ろくすけの長期投資の旅(旧ブログ)

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

今月の売買(11年5月)

2011-05-31 22:16:19 | 今月の売買
今月の売買です。

【購入】

KXI(追加)

… 生活必需品セクターの海外ETF。
  弱気相場で強さを発揮しますね。

3633 paperboy&co.(追加)

… ちょっと高いところで買ってしまいました。
  またまた長いトンネルが続きそうですね。

2634 ソケッツ(追加×2)

… 藤沢久美の社長Talkをフルで聴いて、鳥肌が立ちました。
  すぐに騰がる株ではないでしょうが、数年後の姿を見てみたい気がします。

6630 ヤーマン(新規+追加)

… 嫁のご機嫌取りに(笑)
  優待落ちが激しかったですね。
  業種柄、怪しげな目で見られておりますが、
  まだあんまり買っている人もいないので、見直されたら面白いかと。
  
8771 イー・ギャランティ(追加×2)

… いい決算だと思ったんですが、どうも世間様と私との間で、
  この株に対する評価のギャップはかなり大きいようです。。。
 
【売却】

2772 ゲンキー(全部売却)

… PBR1倍超か東証1部への昇格が売り時かなと思っていましたが、
  今月両方来ましたね。

3079 DVx(一部売却×2)

… 極端に流動性が無いし、キャッシュを持っておきたかったので、
  一部売却してポジションを落としました。

4043 トクヤマ(全部売却)

… やっぱり装置産業は苦手。
  お金が要りそうな大型設備案件が続出で、嫌気がさして損切りしました。

【売却&買戻し】

7148 FPG(全部売却+買戻し×3)

… 5月上旬でいったん全部売りました。
  でもここでお別れするのは名残惜しいなあ・・・と思っていたところ、
  下旬になって急落してきたので一部買戻しました。
  基本的には山あり谷ありの銘柄なんでしょうが、
  夢は見れるかなと思っていますので、うまくお付き合いしていきたいです。

今月は売りの方が金額が大きく、キャッシュポジションは過去最高となっております。
ただ、どうしても欲しいというほどの株は無いので、これからどうしようかな~って感じです。

こういう時は優待株を買いたくなるんですよね・・・
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (8)

「ピーター・リンチの株で勝つ」洋書・ミニチュア版

2011-05-29 23:39:25 | 読書
私の投資関係における座右の書の一つが、「ピーター・リンチの株で勝つ」であります。

何度も読んでいるのですが、読む度に気づきを得られる本ですね。
最近も以下のフレーズにハッとさせられました。

「投資家のなかには逆張り法で成功していると自負する人もいる。
 誰も買わないときに買って、他の人が買うときに売るというのだが、
 これは本当の逆張りではなく、他人が買っているときに
 安売りをすることと変わらない。」(P.93)

はい、安売りよくやってしまいます。。。

さて、そんな「株で勝つ」でありますが、欠点を挙げるとすれば、
文章が散逸でポイントがつかみづらい点です。

それをうまくカバーしてくれるのが、以下のミニチュア版の洋書です。

One Up On Wall Street: How To Use What You Already Know To Make Money In The Market
クリエーター情報なし
Running Press Miniature Editions


各章のまとめ的な部分だけを集めたもので、馴染みの薄いアメリカ企業の話や
アメリカン・ジョークもばっさりカットされていて、かなり読みやすいです(笑)。

ちょっと見慣れない単語も目につきますが、なにせ文章量がすごく少なく、
内容も予め分かっているので、途中で断念することはないと思います。

仕事で英語を使うことも無く、なかなか英語学習にモチベーションが沸かなかったのですが、
投資関係の本を読むのはそのきっかけになるかもしれませんね。
実際のビジネスに使える用語も出てきますし・・・まあ、使わないんだけども(爆)

次はフィッシャーの「超」成長株投資を読んでみようと思います。

将来的には米国個別株の投資も考えていますので、今から準備です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (12)

サラリーマンの厳しいフトコロ事情

2011-05-25 23:33:23 | 投資日記
真綿で締め付けられるような苦しい相場状況が続いていますね。

このご時勢、給料は増えないし、投資も思うようにいかないし、
いったいどうしたらいいんだ?と愚痴のひとつも言いたくなる今日この頃。

さて今日は、偶然見つけた新生フィナンシャル(旧GEコンシューマー・ファイナンス)の
サラリーマン小遣い調査を紹介します。

これは全国の男性サラリーマン1,000名を対象に、1ヶ月のお小遣いについて
調査したものです。昼食代込みというところが、非常に生々しい。

2010年4月に行ったのが最新で、お小遣いの平均は40,600円でした。
当時はまさに「仕分け」の対象とされ、前年比5,000円もカットされていたのですね(涙)

<思ったこと>
・「かつや」のワンコインかつ丼は、世のサラリーマンにとって強い味方!まだまだイケると思います。
・30代以上のフトコロ事情は厳しい。特に主導権を妻に握られている者にとっては。
 若い諸君は先輩や上司にたからないように!
・こんな状況じゃ、株買う人も限られるよね。。。

6月になれば、2011年版が出るのかなと思います。
震災後のアンケートがどうだったのか、すごく興味がありますね。見るのが怖いけど。。。
2010年版との比較もしてみたいです。

家計の主導権を握られないためにも、堅実な投資を心がけたいものです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (8)

「オニールの成長株発掘法」を読む

2011-05-23 23:50:56 | 読書
「CAN-SLIM」とか「Cup with Handle」などで有名な、ウィリアム・J・オニールのこの本を
とりあえず読了しました。

まだ読み込むのには時間がかかりそうですが、第一印象としては
この2つの言葉に象徴されるように、ファンダメンタルとテクニカルの両方を
重視する感じですね。

オニールの成長株発掘法 【第4版】 (ウィザードブックシリーズ)
クリエーター情報なし
パンローリング


自分のやり方とは真逆なことが多く、読んでいて頭がクラクラしました~

 「大事なのは、正しい銘柄、つまりこれ以上ないという最高の銘柄を
  そこしかないという正しいタイミングで買い、
  そして市場や一連の売りのルールが売り時だと教えてくれたときに売る、
  ということだ。買った日から売った日までの期間は短くなることもあれば
  長くなることもある。」

買うべきタイミングが分からないから、不人気の時にポツポツ拾い集め、ひたすら待つ自分とは全然違います。

期間あたりの収益を極大化するには、オニールのこのやり方なんだろうなと思いました。
ただ、日本株でこれをメインにやるのは、以下の点からちょっときつい気がしております。

①(機関投資家が途中から入ってくるような)スケールの大きな成長株が限られる。
②花の命は結構短い。株価の揉み合いからブレイクアウトした時点からは、短期勝負を強いられるイメージ。
③生産年齢人口が減少していく国であり、マーケット全体に強気相場を期待しづらい。
 (オニールが「自由の国」と繰り返し言っているだけに、この国に住んでいる者としては
  逆に暗い気持ちになります。)

あと私自身のことを言えば、日中株価を見ている余裕が無く、
機動的に動けないという致命的な弱点があります。

非常に魅力的なアプローチですが、私としては
「あんなこといいな、できたらいいな」のドラえもん状態。。。

ただ、書かれていることの一つ一つを取ってみれば、
今の自分に欠落している部分が多く(特にマーケットが出すサインの読み取り)、
非常に勉強になります。これから少しずつ身に着けていければと思います。

強気相場が来れば、高PER銘柄で部分的に試してみたい気はしますね。準備はしておこう。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)

【3079】DVx 2011/3期決算

2011-05-22 23:44:58 | 銘柄研究
決算発表は5月16日、遅くなりましたがアップしておきます。



DVxもこの表を作るのは3回目。
ただ去年作った時から、8円しか株価が上がっておりません(笑)
PBRだけ下がった感じ。
人工血管も断念し、不人気ぶりに拍車がかかってしまいましたね。
これ読んでいただいている方で、まだ持っている人いるのかしら?

業績も終わってみれば、創業以来24期連続増収増益ってことになりました。
ただ途中は肝を冷やしましたね。イスラエルのベンチャー絡みの特別損失もありましたし。

四半期ごとの経常利益推移は以下の通りでした。

        (単位:百万円)
1Q  2Q  3Q  4Q
116 196 214 255

期初予想は678百万円。
1Qの発表でズッコケましたが(幸い、B/Sの売上値引引当金に気づいたので買い増しできましたが)、
終わってみれば784百万円。猛烈な追い込みを見せてくれました。

ただ今期の予想がまたいつもにも増して弱気ですねえ。
前期頑張りすぎた反動があるのかしら?ちょっと気になるところではあります。

これだけ長いこと成長が続けられるのは、地味に凄いと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (4)

JR九州の株は買えないかな。。。

2011-05-20 23:54:23 | その他日記
九州に来てから早いもので4ヶ月が経とうとしていますが、あまりJR九州の列車に乗っていません。

遠くに住んでいた時は、JR九州の列車に乗るとなれば、それはもうワクワクしていたものですが、
こちらへ来てみるとなんだか南九州へ行くのでさえ、億劫な気がしてくるから不思議です。
とはいえ、最近一人旅をしておらずフラストレーションが溜まってきたので、
そろそろ出かけたいとは思っているのですが。

さて、日経ビジネス最新号(2011.5.23号)は九州特集で、JR九州についても書かれていました。

 「九州新幹線の停車駅を基軸にして、枝葉のように観光列車をつなげる」

ドル箱路線を持たないJR九州の知恵を絞った戦略は見事です。
凝ったデザインで乗って楽しい列車も多いですし、頑張っているな~という印象を強く受けます。
それに、客室乗務員のお姉さんも素敵です(笑)

ただし、それでも1987年の民営化以降、鉄道事業で一度も黒字化したことがないらしいですね。

気になったので、JR九州のホームページに載っていた平成21年度の決算公告を見てみました。

損益計算書を見てみますと、
鉄道事業の営業損益は▲109億円、
関連事業の営業損益は +85億円で、全事業の営業損益が▲25億円。
経営安定基金運用収益+114億円があって、ようやく経常黒字を確保する構造と
なっております。

「経営安定基金」というのは、要するに営業赤字になる部分を資産運用収益で
埋め合わせるために創設された基金です。
「経営安定基金資産」と運用収益とを見比べてみますと、だいたい3%の利回りですね。
「独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構」へ3.84%という高利
(民間金融機関より2%高い!機構のHPをたどっていくと分かります)
で貸し付けてたりしますから、もう実質的に補助金ですね。

新博多駅ビルを筆頭に、目下、非鉄道事業の拡充に邁進しておりますが、
これを見てしまうと、上場したとしてもちょっと株主になるのはためらわれますね。上場ゴールかな。
上場したらこの項目がどうなるのか、注目したいと思います。

応援したい気持ちはあるだけに、残念です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (4)

バフェットへの「超えられない壁」

2011-05-18 23:07:27 | 投資スタンス
2年以上前に出た本ですが、ジェフ・マシューズ「バフェットの株主総会」を読みました。

バフェッチが会長を務めるバークシャー・ハサウェイの2007年と2008年の株主総会の様子を、
実況中継さながらに臨場感あふれる筆致で描き出した本です。

良かったのは、著者がバフェット・ウォッチャーでありながらも程よい距離感を保っていて、
疑問点や課題も提示している点です。

例えば、
・バークシャー・ハサウェイの集金システムは、傘下企業における成長性放棄の犠牲の上に
 成り立っているのではないか・・・
・バフェット亡き後、傘下企業はバークシャー・ハサウェイに対する貢献意欲を保てるのか・・・
等々。

バフェット関連の本の中では、間違いなく良書の部類に入ると思います!

バフェットの株主総会
クリエーター情報なし
エクスナレッジ


さて、この本を読み進めていく中で、弱小投資家としてはバフェットへの「超えられない壁」があるなと
改めて思うところがありました。
特に次の2点です。

①投資先が生み出した「フロート」(滞留資金)を、自分では再投資に回すことができない

・私は投資先のフリー・キャッシュフローを重視していて、維持的な設備投資をほとんど行わなくても
 成長していけるようなビジネスモデルが好みです。
 
・この点はバフェットに近いものがあるかもしれませんが、決定的に違うのは
 投資先が稼いだお金を自由に使えないという点です。
 バフェットはバークシャー傘下の企業のお金を吸い上げて株や債券に再投資することができますが、
 われわれにできるのは、投資先が変なものにお金を使わないように(「多悪化」とか)投資CFを監視すること、
 配当等でおこぼれに預かることくらいです。

②経営者から「顔の見える株主」として認識されていない。

・経営者にプレッシャーを与えられず、また頼りにされることもありません。
 想いは一方通行、「片想い」になりがちです。

・「バイ&ホールド」とか「パーシャルオーナー」といった言葉は耳に心地よく、
 また経営者としての側面を持つバフェットにとってはごく自然なことかもしれませんが、
 われわれはこの点、圧倒的に不利な立場にありますので、
 状況に応じて柔軟に対処できるような、冷静な投資家でありたいものです。

「株と結婚」しないよう、気をつけたいものです(自戒を込めて)。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (12)

【8771】イー・ギャランティ 2011/3期決算

2011-05-14 23:47:14 | 銘柄研究
いつもの表を作ってみました。



(定期預金・有価証券等)修正後のフリー・キャッシュフローを見る限り、
まさに先日のエントリで書いた、10年2倍が最低限約束されている銘柄と言えましょうね。

前受金があるとしても、現預金で43億円・投資有価証券(国債)5億円を保有していること、
現金の貯まり方、成長力からすると、時価総額が45億円に留まっているのがそもそもおかしいのです。。。

経常利益予想とそれに対する実績の推移です。

        (百万円)
     予想  実績
08/3期 300→331
09/3期 440→482
10/3期 610→619
11/3期 710→744
12/3期 840→ ?

実に手堅いのはいいですが、そろそろ社長の公言していた、経常利益50億円達成に向けての
ネタを投下して欲しいところ・・・と言ったら、贅沢でしょうか?

自分にとって理想的な株です。株価水準以外は(爆)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (6)

【8771】イー・ギャランティ4Q

2011-05-13 23:40:46 | 銘柄研究
今日は主力のイー・ギャランティの決算発表でした。
無事イベントを通過できて良かったです♪

通期に関する分析は日を改めてということで、今日は前期4Qの状況をチェックしておきます。



実は決算短信の1面をパッと見たとき、「あれ?思っていた程ではないな」という印象だったのですが、
実際4Q単独の売上総利益は大きく低下しております。

しかし、実はこの4Qで保証履行引当金をいきなり83百万円(うち震災関連29百万円)も
積み増しているんですね。
最後に思い切りブレーキを踏んで、翌期に十分余力を残した形の決算になっています。
その辺は営業CFが雄弁に物語ってますね。

保証残高もぐんと伸びており、いや~、惚れ直したわって感じです!

例によって翌期の予想が保守的。。まあ、いいけどさ。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします

コメント

「ひふみのあゆみ」を読んでみて

2011-05-12 23:44:12 | 投資日記
積立投資中の「ひふみ投信」ですが、毎月の運用報告書「ひふみのあゆみ」を
読むのが楽しみです。

購入者向けのものは組入全銘柄の記載されているのですが、
一般向けにも概略版(組入上位10銘柄のみ公表)がホームページに載っております。

 「ひふみのあゆみ 2011年5月10日号」

私自身は、小型株・安定成長株・割安株に投資する傾向があるのですが、
ひふみ投信はそんな私には手が出しづらい、でも機会があれば投資してみたいな~って感じの
高成長・高PER・高PBRの先(いわゆるトンガッた株)が多く組入れられていて、
企業規模もいろいろです。

4月28日時点で全54銘柄とのことですが、私と一銘柄も被っていない のが面白いです。

見事な補完関係にあり、またその銘柄選択にもそれぞれにストーリー・思想が感じられることから
非常に頼もしく、これからも長いこと応援できそうです!

投資の勉強のために、少額でも投資してみるのもいいかもしれませんね。
組入全銘柄を知ることができるのは、個別投資家にとってもメリットがあると思います。

ファンドの行動自体は「草食系投資」とは思えないほど、アグレッシブ。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)