ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

優待株投資をお休み中。

2017-08-28 00:14:13 | 投資スタンス
日本株の保有銘柄を数えてみたら、今現在で18銘柄でした。

株価上昇に伴い優待株をどんどん減らしていった結果、純粋な優待株(優待が無ければ買っていないであろう株)は、バルニバービ、ビックカメラ、クリレスHDの3銘柄だけになってしまいました。

待機資金の置き場として優待株は重宝していたのですが、最近はいわゆる「総合利回り」(配当利回り+優待利回り)が4%を上回れば上等という状況。

リスクリターンのバランスが崩れてきたと感じており、新規の優待株投資には二の足を踏んでいるのが現状です。
これくらいの利回りだったら、無理に買わずに非優待株のバリュー株に回すか、現金のままでも良いのかなと。

思えば、桐谷さんが「月曜から夜ふかし」に初登場したのが2013年1月。
以降、マネー雑誌も毎月のように優待特集を組むようになり、その頃から急速に「総合利回り」が低下していったように思います(そもそも「総合利回り」がこの意味で使われることは、以前は無かった気がします)。

みきまるさんとwww9945さんが本を出された2012年9月頃は、まだ魅力的な優待株はいっぱいあったんですけどね。。
優待が市場昇格狙いに露骨に使われるようになったのも大きいかもしれません。

そもそも自分の普段の生活を振り返ってみると、「自然体で」優待を使える場面ってあまりないことに気付きました。
チェーン店で外食したり飲み歩いたりしないですし、昔はコスパが非常に良かったドーミーインも宿泊料上昇に伴い使わなくなりました。

残念ながら私は桐谷さんとは違い、権利取得や優待消化のためにあくせく動く自分を楽しめないこともあり、しばらく純粋な優待株の投資はお休みするつもりです。

この分野は嫁さんに任せます。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
『株』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 東京湾フェリー~北海道&東... | トップ | 会津若松へ~北海道&東日本... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (imawac)
2017-08-30 23:34:28
手段が目的になるのは避けたいです。
imawacさん、こんばんは (ろくすけ)
2017-08-31 21:16:53
そうですね。
優待は株価形成の一つの材料ではありますが、あくまでオマケなのだという意識を忘れないようにしたいです。

コメントを投稿

投資スタンス」カテゴリの最新記事