ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

フィデリティー・ロープライスド・ストック・ファンドの現在の保有銘柄

2018-01-21 23:22:40 | 投資日記
日経マネー3月号で、Fidelity Low-Priced Stock Fund(FLPSX)のポートフォリオマネージャーであるジョエル・ティリングハスト氏のインタビューが掲載されていました(個人的には、これだけでこの号は「買い」です)。

このファンドは、その名が示す通りバリュー投資のスタイルを採用しています。
米国だけでなく海外の小型株にも投資していて、日本株も10%弱含まれているのが特徴的。
株主として「BBHフィデリティロープライスドストックF」などの名で表記されているのを時々見かけますよね。

私も昔(アベノミクス以前)は銘柄探しに良く活用させてもらっていました。
BtoCを中心に、事業内容の理解しやすいバリュー株の宝庫で、個人投資家にとってはありがたい存在でした。

現在の保有銘柄は四季報の株主データから探すこともできるのですが、直接ファンドのポートフォリオを見た方が早いです。

リンク先はコチラ
「Quarterly Holdings Report」タブ、9ページ以降の「Developed Markets」から日本株がズラリと並んでいます。
(この記事を書いている時点で、直近は2017年10月分です)

私の保有株だと、

Relo Holdings Corp.(大躍進です)
Kusuri No Aoki Holdings Co. Ltd.(この英語表記、何とかならぬものか)

を未だに持っていて、握力の強さはハンパないです。

ただよくよく見ると、大口ではドン・キホーテがいつの間にか消滅していたり、ソニーフィナンシャルホールディングスが新たに入っていたりと、メンテナンスはそれなりになされているようです。
比較的最近の上場銘柄ですと、ジャパンミートも組み込まれています。

ジョエル・ティリングハスト氏は、ブルームバーグのこの記事の通り米上場企業数減少を嘆いています。
一方で、日経マネーの記事によれば「日本の小型株に最も注目している」そうですから、これからのファンドの構成銘柄の変化にも着目していきたいところです。

まだまだ日本の中小型株、いけそうですね。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

ポチッとお願いします
『株』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 大阪の「みんなで株トーク」... | トップ | 元祖串かつ だるま 新世界総... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

投資日記」カテゴリの最新記事