郡上長良の亀尾島川

渓流釣り・鮎釣りのメッカ長良川の支流で、吉田川に次ぐ亀尾島川・那比川の釣果及び釣り遠征や旅行をアップしています。

6月24日 那比川・亀尾島川で鮎釣り!

2020年06月24日 | 鮎釣り

今日も郡上へ鮎釣りです。

今朝の亀尾島川は昨日から平水に戻り川の状況を見てみる。

          

亀尾島川の下流域に架かる大奈良橋から下流も新垢が付き出しました。

          

次の宮ケ瀬橋上流では、釣り人が入っています。

6時15分むとう釣具店に到着。

店主の武藤さんも、昨日に那比川の状況を確認しに行かれ、下流域でも多くの群れ鮎が見えたそうです。

今日は、午前中は那比川を探り、午後から亀尾島川に入ってみる。

先ずは、下流域から数ヶ所見ながら那比川中流域の向かいます!

          

この場所はから入ってみます。

     

ここも昨年実績のあったポイントで、今シーズン初めて入ります。

写真の上流から細かく攻めますが、チャラ瀬では反応がありません。

徐々に釣り下り掘れ込みのあるポイントの瀬を狙います。

追われる反応があり、そのまましばらく待つとキュキュンと目印が反応します。

     

先ずは1尾目ヤレヤレです。

その後も、少し掘れ込みのあるポイントを探りながら反応のある所で待つと・・・目印が走ります。

     

サイズUPしましたが、単発で後が続きません・・・ 1時間程で移動します。

次も、今シーズン初めて入るポイントです。

     

この瀬では、時折鮎が見えるので探ってみます。

瀬の中にオトリを送った瞬間に・・・ 一気に目印が引き込まれます。

     

オトリサイズの鮎です。

細かく瀬の中を探ると、目印がシューっとまたまた走ります。

     

いいサイズになってきました。

下流へ釣り下り瀬の中で気持ち良く目印が引き込まれます。

     

追星もクッキリとした鮎です。

この後も数尾掛かりましたが、荒瀬で友切れ2回深瀬で詰まりと天然鮎−5尾と数が伸びず車で昼食です。

午後1時これから亀尾島川に入ります。

先ず、予定していた場所には先行者が入られていたので更に上流へ・・・

     

この場所に入ってみます。  那比川で友切れしたので、複合ラインを使います。

瀬の開きの大石を狙ってオトリを送ると・・・ グググ~ギュ~と引き込まれます。

     

いいサイズの鮎なので、この鮎で荒瀬を探ってみます。

     

この荒瀬に入れるとググググと追われた瞬間にギュギュギュ~ンと目印が引き込まれ、荒瀬の中を走り回り中々姿を見せません・・・右岸側に寄せながら開きに誘導してタモで掬います。

     

これが今日最大の鮎で、漁協で計ったら128g漁協の方が今日一番の鮎と言ってました。

その後も、荒瀬を狙って・・・

     

     

2尾を追加! 荒瀬で掛かる鮎は楽しいですね!

この場所も1時間30分で切り上げ、更に上流の場所に移動します。

     

ここも、今シーズン初めて入る場所です。

足後があるので昨日入った感じですが、瀬を探って行きます。

瀬肩で反応が無く1段下の瀬て、掛かったと同時に下流へ走ります。

上竿になるまでためて下がり引き抜きます。

     

これも良い鮎です。

こうして瀬を細かく探り、居れば一発で掛かりますが、良さそうなポイントでは掛からず・・・

     

     

探りながら2尾を追加して15時30分終了です。

     

今日の釣果ですが、友切れ詰まりで掛かるも数が伸びませんでした。

亀尾島川も水位が落ち着いてきたので、これからが楽しめると思います。(^^♪

今日の仕掛け

那比川

竿・・・・・・・・・AVANCER 早瀬抜 80M-R

天上糸・・・・・0.6号3.5m

水中糸・・・・・アーマードプロ 0.08号4m

ハナカン・・・6.0mm

ハリ・・・・・・・楔6.5号 4本イカリ レインボーアユ6.75号 4本イカリ

 

亀尾島川

竿・・・・・・・・・GIN-EI AIR MT 早瀬抜 90

天上糸・・・・・0.8号5m

水中糸・・・・・スーパー競技ホワイト複合メタル ヘビータイプ 0.05号4m

ハナカン・・・6.0mm

ハリ・・・・・・・レインボーアユ6.75号 4本イカリ


コメント   この記事についてブログを書く
« 6月21日 那比川・亀尾島川で... | トップ | 7月17日 亀尾島川・那比川の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

鮎釣り」カテゴリの最新記事