郡上長良の亀尾島川

渓流釣り・鮎釣りのメッカ長良川の支流で、吉田川に次ぐ亀尾島川の釣果及び釣りクラブ「郡上長良・亀尾島会」の活動内容を掲載。

2019DAIWA鮎マスターズ全国大会長良川の観戦と亀尾島川で少し鮎釣り!

2019年08月25日 | 鮎釣り

2019DAIWA鮎マスターズ全国大会が岐阜県郡上市の長良川で行われているので観戦しに行って来ました。

今朝本部のウインドパークに到着すると、シード権の獲得戦が始まる所でしたので、先ずはこちらを観戦する事に・・・

      

本部前には選手の皆さんが集まっています。

           

オトリ配布が始まりました。

名皿部橋上流に向かう山口さんに密着します。

      

7時30分からの2時間がシード権獲得戦です。その前にまずは写真を!(^^♪

山口さんは左岸側から攻めて行きます。

      

反応が無いと攻めの釣りで高水の中をガンガン攻めて行きます。

瀬を細かく探り右岸側を狙います。(動画)

竿の撓りから良型が掛かったが・・・ 惜しい!!!

      

長良川の真ん中に立ち左岸側を攻めています。

2時間のシード権も終わり、本部に戻ります。

      

山口さんと共に本部に向かう瀬田君(お父さんは瀬田匡志さんです)親子で全国大会進出凄いですね!

ダイワ鮎マスターズ全国大会 決勝戦

準決勝を勝ち上がった、上田さんと清原さん 2時間での決勝戦です。

           

上田さんオトリを選択します。

      

決勝区域のセンターで開始時間を待ち、ジャンケンで上流下流の入るのを決めます。

前半上流は上田さん、下流側に清原さん、10時ホーンが鳴り始まりました。

      

上流右岸堰下の上田さん

      

下流左岸から攻める清原さん

      

上流の上田さん開始20分で3尾と好スタート!

下流の清原さんは苦戦・・・ 後半戦に入っても上田さんは順調に釣果を得ています。

そして2時間の決勝戦が終わり、本部前で検量です。

      

先ずは上田さん、次に清原さん・・・検量の結果!!!

         

上田さんのダントツ勝利でした。

      

     

上田さんおめでとうございます。

と言う事で車に戻り、クラブの河合さんと昼食を食べてホームの亀尾島川へ向かう事にした。

亀尾島川沿いのむとう釣具店でしばしコーヒータイム☕そして釣り準備をしオトリを購入、予定していた場所には先行者が居るので別のポイントへ・・・

           

ここの場所で短時間ですが竿を出す事に・・・ 河合さんが下流の瀬に入られるので私は上流の瀬に向かいます。 

亀尾島川も水位は20cm程高い状況ですが、私はこの瀬を狙ってみます。

      

開始15分瀬脇の大岩でギュギュッ~と抑え込まれるアタリです。

竿を立てると一気に走り出します。瀬の中をグイグイ引き込みます。竿を右岸側にして鮎を流心から外して引き抜き体制に・・・そしてキャッチ!

      

この鮎90gの鮎でした。

しかし、この後が続きません。45分沈黙です・・・

そこで、背バリを打ちオモリも噛ませて荒瀬に・・・ 数ヶ所目に入った瞬間にギュギュンギュ~走る走る~ 

この鮎も引きが強く楽しませてくれます。

掛かり鮎が水面を切り一気に引き抜きます。

      

この鮎ジャスト100gでした。

下流の河合さんも良型を同尾数掛けていました。

私は、時間的にここの1ポイントで終了です。河合さんは別のポイントで1時間竿を出すそうです。

亀尾今川ももう少し水位が下がれば楽しめそうです!(^^♪


コメント   この記事についてブログを書く
« 8月21日 亀尾島川・那比川... | トップ | 9月01日 高水の那比川で鮎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鮎釣り」カテゴリの最新記事