清流長良川水系・郡上で楽しむ 渓流・鮎釣り

7月30日 高水の那比川で鮎釣り!

今週は26日に釣行を予定していたが、前日の22:00に亀尾島川の水位が286cm迄高くなり急遽釣行を中止し、その後の水位を確認しながら今日釣行する事にした。

早朝の名古屋は雨模様・・・ 国道22号を北上し木曽川付近を通る頃に雨脚も強くなる・・・今日は大丈夫か・・・???

国道156号を走り美濃市を抜け郡上市美並地区に入ると小降りとなり、八幡町に入ると雨も止んでいた。

長良川本流の水位はかなり高くなっている。

     

郡上市八幡町相生地区を流れる長良川本流に架かる法伝橋です。

亀尾島川はどうだろう。。。???

          

亀尾島川下流域に架かる大奈良橋下流です。 60cm高い状況でまだまだ竿が出せる状況では無い・・・

むとう釣具店に到着です。

少し休憩して釣り支度をしてオトリを購入します。

那比川下流域から川の状況を見て行きます。

          

中流域でも水位は40cm高く、竿が出せるポイントは限られますね・・・

     

7時30分中流域で竿を出してみます。

開始5分で目印が走りました。

     

チビ鮎です。

下流に釣り下がります。反応があるポイントでしばらく待つと・・・ キュキュキュ~ンと気持ち良く目印が引き込まれます。

     

黄色い鮎でサイズUPです。

その後しばらく反応が無く下流の荒瀬にオトリを送ると・・・ ギュンギュ~ン シュ~と一気に下流に走ります。荒瀬の開きまで着いて下がり引き抜きました。

     

良型サイズです。

しかし、連続では来ないので一旦上がり移動します。

上流へ車を走らせて数ヶ所見てこの場所へ・・・

     

一本瀬のポイントです。

オモリを噛ませて流心に入れます。大石が沈んでいる所でギュンギュ~と持って行きます。

     

このサイズの鮎です。この後が続かず場所移動です。車で昼食を食べながらウロウロ・・・

     

ここは、平水時はチャラ瀬ですが水位が高いので狙ってみます。

波立ちの水通しの良い掘れ込んだポイントを狙うと・・・  ギュギュンと目印が走り下流の瀬に走ります。

     

これはいい鮎でした。

ここから3連荘で掛かります。

     

     

     

その後はパタリと反応が無くなったので、また移動です。

数名の釣り人が居ましたが、「どうですか?釣れます?」「見えるが掛からないですね」との返事です。

亀尾島川はどうかなぁ~見に行きますがやはり無理と判断して最後に那比川へ戻ります。

     

ここのポイントを1時間攻めてみました。

     

この鮎で今日の釣りを終了しました。

今日は、予想以上に水位が高く川通しが出来なく移動の多い一日でした。

亀尾島川も7月は水位が高い状況が続き中々竿が出せない日々が続きました梅雨明け後に期待!!!

今日の仕掛け

竿・・・・・・・・・AVANCER 早瀬抜 80M-R

天上糸・・・・・0.6号3.5m

水中糸・・・・・アーマードプロ 0.08号4m 第四ライン 0.07号4m

ハナカン・・・6.0mm

ハリ・・・・・・・楔6.5号 4本イカリ レインボーアユ6.75号 4本イカリ 虎の牙6.5号 4本イカリ


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「鮎釣り」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事