撮影禁止。
さすがに環境面での限界はありますが、「銀河鉄道の夜」をモチーフとした構成と鮮やかな色合いはなかなか良かったです。

遠野はいつかじっくり時間をかけて訪れてみたいです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
コメント