ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

今月の売買(09年11月)

2009-11-30 20:31:10 | 今月の売買
月次売買報告です。
いや~今月は激しく動きスギ。
恐怖心を感じる時は、逆バリで買い向かいたくなってしまうのが悪い癖。

【購入】
2485 ティア(新規)
・・・ 全然割安とは思わないんですけど、社長に惚れて。
   追加投資はよほど下げない限り、当分しないでしょう。

3265 ヒューリック(追加)
・・・ 平均単価引き下げのため。金利が低下してきたので、不動産賃貸業にとっては
   いい物件を仕込めるチャンスだと思うのですが、どうかな。

4658 日本空調サービス(追加×2)
・・・ 安かったので、つい2回も。。。しかし、まだ反転には至らず。

6278 ユニオンツール(新規)
・・・ 業績はこれ以上悪くならないので、後は上げるだけ。
   中期のリバウンド狙い。消耗品のドリルは、生産回復で買われているはず。

7744 ノーリツ鋼機(新規+追加)
・・・ 年末の宝くじのつもりで。MBO無いですかね~

8771 イー・ギャランティ(追加×2)
・・・ まさかこんな安く買えるチャンスがまだあったとは!嬉しい限り。

3079 DVx(追加)
・・・ いっぱいいっぱいまで買ってしまったので、もう追加投資しないつもりだったのですが、
   今月大きく下げたのでまた買ってしまいました。

2764 ひらまつ(追加)
・・・ 円高に備えて。こういう時期は地味で堅い業績のところはいいですね。

3633 paperboy&co.(追加×2)
・・・ 高配当株+成長株という、ありがたい銘柄。主力化推進中。
   周りに引きずられて大きく下がった時には、迷わず買い増しです。

7730 マニー(新規)
・・・ 内需に偏ったバランスを是正するため購入。買った直後に
   まさかこんな円高が待っているとは思わず。。。もうちょっと待てば良かったな。

3143 オーウイル(新規)
・・・ 配当利回りに目がくらむ。大株主であるオーナーが現金欲しさに高配当を維持してくれると思います。
   円高メリットを受ける銘柄でもあり購入。

【売却】
2432 ディー・エヌ・エー(全部売却)
・・・ 手許資金を確保しようと思って、薄利で売ってしまいました。
   結果的に大失敗。20万円台前半の時でも怖くて買い増しできなかったので、
   信頼しきれてなかったということです。まあ仕方ないですね。

3829 セルシス(全部売却)
・・・ これはうまく逃げられました。
   決算、今期予想も微妙な感じ。。。監視は続けますが、当面様子見。
  
7314 小田原機器(全部売却)
・・・ 買いたい銘柄が多くなってきたので、資金を作るために売りました。  
   「衰退産業の中の衰退企業」って、シャレになんないっす。

7483 ドウシシャ(全部売却)
・・・ 優待目的で持ち続けるつもりだったのですが、円高で想定していた株価より
   上にいったので売却。お世話になりました。復縁の機会を待ってます。

【デイトレ】
7483 ドウシシャ
・・・ 買った後、日中で大きく値上りしたので、結果的にデイトレとなりました。
  
配当利回りも意識して、銘柄入れ替えを実施。
また、どうしても買い集めたい銘柄については、2回ずつ購入してしまいました。

それにしても、大きく評価額と手許資金が減った1ヶ月。
最後はなんとか持ち直して終わりましたが、先が思いやられるな。。。

でも将来の種をまいたものと信じて、気持ちを切り替えてやっていきたいと思います。

来月は穏やかな月でありますように。。。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (10)   トラックバック (1)

「価格」と「価値」

2009-11-29 17:29:48 | 投資スタンス
中古でこの本を買ったのですが、その中で「我が意を得たり!」と思える箇所があったので、
ポイントを絞ってご紹介します。

真っ当な株式投資 (NB Online book)
板倉 雄一郎,板倉雄一郎事務所,橋口 寛
日経BP社

このアイテムの詳細を見る


・「価格」はひとつしかないが、「価値」は人それぞれによって違う。
 例えば、有機栽培のにんじんの価値は人によって全く異なり、「妥当だ」とする価格帯も
 まるで異なる。

・「価値」を把握するには、定量的・定性的にその企業のことをよく知ること。
 その企業の価値を生み出すものを知り、その企業の経営をよく知り、
 そして将来のキャッシュフローをしっかりと見極める。 

・にんじんの価値は購入時点の「今」をベースに考えれば良いが、
 株式の価値は将来を含めて考える必要がある。

自分の買値にとらわれてしまうあまり、戻るまで塩漬けにしてしまうのは
価値判断があいまいな証拠。

例えば「しまむら」で売られている洋服だって、流行遅れ・シーズン末期などで
「価値」が下がれば、容赦なく値下げされて処分されていきます(だから好きです)。

都度「価値」を冷静に見直し、その時点で過大評価されていると判断できれば、
たとえ含み損を抱えていても、躊躇なく売却できる投資家でありたいものです。

もちろん、含み益の場合も然り。自分なりの「価値」に自信を持っていれば、
欲に目がくらんで売り時を逃して地団駄を踏む、といったことも減ることも減るでしょう。

となると、「価値」が見積もりやすいものにどうしても投資したくなります。
ポートフォリオの中心は、景気変動の影響が少なく、ある程度将来の収益予想が
立てられる企業が望ましいですね。

バフェットの言う「理解できるビジネス」というのも、そういうことなんでしょうね。

「価値」を把握して泰然と構える。そういう長期投資を目指していきたいものです。
まだ全然できないので、どうやら旅は長く続きそうです(笑)

「ティア」は私にとって、有機栽培のにんじん。安くはないけど有難がって買ってしまう(爆)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (4)

配当利回り重視

2009-11-28 16:45:15 | 投資スタンス
新発10年物国債利回りが1.2%台に低下。
ネット銀行の定期預金金利もみ~んな1%未満!

昨年までのボーナスシーズンとは違って、元本が減らないだけマシ
という状況になってきました。

一方、株価下落もあって、配当利回りが相対的に高く見えるようになってきましたね。

決して無理のない株主還元をしている企業でも、4%を超えるものがゴロゴロしています。

というわけで、最近は12月決算で 3633 ペパボ、3月決算で 4658 日本空調サービス と言う感じで
業績が安定していて、配当利回りの高い銘柄も買い集めております。

世の中こんな状況なので、自由に使えるお金が時期をずらして入ってくるのが
いいんじゃないかと思って。資金を寝かしておくのはもったいないし、
かといってフルインベストメントをしてしまって、肝心の暴落時に買い向かうお金がない
という事態も避けたいという、わがままな妥協案です。

特に 4658 は中間配当はあるし、1単元のお値段が手頃で、毎月の積立感覚で買い易い。
借金を返し終えたらお金の使い道に困りそうで、将来的には配当性向30%からの
アップもあり得るかも?と妄想。

無限ナンピンの気配も漂わせてますが(苦笑)、予想配当利回り 4.96%。
中間までの進捗は良くないですけど、過去の推移からして、大口設備工事案件による
本決算での絶妙な帳尻合わせがあると踏んでます。

まだまだ買い増しを続けますよ~
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (6)

EVERYDAY LOW(ER) PRICE

2009-11-27 22:10:55 | 投資日記
24日の太田忠氏のブログに、「Everyday Lower Price」と題する記事がありました。

「日々安い」ではなく、「日々安くなっていく」という現在進行形の相場。
さらなる安値をじっと待つ、賢い消費者になりましょうという主旨。

実際には特売セールにすぐ飛びついてしまうあわてんぼうなので、
ちょっと耳が痛かったり。。。

「EDLP」そしてデフレで思い出したのが、8267 イオン。
一時は時代の寵児だったのですが、チャートを見ると、いい感じに下がってきております。
弔辞を読みたいくらい(爆)

びわびわさんのブログに寄せられたコメントで知ったのですが、
ここの優待は100株買えば、100万円までの買物に対して
3%のキャッシュバック があるんですね。

イオンやマックスバリュ等で日々の買い物をされるご家庭には、とってもいい優待ではないでしょうか?
これぐらいの株価になってくれば、長期保有で優待でモトを取ることも可能な気がします。

投資対象としては正直「?」ですけど、賢い消費者として狙ってみるのもいいかもしれませんね。

毎日の生活に確実に役立つ優待って、実は貴重だと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (8)

こんな日でも、買われる株は買われるんですね

2009-11-26 22:08:08 | 投資日記
急激な円高の割りに、相場全体は堅調な1日でありました。

今日は 7483 ドウシシャ を売りました。

昼休みに株価をチェックしたら、年初来高値っすよ。
目処としていたPBR1倍超えを達成したので、タイミングを見計らっていたのですが、
86円台がキター!ので、ここが潮時と判断。

3月の優待権利取得も楽しみではあったのですが、ここまで上がってくれれば上出来。
みんなに評価されたのを見届ける感じで売りました。

売ったお金は、任天堂単元株化計画の資金に使うつもり。
ブン投げが来るのをじーっと待っております。
(今日は任天堂も意外に踏みとどまってましたね)

あとは、2432 ディー・エヌ・エー が凄かったですね。
もうお祭り状態。薄利撤退で逃がした魚は大きかったけど、長期で持つには難しい株
ということが身にしみて分かりましたので、しょうがないですね。

ドウシシャは「別れても好きな人♪」なので、円安で売られることがあったら
応援の意味も込めて再参戦したいです。

「別れた人に会った 別れたザラ場で会った♪」といきたいもんです。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (6)

09年11月25日時点での指定銘柄診断

2009-11-25 21:48:02 | 投資スタンス
前回 から3ヶ月以上経っているので、また新光総合研究所の指定銘柄診断をやってみました。

今回は現時点で長期保有を前提としている、ろくすけカブス・スタメン9銘柄限定。

(コード順に、2668 タビオ、3079 DVx、3633 ペパボ、4658 日本空調サービス、7730 マニー、7839 SHOEI、
 7974 任天堂、8771 イー・ギャランティ、9020 東日本旅客鉄道)




3月の底からつい最近まで調子良かったですね。
新興市場株の総崩れがあった11月前半の下げがきつかったですが、ここ1週間はやや回復中。

いまの株数のままずーと持つと、日経平均よりは多少マシという感じで推移していくと思います。
で、任天堂の新型ゲーム機が発売されるタイミングでどーんと上がるのを気長に待つ。

配当がそれなりにあって、投資先の高成長が楽しめる。。。今はそんな感じで組んでます。
バランス的にも納得のいくものができたので、ポートフォリオの中核はあまりいじらなくてもいい気がしてきました。
銘柄の入れ替えもそろそろ一段落させたいですね。

今月はカブスの買い増しに明け暮れる月になってしまいました。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (6)

荒井拓也「バフェット・コード」を読む

2009-11-24 22:10:42 | 読書
今日の昼飯は、かつやでエビロースかつ定食。
今日の家での晩飯も、偶然エビ&ロースカツ。

カレーライス以外でカブるか?普通。。。

こんばんは。高脂血症でDVxのお世話になりそうな、ろくすけです。

話は全然変わりますが、バフェットの伝記「スノーボール」がいよいよ国内で発売になりました。
(ちょっとお高いので、私は中古本が安く出回るようなら読んでみたいと思います)

という訳でもないのですが、以下の本を図書館で見つけたので読んでみました。

バフェット・コード
荒井 拓也
日本経済新聞出版社

このアイテムの詳細を見る


著者はバフェット・フリーク。
第一部 バフェットの歩んだ”王道”(投資の軌跡)
第二部 バフェット・システム (著者の解釈による投資行動の分析)
第三部 バフェット・コード (導き出した公式)
という構成になっていて、バフェット流投資の本質を明らかにしようという本。

第二部・第三部は他の本でも散々書かれていることなので目新しさはありませんでしたが、
第一部は良かったです。

1977年~2007年までの投資行動を逐一追っているのですが、
こういう本ってありそうでなかった気が。

改めて思ったのは、バフェットはものすご~く長期で投資を考えつつも、
買いと判断したら電光石火で買い集めるということ。
比較的短期のチャート(この本はチャートも豊富です)で見ると
決して買い場に見えないんですが、時間軸が凡人とは全く違うんですね。
最近、売買が近視眼的になっている自分にとっては、目からウロコでした。

あとこんな下りもありました。

 社長が「利食いで破産はしない」と言って、スター子会社の売却を
 取締役会に発案することなど想像できるだろうか?
 われわれの考えでは、ビジネスに当てはまることは株式投資にも当てはまる。
 つまり、株式を通じて一部を保有するにすぎない一般投資家も、
 すべてを保有するオーナー社長が見せる粘り強さ、しつこさを
 つねに持つべきなのだ。


そうか。自分が企業グループのオーナー社長の感覚でいればいいのか。
永続する「法人」の観点を取り入れれば、キャッシュを稼ぎ出す事業を
短期間で売るような愚を冒すことは減るだろう・・・
実際に投資活動を行うバークシャー・ハサウェイも法人だし。

でも現実には年々膨らんでいく「スノーボール」を作ることなんて、至難の業ですね。
まずそこまで我慢が続かない。どうしてもその時々のパフォーマンスが気になり、
雪だるまを転がす手を止めてしまう。

ろくすけカブスの「マネーボール」に興じるくらいですかね。
限られた資金の自分にできるのは(あ、でも球団は弱い・・・)。

出だしはくるりさんの文体を意識してみました。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (6)

7730 マニー

2009-11-23 19:27:44 | 銘柄研究
7730 マニー(JASDAQ)です。
手術用縫合針、眼科用ナイフ、歯科用治療器等の医療機器メーカー。

内需に偏ったポートフォリオの修正を行うために外需株を導入したかったこともあり、
先週やっと購入しました。



世界不況の影響も限定的で、業績が堅調過ぎます(笑)

研究開発に力を入れ、自社生産も行うメーカーでありながら、キャッシュ創出力も素晴らしい。
外需主体のメーカーの中では、7839 SHOEI(今は在庫処分に苦しんでますが)と双璧と思ってます。

また、自分の強みを認識し、グローバル・ニッチ戦略も完璧!
「何をやらないか」 を明確にしているのがスゴイ!!

→ 決算説明会資料 をご参照下さい。これを読めば、貴方も投資したくなる?

アジアに次々と生産拠点を増やし、更なるコスト競争力強化とアジア市場展開も期待できる。。。
消耗品であり、お医者さん・歯医者さんのリピート購入が業績を下支え。。。

いいことづくめですが、1単元が高いのがネック。
3月頃は5,000円を下回っていたのですが、その頃はありえない位安い株がゴロゴロしていたので、
指標的にはさほど割安に見えなかったここは、華麗にスルーしてしまいました。
そういう時は普段買えない優良株から購入すべきでしたね。ちょっと反省。

あと優等生過ぎるところもやや気になりますが、
テーマ性も特段なく株価が急騰することもなさそうで、長期保有してこそ報われるんではないかなと思ってます。
こういう銘柄って、日本株の中ではなかなか貴重な存在ではないでしょうか。
面白味のない「出来杉君」タイプですが、結婚するには現実的かな。

(小田原機器という、潜在能力はあるのかもしれない「のび太君」は見限ってしまいました)

ところでお気付きかもしれませんが、ちょっと思うところがありまして、
いつもの表のフォーマットを変えました。

時価総額、EV(事業価値)、修正後フリー・キャッシュフローの欄を追加。
キャッシュ創出力と、市場での評価とのバランスを見るためです。
これについては、どこかで改めて記事にしたいと思います。

ロックオンさん曰く、「ソニーを買うならマニーを買え!」
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (10)

伊豆長岡に行きました

2009-11-22 18:59:44 | その他日記
世の中は3連休ですが、株価が冴えないと遊びにお金を使う意欲が湧きませんね。
それにデフレですよ。今日より明日の方がモノが安くなる。。。

そうは言っても、家でゴロゴロしていても気が滅入りそうなので、
昨日、家族で伊豆長岡に行って、日帰り温泉に浸かって来ました♪
11月の新興市場があんなことにならなければ、きっと泊まりだったんでしょうけど(笑)

まずは富士山のビュースポットである、かつらぎ山に登りました。



国道414号をまたぐこのロープウェイ。
前から気にはなっていたのですが、乗るのは初めて。

山頂に向かうにつれ、ITバブル時のヤフーだかソフトバンクだかのチャートのような急角度になっていきます。
ちょっと怖いです。。。ガクブル



ロープウェイからはみかん狩りの様子が見えます。



かつらぎ山頂です。452メートルの低い山なんですが、
北に富士、西に駿河湾など360度の眺望が楽しめます♪

こういう所で食べるおにぎりは、また格別の味ですね。

温泉は山を降りてすぐの所にある、湯屋 光林
内風呂に加えて露天風呂が男女3つずつあって、のびのびと浸かれます。

39度とぬるめの露天の岩風呂で、思わずzzz。
最高に気持ち良かったです♪

今日はしまむらでYシャツ購入。デフレ生活満喫です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (8)

冨安徳久「ぼくが葬儀屋さんになった理由」を読む

2009-11-21 21:07:07 | 読書
2485 ティア の冨安社長の葬儀屋としての半生と、直面した様々な死と出会いを綴った
ノンフィクション・ノベルです。

感動エピソード満載で、テレビドラマ化が予定されているのも頷けます。

ぼくが葬儀屋さんになった理由 (講談社プラスアルファ文庫)
冨安 徳久
講談社

このアイテムの詳細を見る


※社長の肉声を聞きたい方は、藤沢久美の社長Talk をどうぞ。
  こちらもオススメです。

起業以降の紙幅が少なかったのが個人的にはやや物足りなさを感じましたが、
Amazonのレビューの☆の数が全てを物語っています。ぜひ読んでください。
生きる意欲が沸いてくること請け合いです。

しかしこの人は、自分の運命を決定づける人生のさまざまな局面で、
出会うべき人に会っているんですね。

この「引きの強さ」は、生きる情熱の強さゆえなんでしょうね。

命に限りがあることを受け止める、だからこそ充実した生き方ができる

生き物のなかで、人間だけが命の終わりを知っており、
それについて考えることができる


これからも色々と冨安社長から学びたいです!

ちなみにこの本、自分が読む前に嫁に読了されてしまいました。

「株買ったんだよね。優待もあるんでしょ?
 もしも私が死んだら、ティアでお葬式をやってよ」

恐るべき影響力。。。
私が何を言っても聞かないのに(笑)

冨安社長がいる限り、この会社は大丈夫。
まだまだ先のことでしょうけど、次の社長にどんな人物を送り込んでくるのか?
そんな遠い未来まで見守っていきたいと思える会社ですね。

投資する上でのネックは株価が既に上がってしまっていて、お値打ち感がないことです。
今は想定外の安値で買える銘柄がいくつもあるので、どこかで追加投資したい気は
あるのですが、どうしても後回しになってしまいます。

でも業績の踊り場では、「応援買い」をさせていただきますよ!

「日本で一番『ありがとう』と言われる葬儀社」、きっといけますよ。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (12)