郡上長良の亀尾島川

渓流釣り・鮎釣りのメッカ長良川の支流で、吉田川に次ぐ亀尾島川の釣果及び釣りクラブ「郡上長良・亀尾島会」の活動内容を掲載。

3月31日 亀尾島川・那比川・長良川でアマゴ釣り!

2018年03月31日 | Weblog

ここ数日暖かい日が続き、アマゴの活性は上がったのか・・・?川の状況は・・・?

午前340分名古屋を出発、一路郡上へ・・・

国道の温度計では、郡上市八幡町の吉野で2℃と先週より3℃高い・・・

午前5時30分にむとう釣具店に到着!ほどなく河合さんも到着です。

店内で雑談していると、アッ・・・8時になり釣り支度をしてキンパクを購入・・・

亀尾島川下流域も先週よりも水位は20cm下がったが、平水から見ると5cm程高い・・・

先ずは、亀尾島川の状況確認で河合さんと二手にわかれて竿を出す事にした。

      

私は、この辺りから・・・

     

ここも流してみたが反応が無い・・・ ウエイダーを履いていても水温の低さが感じられる・・・

      

この淵も探ってみたが、やはり反応が無い・・・亀尾島川下流域はもう少し水温が上がらないと・・・

河合さんも反応が無いとの事・・・ そこで、二人で那比川へ行ってみる・・・

      

下流域のこの辺りを分かれて探ってみる・・・

先週よりも更に水位が下がり、散々攻められ続けたためか反応が無い・・・

この状況では、増水後のリセット状況にならないと・・・と言う事で11時前に切り上げる・・・

さてさて、こうも反応が無いと・・・ どうするか???

それならば、二人で長良川本流へ行ってみる事にした。

車を走らせ、あちこち見ながら何処に入るか・・・

今日は、高鷲地区に成魚放流があるので大和地区から白鳥地区の境辺りで・・・

      

私はこの辺りから探ってみるが・・・既に4名程の釣りが入っている・・・

それでも一応流してみるが・・・今一だなぁ・・・

河合さんは下流の淵で順調に掛けているようだ・・・

対岸には、釣り人が1名竿を出している・・・ そこで私も対岸に渡る・・・

      

このトロ瀬を流してみる・・・

先行者の後の為、水中糸も0.08号で流す・・・ 数投目で目印が止まる・・・ 少し水中糸を送り気味にしてアワセハリ掛かり!!!

少し掘れ込みのあるトロ瀬を走り回る~ やっと来た~ 慎重にタモへ!!!(^^

      

よしよし1尾目~ 本流へ来て1時間・・・ボウズは免れた~()

掛かるパターンはこの流れの筋だなぁ!

デッドドリフトでこの流れを攻めると・・・ 水中でキラリ! 浅い流れでもアタリが出る!  慎重にイナシ、タモへ!

      

この2尾目から入れ掛かりパターンへ!!!

小気味よいアタリで竿が撓る・・・

      

ワイパー操作でイナシ・・・上流に走り出したアマゴ時間を掛けて寄せます。

      

このアマゴは22cm・・・0.08号でのやり取りは最高です!(^^♪

     

その後も・・・順調に入れ掛かり~

     

          

このアマゴも22cm楽しませてくれました。

     

          

右岸の30m区間で1時間楽しめました!

14時になり河合さんの所へ行くと・・・ この淵でめちゃくちゃ掛かり楽しめたので岩松さんも流してみたら・・・

  

そこで流してみると・・・ この撮影後に・・・ ゴツゴツ・グッ・グング~ン!!!プッツリでした~(^^)/

今日長良川本流での釣果

      

2時間本流で竿を出し後半1時間で・・・

      

17cm~22cm 14尾でした。

河合さんは・・・

           

順調に掛けられ・・・ 良型ですね!

      

15尾でした。 アッ~ 1尾差でやられました!河合さんの勝利🏆でした。(^_-)-

 

今日の長良川本流での仕掛け

私は・・・

竿・・・・・MASTER ZERO SENSITIVETYPE 01-85MY

水中糸・・・タフロン速攻XP 0.08

オモリ・・・1~2B

ハリ・・・・D-MAX 渓流ゼロBL 2号

 

河合さんは・・・

竿・・・・・EP ZERO SENSITIVETYPE 00-70M

水中糸・・・タフロン速攻XP 0.08

オモリ・・・B~3B

ハリ・・・・D-MAX 渓流ゼロBL 2号

コメント

3月24日 那比川でアマゴ釣り!

2018年03月24日 | Weblog

昨日の飲み会でやや遅めの起床で、長良川水系の那比川へアマゴ釣りです。

午前4時に名古屋を出発。

国道22号から関市を抜け、美濃市に入り長良川沿いの国道156号を北上・・・郡上市八幡町の吉野で国道沿いの電光掲示板では-1℃と低くい・・・

亀尾島川の水位も平水より20cm程く高ささ濁り・・・

午前6時にむとう釣具店に到着! すると、ほどなく、クラブの副会長の河合さんも到着です。

釣具店に来られた釣り人にも、亀尾島川と那比川は細糸を使用する人が多いですよ!と教え、狙い所とオモリの使い分けを説明して入川口を教えてあげました。(^^

さて、8時過ぎに二人で釣り支度・・・ キンパクを購入して、那比川中流域へ・・・

      

二人で上下流に分かれて入ります。

      

私はこの瀬から上流へ釣り上がります。

      

河合さんは、私のすぐ下流の瀬から釣り下って行きます。

この近辺は頻繁に釣り人が入るポイントなので、二人とも0.08号のゼロ釣法で攻めます。

私も20m程上流のザラ瀬で開きで、目印が止まり気持ち水中糸を送り気味にしてアワセます。水深20cm位のザラ瀬の開きを小気味良く走ります。

      

綺麗なアマゴです! ハリも口スレスレに刺さっており、十分送り込んでからアワセてもこの刺さり方ですから、かなり警戒心が強い感じです。

その後も、上流へ釣り上がりますがバラシが数尾と、流しにくいポイントを攻めたので仕掛けのロスが5回とトラブル続き・・・ 移動する事に・・・ 車に戻る途中・・・ あっ!竿キャップが無い・・・

一旦車に戻り、河合さんと合流しむとう釣具店でゴム栓を購入します。

11時30分何処に入るか・・・???

河合さんと相談し、ダメ覚悟で亀尾島川下流域へ・・・

私はこの辺りを・・・

      

那比川に比べると、水温はかなり低い・・・ まだ、少し濁りもある・・・ 

      

ここも、反応もなく下流へ・・・

      

ここでも、反応無く移動します。

やはり、那比川の下流域へ・・・

      

このポイントは今シーズン初めて入るポイントです。

しかし、風が・・・  あっ!! 0.08号の仕掛けを振り込もうとした時・・・ 天上糸が枝に絡むアクシデント!!!  アッチャ~(>_<)

0.08号用の天上糸が無くなり、ここからフロロ0.1号で流す事に・・・

2投目にエサに触る反応が出た!!ヨシ!

同じ筋を再度流して反応のあった所で送り込みエサをフリーの状況にすると・・目印が素直に止まる・・・そこで気持ち送り込みアワセるとハリ掛かり!

      

このアマゴもギリギリ口掛かりです。

この後も、2尾掛かりましたが、イナシ中の写真を撮る途中でハリ外れです!!食い込みが浅いのでしょうね?

一旦反応が無くなり、ハリを2号から1号にしオモリも素直な流れに馴染む様に軽くします。

この交換がバッチリでした!

      

先ず、このアマゴが釣れます。更にもう1尾追加しもう1ランクオモリを軽くして流すと・・・

トロ瀬の開きから駈け上がりを素直に流すと目印がピタッと止まり、その後上流へ・・・

      

タモで受けたらハリが外れており、かなり警戒心が強いですね。でも少しアマゴの型が良くなりました。

その後、上流のポイントで1尾追加し、数尾バレましたが、ラスト1時間30分で5尾追加しました。

      

釣果も那比川で6尾です。

      

最後に全てリリースしてきました。

今日は、ライントラブルが続発で、バラシも多く課題の残る釣行でした。

亀尾島川もまだ雪代が入っている感じなので下流域では平水になった頃に再度狙ってみようと思います。(^^♪

今日の仕掛け

竿・・・・・EP ZERO SENSITIVETYPE 01-70M

水中糸・・・タフロン速攻XP 0.08号  0.1

オモリ・・・3~5

ハリ・・・・D-MAX 渓流ゼロBL 2~1号

エサ・・・・キンパク


 
コメント

3月17日 那比川でアマゴ釣り!

2018年03月17日 | Weblog

さて、昨日の雨で今日の川の状況は・・・ と言う事で、長良川水系の那比川へアマゴ釣り~

午前330分に名古屋を出発。

途中の道の駅「にわか茶屋」で小休止していると・・・ 

スマホにメッセージが・・・ ん!おぉ~TACKLE in JAPANの加藤さんからだ~「初釣りで郡上へ向かいます」と・・・ それで急遽,むとう釣具店で合流する事に・・・(^^

長良川沿いの国道156号の電光掲示板では0℃と、ここ数日の暖かさから一気に低くなる・・・

5時30分むとう釣具店に到着すると、ほどなく加藤さんも到着!

しばし釣り談義~(^^

時間のたつのは早く7時30分前に釣り支度

     

準備後エサを購入し那比川へ・・・

     

二手に分かれて入川する事に・・・

     

私はこのポイントから攻めてみます。

水位も亀尾島川は25cm程高かったのですが、那比川は平水・・・ポイントに降りるといたる所に足跡が・・・

先ずは手前から流してみます。

そして二投目大石裏の揉み合わせで反応があり、一呼吸おいてからアワセます。

     

先ずは1尾目~(^^

しかし、振り込みやすいポイントでは反応が出ない・・・ やはり、ここ一週間でかなり抜かれた感じです。

     

それでも数尾を追加し下流へと下がりながら探って行きます。

     

ここもいつもなら数尾は追加できるポイントですが・・・

     

この1尾のみでした。

更に移動しながら、竿抜けポイントを攻めると・・・

エサに触る反応が・・・ しかしハリ掛かりしない???

どうも、流れの筋から外れると触る程度の反応だったのでガン玉を2ランク軽くして再度流すと・・・ 目印が止まり気持ち仕掛けを送り込みアワセると、瀬の開きを走り回ります。

しかし、上部に枝が張り出しているので、穂先があたりポロリ・・・

こんな感じで数ヶ所を流して数尾を追加し、11時下流へ移動します。

     

ここのポイントに入ってみます。

下流には釣り人が居たため少し上流から1ポイントのみ探ります。

ここも、定番ポイントでは反応が無いので、ここでも竿抜けポイントを数ヶ所流し、仕掛けのロスもありましたが流しにくいポイントでは出ますね!(^^

     

12時過ぎ、このアマゴで今日の釣りを終了しました。

     

今日の釣果は4時間で7尾でした。

     

今日も、全てリリースしてきました。

中流~下流域は攻め続けられた感じで、アマゴもかなりスレていますね!

仕掛けもかなりライトな仕掛けで攻めたのが良かったようです。

午後からは、上州屋関店へ・・・

     

DAIWAフィールドテスターの瀬田さんが1日店長をしているので、気になっているメガトルク急瀬を見に行ってきましたよ!

     

そして、鮎用品も購入してきました~(^^

今日の仕掛け

竿・・・・・EP ZERO SENSITIVETYPE 01-70M

水中糸・・・タフロン速攻XP 0.08号

オモリ・・・3~5

ハリ・・・・D-MAX 渓流ゼロBL 2~1号

エサ・・・・キンパク

コメント

2018渓流ゼロ釣法大会in亀尾島川まで1ヶ月!

2018年03月14日 | Weblog

「2018渓流ゼロ釣法大会in亀尾島川」の開催まで一月となりました!

この大会は、細糸での釣り技術向上を目的とした大会でです。

一般からの参加も可能ですので、皆さんの参加お待ちしています!

   

       優勝者に送られるトロフィー

 

大会内容は下記の通りとなっています。

開催日  2018年 4月14日(土曜日)

集合時間 午前6時00分

集合場所: むとう釣具店

        岐阜県郡上市八幡町那比6549-15

        ℡ 0575-63-2062

参加費:  2000円 

競技場所

  長良川上流郡上漁協管轄範囲内

競技規定

・ 使用竿は1本のみ。(予備竿の携行は可能)

・ 針は1本とする。

・   魚卵のエサは禁止。針に付けないエサ(撒きエサ)は禁止。

・   予選使用水中糸はナイロン又はフロロの0.2号以下を2m以上使用する事。

・ 予選は7時~11時00分で決勝区域を除く。スタートはクジ順位に応じて10秒毎。(車移動可)

・ 予選検量は2尾の重量で11時00分~11時30分間で行います。

  但し、再放流後生存可能な魚とする。同重量の場合はジャンケンにて決定。  検量時間外の到着は欠番として順位を決定します。

・  決勝進出は、参加人員10名未満は3名・以後5名毎に1名増え、予選最高人数30名の場合は7名が進出。

・  決勝での使用水中糸はナイロン又はフロロの0.1号以下を2m以上使用する事。

・  決勝は12時00分~13時30分で決勝区域内にて行います。(車移動可)

・  決勝検量は13時30分~14時00分で、15cm以上の再放流後生存可能なアマゴ又はヤマメの総尾数で決定。

  同尾数の場合は総重量にて決定。

  検量時間外の到着は欠番として順位を決定。決勝進出以外の順位は、予選の順位を適用し総合順位とします。

予備日 2018年4月21土曜日

注意事項

☆ 釣り鑑札は各自負担となります。

☆ 川虫等のエサは、各自で用意して下さい。

☆ 今大会での事故・怪我・盗難等は、個人責任となりますので十分に注意して下さい。

申し込み締切日   2018年 4月01日(日曜日) 厳守!

参加希望の方はコメントでお知らせ下さい! また、Facebookのメッセージでも受け付けています。

むとう釣具店にも参加申込用紙がありますので、長良川へ釣りに来られる方は是非こちらで~(^^♪

コメント

3月10日 増水の那比川でアマゴ釣り!

2018年03月10日 | Weblog

今日も長良川水系の那比川へアマゴ釣り~

このところの立て続けの降雨で長良川水系も増水続きです。

      

亀尾島川はここ一週間、平水の戻らず雪代で高水状態です。8日23:00には平水より150cmの増水・・・ 

その後は引き水となりましたが・・・

           

今日07:00現在は未だ平水より60cm高い状況で濁りが入っています。

亀尾島川に流れ込む那比川も50cm程高く、濁りは無い状況です。

むとう釣具店で、ここ一週間の状況を聞きながらしばしアマゴ談義~(^^

8時過ぎ釣り支度をし、キンパクヒラタを購入・・・

川の状況を見ながら、那比川中流域へ向かいます。

      

今シーズン未だにアタリが無かったこの場所に入る事にした。

     

仕掛けは極細水中糸フロロカーボン0.08号で・・・

      

先ずはキンパクから・・・   先週まで反応が無かった、このポイントを流します!

      

一投目でエサに触る反応が・・・ヨシ!!!  今日はイケるぞ!と確信!(^^

再度流すと揉み合わせで目印が止まり気持ち送り込みます。すると目印が凭れたので軽くアワセるとハリ掛かり~

      

先ずはチビちゃんですが天然アマゴ~ (^^♪  この辺りで4尾追加!

次に、この瀬の流れを底波に馴染むオモリを頻繁に代えながら流します。

      

ここでも綺麗に目印が止まるアタリ・・・しかし送り込まずにアワセをするとエサだけ取られます。

この時期は、エサに触る感じなので、そのアタリが出た時に水中糸を送り込む事で、エサの流れがナチュラルになり更に食い込みハリ掛かりする感じです。

再度流して、止まるアタリが出た時に送り込むとバッチリ!! ハリ掛かりです。

      

天然アマゴは綺麗ですね!  ここでも数尾追加し、この辺りでも水位が30cm程高いので、一旦竿を仕舞い国道を歩いて100m程上流へ・・・

      

枝が覆い被さるこの瀬を攻めてみます。

サイドスローで振り込みデッドドリフト状態で流します。

流しにくい場所ですが、数投目でアタリが出ます。

一定のテンションを掛けながら竿を立てる事が出来る場所に移動し引き抜きます。

      

振り込みにくいポイントでは、少しサイズが良くなりますね!(^^

その後も数尾追加します。

この近辺で4ポイントほど竿を出し、何度か竿が撓る写真を撮影しようと頑張りましたが、カメラを構えて写そうとするとアマゴがバレる事が多くありました。()

1130分迄この近辺を探り、まずまずだったので下流域へ移動してみます。

           

那比川下流域は中流域よりも水位は高いですね!

      

この葦の場所は、平水なら中州状態の所ですが、この場所まで流れがあり50cm位水位が高いですね!

数ポイント流してみましたが、仕掛けトラブルが数回あり釣りを終了しました。

           

釣果は、中流域4ポイント3時間程で14尾でした。

最後は下流域でリリースしてきました。

今日の仕掛け

竿・・・・・EP ZERO SENSITIVETYPE 01-70M

水中糸・・・タフロン速攻XP 0.08

オモリ・・・1~3

ハリ・・・・D-MAX 渓流ゼロBL 1~3号

エサ・・・・キンパク・ヒラタ

お詫び・・・・ ブログ見出し訂正です。

先回のブログ見出しで「217増水後の那比川でアマゴ釣り!」となっていましたが、「33増水後の那比川でアマゴ釣り!」の誤りでした。            ここでお詫び訂正させて頂きます。<m(__)m>

コメント

2月17日 増水後の那比川でアマゴ釣り!

2018年03月03日 | Weblog

今日も郡上へアマゴ釣り~

さて、爆弾低気圧の影響で1日降った雨・・・ この雨で亀尾島川は超渇水から85cmの増水・・・ その後は引き水となりましたが未だ平水より高い状況です。

むとう釣具店でヒラタを購入・・・

      

釣り支度をし、730分那比川中流域へ向かう・・・

      

先週この辺りの道路際には除雪した雪がかなりあったが、先日の雨で相当雪代となって入っているようだ・・・

今シーズン初めて入るポイント・・・

      

仕掛けは極細水中糸で・・・

      

しかし、反応が無い・・・ 細かく探るも・・・

      

200m下流へ釣り下がるも反応なし・・・

一旦上がり車で下流へ移動する。

150m程を細かく探るも無反応・・・

      

このポイントでも反応が無く、また車で移動する。

今度は、上流域へ・・・

上流域は道路際に積雪があるがどうだろう???

11時過ぎの数ヶ所目で反応が・・・

再度エサのヒラタを付け替えて流すと目印が止まり、気持ち送り込みアワセるとハリ掛かり~(^^

      

イワナです。サビが入ってますね!

その後もエサに触る反応が・・・ その後は反応無く移動です。

下流に車を走らせます。

      

12時になり最後のポイントはここで・・・

アマゴを1尾追加し終了です。

      

那比川も先週から見ると水位も20cm高く、雪代が入って水温は低いですね!

あと、1~2回増水すれば那比川も本番突入かも~(^^

今日の仕掛け

那比川中流域

竿・・・・・・・EP ZERO SENSITIVETYPE 01-70M

水中糸・・・タフロン速攻XP 0.08

オモリ・・・・3~4

ハリ・・・・・・D-MAX 渓流ゼロBL 2号

エサ・・・・・・ヒラタ

那比川上流域

竿・・・・・・・PRIME TECHNICALTUNE 60

水中糸・・・タフロン速攻XP 0.1

オモリ・・・・3~4

ハリ・・・・・・D-MAX 渓流ゼロBL 1号

エサ・・・・・・ヒラタ


 


コメント (2)