郡上長良の亀尾島川

渓流釣り・鮎釣りのメッカ長良川の支流で、吉田川に次ぐ亀尾島川の釣果及び釣りクラブ「郡上長良・亀尾島会」の活動内容を掲載。

減水の亀尾島川でアマゴ釣り2回目に挑戦!!!

2009年05月30日 | Weblog

午前2時過ぎ、アマゴ釣り2回目の樹神君と名古屋を出発した。

ここ数日の雨で水量が増しているのを期待し、国道156号を北上し午前4時郡上市八幡町那比のむとう釣具店に到着した。

釣り支度を終え、エサのヒラタとミミズを購入し亀尾島川下流部に架かる大奈良橋へ向かった。

川原に下りると、20cm程減水しており、また、足跡もかなりありここ数日の間にかなりの釣り人が入ったようだ。

私は樹神君の後を釣り上がることにし、釣りを開始したがやはりアタリが少ない。

釣れるアマゴはリリースサイズばかり、寺本地区に入ると樹神君が取り込んでいる。

    タモの中は20cmのイワナ!

その後、場所を移動する事にし、長良川本流大和地区の七つ石で竿を出したが、釣れてくるのはシラハエばかり、他の釣り人に聞いてみると今日はまったく釣れないとの事、その為、亀尾島川に戻る事にした。

モウレから雛成瀬を攻める事にし、まず、モウレ下流へ樹神君もイワナのみでアマゴが釣れていないのでサポートする事に!

 

   数匹バラシた後、上手く取り込んでいる

   今日1匹目のアマゴです。

場所をヤナ瀬から雛成瀬へと順次移動しながら数匹追加。

   雛成瀬の淵で樹神君の竿にアタリが・・・  慎重にイナシて・・・ 

    そしてタモへ

 

 次に、私が竿を出し浅場に誘導し取り込んでいます。

    このアマゴで昼過ぎに終了した。  

      今日も楽しくゼロ釣法が出来たと  樹神君   

又、0.1号でのゼロ釣法を本格的に覚えたいと、『郡上長良 亀尾島会』入会されました。

   本日の釣果 リリース後のアマゴ7匹・イワナ1匹        

鮎情報・・・亀尾島川の寺本地区と雛成瀬で良く食んでいる様子が見られました。大奈良橋付近では群れている状況です。百淵下流でも食んでいるのが見えます。5/30現在

いよいよ来週日曜日に鮎釣り解禁となりますが、マナーを守りトラブルの無いように、釣り人の皆さん宜しくお願いします。

       むとう釣具店からのお知らせ

  待望の鮎シーズンが近付いてまいりました。

 今年の鮎解禁日は来る6月7日(日曜日)と決定しましたのでお知らせします

どうぞ今シーズンも那比川、亀尾島川の清流にて鮎釣りを楽しんで下さい。

 皆様の元気なお顔に逢えるのを、お待ち申しております。

 遊漁料金  一般の方  年  券 10.000円 (写真1枚必要)                    

                日釣券  2.000円

  尚、70歳以上の方、障害者の方は半額となりますが、免許証・保険証・障害者手帳などの身分の証明が出来るもののコピー1枚と写真1枚 絶対に忘れない様にご持参下さいますようお願いいたします。

 当店では、釣竿・・・シマノ・ダイワ・がまかつ等各メーカー品をはじめ、釣具一式・種鮎・釣りエサ・菓子を取り扱っております。

   遊漁証取扱所  むとう釣具店    TEL 0575-63-2062

 郡上長良・亀尾島会からのお願い。

 アマゴの持ち帰りは必要最小限にして頂き、出来るだけ再放流して頂ければ次に来られた時にも、渓流釣りでアマゴと楽しむ事が出来ると思いますので、釣り人の皆さんご協力お願いします。

  空き缶・ゴミ等は、川や川原に捨てずに必ず持ち帰って下さい。

 川をきれいにし、いつ来ても気持ち良く釣りが出来るように、釣り人の皆さん宜しくお願いします。  

                    郡上長良・亀尾島会

 にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村">  http://blog.with2.net/link.php?779188   

コメント (5)

出たぁ~! 亀尾島川でサツキマス40cm!!!

2009年05月23日 | Weblog

 AM2時40分名古屋を出発。途中小牧市の井上さんを迎えに行き、一路国道156号を北上。

 朝靄の中、郡上市八幡町相生を左折、亀尾島川の大奈良橋の所で会員の佐久間さんと片岡さんが釣り支度、車を止め入川場所を確認し、AM5時過ぎむとう釣具店に到着。

 釣り支度を終えエサのヒラタを購入、亀尾島川の宮ヶ瀬橋下流に入川する事にした。川に下りると、昨日の雨で20cm程水位が高い、先週、井上さんが入川した大場所に向かうと先行者がいる。

 その為、二人で上流の瀬で竿を出す事にした。

         写真は、0.1号でのゼロ釣法をする井上さん

 

 小型のアマゴが多くリリースサイズがほとんど。

 AM8時下流の大場所に戻り先行者に話を聞くと、先日ここで良型アマゴが釣れたが今日は釣れないとの事。

 先行者が場所移動したので、その下流へ向かうと釣り人が・・・

       そう、亀尾島会会員の大物釣氏 片岡さん

 片岡さんのもとへ行き釣果を聞くと『先行者が移動したので、その後に竿を出したらサツキマスが釣れた』写真1枚目 また、サツキマスを釣ったあとに、アマゴが釣れ出した。

 むとう釣具店でサイズを確認すると40cm!! 綺麗なサツキマス!!

 片岡さんは、2週連続のサツキマスゲット!! 

 ロッド・・・EXPERT ZERO ⅡPOWERTYPE 05-85MG

 水中糸・・0.25号

 エサ・・・・ミミズ

  さて、私と井上さんは場所を移動し、百間淵堰堤下流のウマコシ瀬へ

 竿を振込むとアマゴの反応があり、井上さんにこの場所を譲り、私はこの上下流を拾い釣りする事にした。

 上流に数歩歩き出したら、井上さんにアタリが・・・イナシている。

  無理をしないように十分弱らしてから取り込むように  と一声かける!

 

 アマゴの顔を水面から出して取り込みに・・・そしてタモへ

 

 その後、12時迄釣りをし、私は11匹 井上さんは8匹でした。

 リリースサイズを除く匹数です。

   むとう釣具店からのお知らせ  

  待望の鮎シーズンが近付いてまいりました。

今年の鮎解禁日は来る6月7日(日曜日)と決定しましたのでお知らせします

どうぞ今シーズンも那比川、亀尾島川の清流にて鮎釣りを楽しんで下さい。

皆様の元気なお顔に逢えるのを、お待ち申しております。

遊漁料金  一般の方  年  券 10.000円 (写真1枚必要)  

                日釣券  2.000円

  尚、70歳以上の方、障害者の方は半額となりますが、免許証・保険証・障害者手帳などの身分の証明が出来るもののコピー1枚と写真1枚 絶対に忘れない様にご持参下さいますようお願いいたします。

当店では、釣竿・・・シマノ・ダイワ・がまかつ等各メーカー品をはじめ、釣具一式・種鮎・釣りエサ・菓子を取り扱っております。

  遊漁証取扱所  むとう釣具店    TEL 0575-63-2062

 郡上長良・亀尾島会からのお願い。

 アマゴの持ち帰りは必要最小限にして頂き、出来るだけ再放流して頂ければ次に来られた時にも、渓流釣りでアマゴと楽しむ事が出来ると思いますので、釣り人の皆さんご協力お願いします。

  空き缶・ゴミ等は、川や川原に捨てずに必ず持ち帰って下さい。

 川をきれいにし、いつ来ても気持ち良く釣りが出来るように、釣り人の皆さん宜しくお願いします。

                      郡上長良・亀尾島会

    にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村">  http://blog.with2.net/link.php?779188  

 

コメント

渓流釣り初心者がゼロ釣法に挑戦!!!

2009年05月16日 | Weblog

 会社の同僚 樹神君が渓流釣り初挑戦!!!

 以前より、渓流釣りをしたいので、一度連れてって下さい。との依頼があり、今回ゼロ釣法での渓流釣りを亀尾島川で行う事にした。

 午前5時過ぎに、郡上市八幡町那比のむとう釣具店に到着、ここ数日の状況を聞き、日釣券とエさのヒラタとキジを購入し準備に取り掛かった。

 準備後、亀尾島川の高橋上流に入川する事にし、川に下りてみると20cm程減水している。

 樹神君には、アマゴを釣る一連の動作流れを見てもらうために、樹神君が使用する竿・仕掛けで、私が1匹釣る事にした。

   竿・・・・・・・トライアンゼロセンシティブタイプ 02-70MC

   天上糸・・・0.3号移動式クッションリングリリアン使用

   水中糸・・・TORAY将鱗 渓流釣聖GS 0.1号

   目印・・・・・赤・緑・白

   オモリ・・・・3号

   針・・・・・・・D-MAX渓流ゼロBL 2号

 この仕掛けで、瀬脇のICパターンを流すと2投目でヒット! 竿を上流に倒して一定のテンションを与えてアマゴが弱ってからタモで受け、引船にアマゴを入れた。

  いよいよ樹神君の初渓流釣りです。

 私は、サポートするため竿を持たずに指示をします。

 まずは振込み、仕掛けが手前にふわりと落ち思うようにポイントに入りません。

そこで、竿の弾力を利用し仕掛けを振り込む練習のため、狙いを決めて幾度と無く繰り返すうちに、そこそこポイントに入るようになり、次に、仕掛けを流れの筋に修正して目印を垂直に立てて流すようにアドバイス・・・

 すると、目印が止まりアタリがあるが、樹神君にはそれがアタリとは解らないので、私がハイと声を掛けて合わせるタイミングをつかんでもらう事にした。

その後、針掛かりするも9匹をイナシ中にバラシてしまう。そこで、慌てずにもっと竿を上流に倒して一定のテンションを保ちながら、時間を掛けてアマゴを弱らせてから寄せるようにと一言・・・

 そして、10匹目が掛かり竿を倒して慎重にイナシている・・・

 

 慌てずにアマゴを弱らせ、水面にアマゴの顔を出し滑らすようにしてタモへ!!!

  

             初のアマゴ満面の笑顔です。

 その後、何匹かにエサを取られたりバラシたりを繰り返しながらも、7匹目を取り込んでいます。

 午前8時前、そろそろ私も竿を出しこの場所を9時まで釣り、ここでの2人の釣果は、樹神君が11匹、私が7匹です。

 初めてのアマゴ釣りでこの釣果は立派だと思います。

 その後、百間淵下流に移動し私が24cmと18cmの2匹を追加、樹神君は良型を2匹バラシてこのポイントを後にした。

 最後に荒倉に入川する。

 1名釣り人がおり釣果を聞くと釣れないとの事、それでも私が1匹釣り雨が強く降り出したので昼過ぎに終了した。

 最終釣果は二人で21匹でした。

 樹神君もゼロ釣法でのアマゴ釣りがこんなに楽しいとは・・・最高でした。

5/16釣果情報・・・会員の片岡さんが長良川本流の相生地区で、サツキマス(36.0cm)1匹と幅広本流アマゴ1匹.。又、会員の佐久間さんもこの地区で幅広アマゴを1匹、その後大和町の七つ石でも幅広アマゴを6匹釣り上げています。また、会員の井上さんも0.1号でサツキマスを掛けましたが、粘った末に針が外れてしまったと連絡がありました。残念!!!

    むとう釣具店からのお知らせ  

  待望の鮎シーズンが近付いてまいりました。

今年の鮎解禁日は来る6月7日(日曜日)と決定しましたのでお知らせします

どうぞ今シーズンも那比川、亀尾島川の清流にて鮎釣りを楽しんで下さい。

皆様の元気なお顔に逢えるのを、お待ち申しております。

遊漁料金  一般の方  年  券 10.000円 (写真1枚必要)  

                日釣券  2.000円

  尚、70歳以上の方、障害者の方は半額となりますが、免許証・保険証・障害者手帳などの身分の証明が出来るもののコピー1枚と写真1枚 絶対に忘れない様にご持参下さいますようお願いいたします。

当店では、釣竿・・・シマノ・ダイワ・がまかつ等各メーカー品をはじめ、釣具一式・種鮎・釣りエサ・菓子を取り扱っております。

  遊漁証取扱所  むとう釣具店    TEL 0575-63-2062

 郡上長良・亀尾島会からのお願い。

 アマゴの持ち帰りは必要最小限にして頂き、出来るだけ再放流して頂ければ次に来られた時にも、渓流釣りでアマゴと楽しむ事が出来ると思いますので、釣り人の皆さんご協力お願いします。

  空き缶・ゴミ等は、川や川原に捨てずに必ず持ち帰って下さい。

 川をきれいにし、いつ来ても気持ち良く釣りが出来るように、釣り人の皆さん宜しくお願いします。

                      郡上長良・亀尾島会

    にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村">  http://blog.with2.net/link.php?779188  

コメント (2)

第5回ダイワ渓流ゼロ釣法大会2009in石徹白川 参戦記

2009年05月11日 | Weblog

第5回ダイワ渓流ゼロ釣法大会2009 中部地区大会が5月10日日曜日に九頭竜川水系の石徹白川で開催されました。

 5月10日午前1時過ぎに目が覚め、名古屋を出たのが2時前、郡上市のむとう釣具店に3時40分到着。予約しておいたヒラタ2パックとD-MAX渓流BL2号を購入、亀尾島会の片岡君と合流し5時に一路、石徹白へ向かった。

 石徹白のダイワ渓流ゼロ釣法大会本部で亀尾島会の伊藤君と合流し、作戦を立てるも伊藤君は石徹白川は初めて、私も28年ぶりの石徹白川、片岡君は毎年来ているがイワナ釣りとの事。そこで毎年顔を合わせている、愛知県岡崎市の鈴木君と前日から来ている兵庫県西宮市の松村君に昨日の様子を聞くと、大会本部前下流の淵がアマゴが良く釣れたとの事、だがここは決勝エリアのため予選では入川できない。

 そうこうしていると、受付が始まり入川順位が決まる。私は、74番の最終列やはりクジ運が悪い!! 片岡君と伊藤君が50番台

 そして10秒間隔でスタート、7時30分~11時30分迄の予選が始まった。

 予選では、イワナが多くて私も29cmのイワナを含む10匹を釣り上げたが、アマゴは1匹90gでした。

 予選の結果、私が1匹36位、伊藤君は0匹で予選敗退、片岡君が2匹175gで決勝進出。

 

 ここから片岡君の決勝戦レポート

 決勝進出者の水中糸の計測後、スタートです。

 片岡君のスタート順は20名中14番、本命の本部下流の淵には、スタート前半の選手が入川し、片岡君の入る余地なし。

 そのため、さらに下流100mの瀬に入川した。

 

 瀬と瀬のYパターンを流すとすぐにアマゴが釣れ、この分ならと期待するも後が続かない 。

 さらに上流20m淵へ

   

 まず、釣れたのがイワナで、続いてアマゴが釣れる。

 流れ際のたるみに魚影が見えるがイワナのようだ。

 次に、対岸の瀬際を数回流していると、瀬肩の所で目印が止まり合わせると型の良いアマゴがヒット。

 私も大岩の上で思わず、よしヤッターと声が出てしまった。

 片岡君に、『幅広の綺麗なアマゴだ』と声を掛けたその直後、ギラリギラリ白い魚体が反転するとプッツリ・・・

      オモリの上で切れた。  惜しい~!!!

 この後、アマゴが釣れることなく決勝戦が終了。

 

 決勝戦の検量結果、2匹で7位に入った。

 

 余談・・・あの幅広アマゴを釣り上げれば・・・表彰台が見えたかも・・・

 でも、これがゼロ釣法の楽しさだと3人+友人で笑いながら、次回のゼロ釣法大会で会いましょうと、この地をあとにしました。

  郡上長良・亀尾島会からのお願い。

  アマゴの持ち帰りは必要最小限にして頂き、出来るだけ再放流して頂ければ次に来られた時にも、渓流釣りでアマゴと楽しむ事が出来ると思いますので、釣り人の皆さんご協力お願いします。

  空き缶・ゴミ等は、川や川原に捨てずに必ず持ち帰って下さい。

 川をきれいにし、いつ来ても気持ち良く釣りが出来るように、釣り人の皆さん宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ
にほんブログ村">     http://blog.with2.net/link.php?779188        郡上長良・亀尾島会

コメント (4)

久しぶりのアマゴ釣り!!!

2009年05月04日 | Weblog

   アマゴとの久しぶりの対面です。

 体調の方もかなり回復し、来月7日の鮎解禁に向けて小物を買いがてら、夜中の2時30分に名古屋を出発し、小牧市の井上さんと共にむとう釣具店に到着。

 早速準備に取り掛かるも、店にアマゴ釣り2回目というお客さんがおり、アマゴ釣りについて、仕掛けや釣り方等を説明していると、あっと言う間に1時間が過ぎ川に入るのが遅れてしまった。

 朝6時30分吉田川の下津原(写真1枚目)に入渓。

 川は20cmの減水状態で足跡が・・・  上流に先行者がいたため、ゼロ釣法0.1号で釣り開始もエサのヒラタの頭を取られる程度のアタリで、やはり釣れない。

 竿抜けを探し何とか2匹を釣り、先行者に挨拶し釣り状況を聞くと夜明けからゼロ釣法で8匹釣れたとの事でした。

 井上さんも良型のアマゴを掛けるも、竿を寝かせて一定のテンションを与え、アマゴを寄せているうちに針が外れてバレてしまった。

  ここで場所を移動することに、水位が低いので長良川本流の和合橋下流にて竿を出したが、ウグイ・シラハエばかりでアマゴが釣れない、周りの釣り人もかかっていないようなので、亀尾島川に戻る事にした。

 大奈良橋下流(写真2枚目)を私が攻めてみる事に、ここも20cmの減水でアタリが渋いが2匹を追加し、さらに場所を移動し高橋上流に・・・

 ここで8匹追加し、昼過ぎに釣りを終了した。

 

釣果情報・・・5月3日会員の片岡さんが、長良川本流大和町の七つ石で幅広本流アマゴを10匹。(ゼロ釣法での釣り)

むとう釣具店からのお知らせ

 鮎用品『竿・タモ・引船・鼻冠・逆バリ・掛け針・ダブルテーパーハリス』等、鮎解禁前の準備用品を各種取り揃えております。

 鮎年鑑札は10000円(写真必要)  日釣は2000円 です。

 鮎解禁6月7日迄あと1ヶ月です。

 天然遡上も昨年に近い量で順調に来ています。

 清らかな流れの亀尾島川・那比川で鮎釣りをしてみてはいかがでしょうか?

コメント