ろくすけの長期投資の旅

投資を学び、資産と自分自身の成長を
追及していきます

横暴で、下品で、間違いだらけの株式市場に生きる。

2018-11-18 21:42:19 | 投資スタンス
昨日の日本管理センターの記事は、恐らく過去最高の訪問者数と閲覧数であったと思います。
それだけ皆さんのクエスチョンが大きい出来事だったということでしょう。
ショックは大きかったですが、言葉にして吐き出してしまうと意外とスッキリするものですね。

今回私が得た教訓としては、ビジネスモデルや経営者を語る以前に、その企業が選んだ事業環境とその変化をよく見極める必要があるこということです。
地盤が崩れてしまっては、どんな堅固な建物もまっすぐ立つことはできないですから。
これまでは、少し建物の美しさに見とれてしまい過ぎる傾向があったのかもしれません。

 事業環境 > ビジネスモデル・経営者

株式市場全体の地盤がグラついている今、長期投資を志す者としてこれを肝に銘じたいと思います。

この週末は、今後の投資についてたっぷり考える時間となりました。

上記の件に加えて、ある勉強会の懇親会で参加者の皆さんとお話させていただく機会があり、自分なりに大きな気づきを得ることができました。
また、苦瓜達郎さんの書籍やネット記事を改めて貪るように読み返す中で、今だからこそ自分の心に染み入る箇所が多々ありました。
このところ中小型の成長株投資からの方針転換を模索しておりましたが、ひとつの答えが見えてきたような気がします。

図らずも売却資金でかなりのキャッシュができ、実際に新たに欲しい銘柄もいくつか出てきています。

苦瓜さんの仰るように、「横暴で、下品で、間違いだらけの株式市場」かもしれませんが、時間はかかったとしても本来あるべき適正な水準に戻す「引力」があると信じて、希望を持って取り組んでいきたいと思います。

ずば抜けた結果の投資のプロだけが気づいていること 「すごい会社」の見つけ方 (幻冬舎新書)
クリエーター情報なし
幻冬舎


学びは尽きないですね。やはり投資は一生モノの趣味だと思います。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
ポチッとお願いします
コメント (2)