ろくすけの長期投資の旅(旧ブログ)

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

夏焼集落~14年7月飯田線秘境駅の旅その8

2014-08-02 23:56:24 | 鉄道旅行~中部・北陸


夏焼隧道を出ますと、目の前は佐久間湖(佐久間ダムによって堰き止められたことにより生じた人造湖)です。



出口から左に向かって歩くと、すぐ通行止め。
車が停めてあるということは即ち、あのトンネルを行き来しているということ。
自分はとてもあそこを運転する気にはならない。。



逆方向に歩いていくと、はるか上の方に階段らしきものが見えます。集落はあっちの方ですね。
せっかくここまで来たし、時間はたっぷり取ってあるので向かうことにします。



程なく車道が途切れてしまいました。

しばらく進むと道路標識が道脇に置いてある場所が!車が通れる幅ではないので、ここを通るとしたら原付ですかね。



集落までの簡易モノレールが見えてきました。ここからはいよいよ階段を登っていきます。



小雨のせいもあり、なんだか古代遺跡に向かっているような神秘的な雰囲気です。



集落にとって唯一の外界へ通ずる手段となる階段から、佐久間湖を見下ろします。
水没してしまった他の集落の存在に思いを馳せながら。。



夏焼集落がいよいよ目の前に。洗濯物が干してあり、確かに人が住んでいることは確認できました。
ただ他所者がこれ以上足を踏み入れるのは申し訳ない気がしてきて、結局ここで引き返すことにしました。

この集落の存在に人間の生命力を感じました。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ろくすけカブスのスタメン状... | トップ | 湯谷温泉~14年7月飯田線... »
最新の画像もっと見る

鉄道旅行~中部・北陸」カテゴリの最新記事