ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

吉田繁治「ザ・プリンシプル」を読む

2009-09-30 05:48:26 | 読書
最近、量販店のPB商品に対する抵抗感が急激に薄れ、
ユニクロ・ニトリといったデフレに強い小売業は勢いを増すばかり。

お財布の紐がきつくなっている昨今、EDLP(エブリデー・ロー・プライス)
に対するニーズは確実に高まってきている気がします。

で、読んでみたのがこの本。雑誌「商業界」に連載された記事が元になっています。
ウォルマート創業者であるサム・ウォルトンがなぜ世界一の小売業を作り上げる
ことができたのか、その「原則(プリンシプル)」を100項目にまとめています。

ザ・プリンシプル サムウォルトンが実践した経営の成功原則100
吉田 繁治
商業界

このアイテムの詳細を見る


いや~非常に勉強になりました。

ウォルマートと言うと、日本では西友がうまくいっていないので恐るるに足らず、
といった風潮があります。

しかし、サム・ウォルトンが田舎の小さな雑貨店から商売を始めてから、
45年で売上と利益で世界ナンバーワンとなるのですから、やはりそこには
学ぶべき普遍的な法則があるのではないでしょうか。

ということで、この本で書かれている「原則」について今後触れていきたいと思います。

それにしても、1970.10.1に公開されたウォルマートの時価総額は22年で3万倍になったとか。
草創期の社員は億万長者に。。。

ここまでとは言いませんが、そんな夢のある株を持ってみたいものですねえ。

持株がエブリデー・ロー・プライス(爆)
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (8)

中途半端な下げですね

2009-09-29 00:00:01 | 投資日記
昨日は88円台まで行き、日経も一時1万円割れましたが、持株・監視銘柄を見てますと
何もかもが下げてる訳ではないので、まだ恐怖を感じません。

正直、人災で下げた感じもしますし、二番底が来るときはこんなものじゃ
済まないんでしょうね。

週末の時点で下げると思ったので、いくつか指値を出しておいたのですが、
買えたのは 【1716】第一カッター興業 のみ。買い増しです。

昨日のチャートの通り、ここはなかなか上がりもしないし下がりもしないのですが、
長い下ヒゲをつけるときは少しずつ拾っていきたいですね。

カッターを買ったー、ナンチテ。
休みボケで疲れてますね。カッタるい(ダメだこりゃ)。

本当に買いたい銘柄は下がんないどころか、上がったりもしてます。
まだまだ我慢のしどころ。待機資金として1ヶ月満期で回している定期は、
解約を見合わせ。

わが家の9月末の監査がありますし、中途半端な所で妥協して下げトレンドの
銘柄をナンピン買いしないよう、注意したいと思います。

それにしても、任天堂とディー・エヌ・エー、どこまで下げるんでしょう?

早よ寝よっと。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (6)

1716 第一カッター興業

2009-09-28 00:00:01 | 銘柄研究
昨日の「切るビル」の会社、1716 第一カッター興業(JASDAQ)です。



環境に優しいダイヤモンド工法・ウォータージェット工法を武器に、
切断・穿孔工事に特化した事業を行っております。まさに「切るビル」。

21/6期は減収減益決算だったのですが、それでも売上総利益率 30.8%、営業利益率 7.4%と、
建設業とは思えない利益率を確保できています。自己資本比率も 79.3%と文句無し!

真のPERは1倍台。
公共工事削減・民間設備投資低迷の流れは明らかで人気がないのは分かりますが、
それにしてもちょっと安すぎるのではないでしょうか。

原価構造を見ると、赤字になりにくい体質であるのが分かります。

20/6期の有価証券報告書を見ると、完成工事原価 47億円のうち 27億円が外注費。
付加価値をしっかり頂いちゃった上で、原価は変動費化ができている。
組織もスリム。これは強い!

ということで、株主資本毀損のリスクについては、考えなくても良さそうです。

株価の方はリーマンショック後ず~っとヨコヨコ。
でもこれからの時代、伸びる可能性を秘めているのではないでしょうか。

ダム問題に象徴されるように「モノづくり」(建物・橋梁・道路)が限界を
迎えてきている一方で、当社の出番となる「モノ壊し」あるいは「モノを造り変える」
といった需要はまだまだある気がします。何せストックは膨大。
戦後造られてきた建築物は、耐用年数に差し掛かってきています。

あと、ヒューザーの耐震偽装問題で急騰したように、都市部での震災があったりすると
材料視されることもありそう(あって欲しくないですけど)。

コネ入社禁止。お中元・お歳暮もお断り。世間のしがらみも切るッ!
素晴らしいじゃないですか。

もう少し配当利回りが良ければ、準主力級にしたいところ。
そこんとこ、よろしくお願いします。

無成長産業の中の、優良企業です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (14)

切るビル

2009-09-27 00:00:01 | 投資日記
今日はゲームのご紹介。



タイトルは、
出動!!第一カッター興業」(通称:切るビル、リンク先でflashゲームができます)

次々現れるビルや橋梁を、いくつかの武器で切りまくる!

実はこれ、【1716】第一カッター興業 のリクルート用サイトなのですね。

ゲームの体裁を取ってますが、これが会社の業務内容そのものであり、
ゲーム終了画面のリンク先で社長・先輩社員の働きぶりが分かる仕組みに
なっております。うまいアピールの仕方を考えましたね。つかみはOK!です。

2~3年程前に一部で話題になりましたが、まだ毎年更新はされているようです。
私もやってみましたが、社長(真ん中の黒サングラスの男)をはじめ、社員の皆さんの
ノリノリぶりが笑えます。オープニングのチープな動画がいいですし、ゲーム自体も
なかなか面白いです。これならタランティーノも評価してくれそう?

なぜ今さらこれを紹介したのかというと、先週ここの株を購入したから(爆)

調べてみると、コレがなかなか投資先としても面白いんですよ。
詳細は日を改めてということで。

キレのいい人材が集まるのか!?
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (12)

09年9月箱根旅行2日目

2009-09-26 00:00:01 | 鉄道旅行~関東
箱根旅行2日目です。



桃源台からロープウェーに乗ります。



着いた先は大涌谷。水蒸気モワモワで、硫黄の匂いが充満しております。



朝10時前だというのに、結構な人出です。
シルバーウィークは近場へ旅行する人が多かったのでしょうか。



大涌谷と言えば、誰もが買わざるを得ない雰囲気の黒玉子。
1個食べれば7年寿命が延びる!



温泉池に1時間程つけるそうです。温泉に含まれる硫化水素と鉄分が結びついて、黒く変色するのだとか。



これは噴煙地近くの「玉子茶屋」と、駅近くの観光センターとを結ぶ玉子専用ロープウェー。
娘が乗りたがってました。が、乗ったら一生高所恐怖症になりそうな気が。。。



晴れていたので、富士山もうっすらと。
結構長く居たので、硫黄にやられたのか頭が痛くなってきました。。。



また桃源台に戻りまして、海賊船の停泊する芦ノ湖を眺めます。
プカプカ浮かんでいるアヒルのボートが可愛い♪

帰る途中、相原精肉店さんに寄って、メンチカツやらコロッケやらを買い込みました。
あったかいうちに外で食べるのも乙なものです。



これは家で食べたスペアリブ。
ここは何を食べても美味かったですね。芸能人もよく訪れるみたいです。
ローストビーフが絶品らしいので、次行くことがあればチャレンジしたいです☆

ということで、箱根旅行記終了。
美術館巡りやら、箱根スイーツやらは完全無視、移動範囲も狭く
安上がりに済ませたのですが、結構充実した小旅行でした。
さすが一流の観光地ですね。

とは言え、気ままな一人旅の方が好きだなあ。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (12)

3265 ヒューリック 売り

2009-09-25 00:00:01 | 投資日記
やはり連休をはさむと、トレードしたくなりますね。

昨日は大きく値を上げた、3265 ヒューリックを100株残して(優待用です)売り実行。
手許資金が心細くなってきたし、相場の強さに違和感があったので。。。

不動産賃貸業なので地味な値動きかと思いきや、時折突発的に上げることがあるようですね。
踏み上げだったんですかね。400円ちょっとの所から買い始めて、
目標としていた800円に到達したので、一旦利確です。
(800円では売れなかったですケド、まあいい所で売れました)
ちょっと押したら、また買い戻すことも考えます。

銘柄自体には長期投資、その中で株数を増減させるというのが自分には合っているみたいです。
少しずつ利食いながら、上昇トレンドに乗っかっていければと思います。

代わりに新規銘柄を1単元だけ打診買いしました。
小田原機器に懲りず、バリュー系です。
まあ別に隠さなくてもいいんですけど、ちょっと勿体ぶって引っ張ってみます。

よし!儲けで秋冬は旅行に行くぞ~!
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (4)

09年9月箱根旅行1日目

2009-09-24 00:00:01 | 鉄道旅行~関東
ネタに困ったら、旅行記。
ってことで、早速箱根旅行の記事をアップします。

カテゴリは「鉄道旅行~関東」としていますが、今回はロープウェイ以外の移動手段は車でした。

まず1日目。
裏道の湖尻峠から箱根入りしたので、スイスイっと着けました。
ただ箱根の中は、車多かったですねー。



仙石原のススキです。

まだ緑も多く、ピークは10月下旬頃なのかな~と思いましたが、
陽の光を受けて黄金色に輝く穂は、この時期でも十分美しかったです。

さすがに全国的に有名な場所ですね。



お昼は「銀の穂」で湯葉わっぱめしです。
あっさり味が一番と感じる年齢になりました。。。

この後、さっそく宿に向かいます。
今回泊まったのは、伊藤山荘さん。

設備は古いですが、それがかえってレトロな雰囲気を醸し出していてGOOD。
貸切にできる内風呂・露天風呂。
そして絶品の朝食の卵焼き。

何をするにも物価高の箱根の中で、コストパフォーマンス最高の隠れ家的お宿でした!
(この時期で、6,000円/人也)

今回はのんびりするのが目的なので、さっそく露天風呂に入り、
4時頃までゴロゴロしておりました。



夕飯を食べに外出。途中、箱根湿生花園に寄ります。
この写真の花は、サワギキョウだったかな。

北海道に行ってからというもの、湿原が妙に気になるろくすけであります。
ちょっと花が少なかったですね。5~7月に訪れるといい感じなのでしょうね。



夕飯は「勝馬亭」(競馬ファンの聖地!?いやいや関係ありません)の「お狩り場焼・野鳥コース」。

網焼きのお店です。周りは小洒落たフランス料理のお店が多く、消去法でここを選んだのですが、
意外と良かったです(写真はブレてダメダメですが)。

塩で食べる地鶏、脂が乗ってて旨かった!!
最近焼肉はお腹が辛いお年頃となってきましたが(情けない・・・)、鶏ならイケますね!

今回は安上がりの箱根旅行です。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (10)

小田原危機

2009-09-21 18:11:19 | 銘柄研究
箱根に行くからという訳ではないのですが(明日、明後日で行きます)、
7314 小田原機器 についてコメントします。

7月末の業績下方修正が効きまして爆下げし、私の持株も含み損に転じましたが、
現在は出来高も枯れてヨコヨコで推移しております。

バスの運賃箱を製造しているのですが、基本的にバス会社ごとの特注で生産しており、
当社の読みはさほど外れない思っていたので、大幅下方修正は意外でした。
3月に上場したばかりだと言うのに、これは酷い。。。
金曜日なんて、400株(4単元)しか出来高無かったです。

これじゃ小田原機器ならぬ、小田原危機だな。

何せバス業界を取り巻く環境が悪い。

・赤字の路線バスを補填していた高速バスが、高速無料化の影響で打撃を食らう。
 従って、ただでさえ苦しいバス会社の経営がますます苦しくなる。
 (まあ、今に始まったことじゃないですが)

・そもそも地方の路線バスは年々減っている。

成長性ゼロの業界で、上がるキッカケはなかなか無さそう。

ただ、

・PBRは 0.44

・流動資産 41.1億円-流動負債・固定負債 9.3億円= 31.4億円>時価総額 21.4億円

と、資産面からは相変わらず超ディスカウント状態。
極端な話、いますぐ清算してもらった方がいいかもしれない。

ここから大きく下げることは、余程のことがない限り考えにくい。
悪材料も出尽くした感がありますし。

・ここは我慢して、篭城すべきか・・・
 (今損を確定させなくてもいいかな・・・)

・小田原城を放っぽり出して、新たな城を築くべきか・・・
 (とはいえ、こんな銘柄に資金を固定化させておくのは勿体ないよね・・・)

頭の中のろくすけAとろくすけBとで、小田原評定が繰り広げられております。

歴史上では篭城は失敗だったようですが。。。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (17)

箱根に行ってきます

2009-09-20 17:35:02 | 投資日記
やっぱり家にずっと居ると、気分的に煮詰まる。。。
せっかくのシルバーウィークにどこも行かないのは何だかな~ってことで、
1泊2日ですが箱根に行ってきます。

一人旅は遠くへ、家族旅行は近場で。それがろくすけ家のジャスティス!
(娘ちゃんが大きくなったら、遠くにも行くからね。たぶん)

しばらくカメラも触ってなかったので、楽しみです♪

ということで、次の更新は連休明けになるかも?
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (12)

井上理「任天堂 “驚き”を生む方程式」を読む

2009-09-19 17:15:35 | 読書
家でのんびりと本を読んでます。

本当は列車に揺られ、車窓を楽しみつつの読書(+居眠り)が自分にとっての
至福の時なんですけどね。

任天堂 “驚き”を生む方程式
井上 理
日本経済新聞出版社

このアイテムの詳細を見る


今日はこの本の紹介です。
- なぜ任天堂は人々に驚きを与える商品を世に出し続けられるのか? -

著者は日経ビジネスの記者だったこともあって、岩田・宮本・山内といったキーマンへの
直接取材に紙幅を割いているのが良いです。

花札屋からの歴史や、各人のパーソナリティ・着想に焦点を当てているので、
ドキュメント風な読み方もできます。

書いてあることは既に断片的に知っていることが多かったですけど、
それを一冊でまとめる読めるのがこの本の魅力ですね。

あまり実態が表に出てこなかった任天堂という企業を知るには、もってこいの本だと思います。

「社是、社訓がないことが、任天堂イズムなんですね。
 だって、社是、社訓の通りに動いていたら
 人々(お客さん)は飽きてしまうから」 (岩田聡社長)

逆説的ですけど、勝利の方程式がないのが、任天堂の強みなんだと思います。

・常に流動する環境の下、特定の観念に縛られない

・娯楽原理主義

・ソフト体質 (言葉の意味については こちら をどうぞ)

それにしても特異な才能が集結される、この会社の磁力、スゴいですね。
そしてソフト・ハード一体となった、綿密な摺り合わせ。
ある点で、非常に日本的な企業だと思います。
(そこがよく比較される、アップルとの違い?)

ちなみに、私の投資先も「ソフト体質」重視、ユニークな仕組み作りに長けている
企業重視で行こうと思います。
そんなわけで、「ろくすけカブス」の4番の座は揺るぎません。

目先上がる材料は全然ないですが、いずれは新たな「驚き」を出してくるハズとの想いを強くしました。
それまでにゆっくりと買い集められればと思います(ミニ株ですが)。

目標は単元株。それまでは騰がらないで。。。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
ポチッとお願いします
コメント (8)   トラックバック (1)