郡上長良の亀尾島川

渓流釣り・鮎釣りのメッカ長良川の支流で、吉田川に次ぐ亀尾島川の釣果及び釣りクラブ「郡上長良・亀尾島会」の活動内容を掲載。

9月01日 高水の那比川で鮎釣り!

2019年09月01日 | 鮎釣り

今日はクラブのSさんから連絡があり郡上へ鮎釣りです!

早朝5時にSさん宅に到着し、用具を積み込み郡上へ・・・

7時にむとう釣具店に到着、川の状況見ます。

          

亀尾島川は40cmの高水で少し濁りが入っています。

支流の那比川は25cm高くクリアな状況です。

この水ならアマゴ釣りが面白そうですが、今日はSさんと来ているので鮎釣りです。

朝は雨も降っていたので、むとう釣具店でタイムです。

すると常連の大将Kさんも来られ、クラブの名人TKさんも来ました。

8時前になり釣り支度をしてオトリを購入・・・

今日の水位では少し高い状況ですが那比川に向かいます。

      

二人でこの辺りを攻めてみます。

上流のSさんのポイントでは多くの鮎が見えています。

      

私は、下流のこのポイントから攻めてみます。

一度ケラレがありましたがその後は無反応・・・

下流の瀬を狙ってみます。

      

この瀬を右岸から順に探ると、目印が気持ち良く引き込まれます。

そのまま掛かり鮎を走らせてハリ立を良くして引き抜きタモへ・・・

      

先ずは、1尾目です。

その後、細かく攻めるも1時間反応がありません・・・

Sさんはポツポツと掛けているようです。

そして今日本命の下流の瀬に向かいますが・・・

      

竿が見え近くに行くとクラブのTKさんです。

この時点で4尾掛けていました。

TKさんの上流でしばらく竿を出していましたが探った後のようで反応がありません。

見ている間にも2尾掛けました。

少し上流の深い瀬を探っていると根掛かりです。

それも2回連続・・・((+_+))

ここで一旦場所移動します。

TKさんも場所移動です。聞くとこの瀬で8尾掛けたそうです!流石です!

車に戻る途中、引っ掛け漁をしていました。

      

昨日まで友釣り専用区でしたから、今日この辺りを探りに来られたようです。

Sさんも上がり上流へ車で移動します。

      

      

この場所では反応無くまた移動します。

      

最後のこの場所で背バリを打ち2号のオモリを噛ませて流心底の大石を狙い撃ちすると・・・目印が一気に引っ手繰られる強烈なアタリで一瞬で切られました。

ここで今日の釣りを終了しました。

那比川も好天気が続き水位が落ち着けばもう少しは楽しめそうな感じです。(^^♪

コメント