小市民「t」のささやき

何気ない日常を何気なく過ごしたが故に…   

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エチゼンクラゲは有用!?

2009年01月31日 20時46分32秒 | 四方山話
一時期問題になったエチゼンクラゲ、今も大増殖しているんでしょうか?

漁業被害を出す厄介者のエチゼンクラゲ。
食べられれば有用だろうと思ったら、変形性関節症の治療に役立ちそうとか。

エチゼンクラゲから抽出したタンパク質を高齢者のひざに多い、
変形性関節症の治療に使われるヒアルロン酸に混ぜると、
治療効果が約2倍に上がることが分かったそうです。
東海大と理化学研究所が行ったウサギを使った実験で判明、
3月に東京で開かれる日本再生医療学会で報告されるとか。

このタンパク質は「ムチン」と呼ばれ、
関節では軟骨を保護、修復する役割があるとされるとかで、
同研究所の丑田(うしだ)公規ユニットリーダーらが抽出に成功したもの。

ひざ関節の軟骨がすり減った変形性関節症と同じ症状のウサギを作り、
関節の中にムチンを混ぜたヒアルロン酸を注射、10週後に観察すると、
すり減った軟骨がほぼ正常に回復。ヒアルロン酸だけを注射したウサギに比べ、
回復率は1・6~2・6倍ほど高かったそうです。


有用な薬にも副作用がありますが、厄介なものにも有用な一面が。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 向こう脛だけじゃなかった | トップ | 「むきたまごビューティー」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

四方山話」カテゴリの最新記事