Ruby の会

シニアライフ~能楽・ボランティア・旅行・食べ歩き・演劇などを綴っています

映画「妻は薔薇のように~家族はつらいよⅢ

2018-06-15 10:33:48 | 映画・テレビ・演劇・芸能

 少し行事が落ち着いたら、見たい映画がいくつかあることに気づいた。”Blank 13”は、短期間だったので見られなかったが、「家族はつらいよ3」は見たいな、と思っていた。13日(水)、姫さんを誘って見てきた。映画館前集合、チケットを購入後「フードコート」で長崎ちゃんぽんを食べた。昼食時なのでほぼ満席。広いスペース、一人の人も、夫婦連れも、グループも、好きなテーブルで好きな物を食べている。こんな雰囲気はとても好きだ。隣のテーブルの人も気にならない。

 👇は、ポスター。中央下が橋爪功と吉行和子の夫婦。第一話は、この二人の熟年離婚がテーマだった。その対角線上の二人が、西村まさ彦(長男)と夏川結衣(奥さん)、今回はこの奥さんの家出事件がテーマのようだ。西村まさ彦の下が次男の妻夫木聡、その下が林家正蔵(長女の夫)、右上が中島朋子(長女)、その下が蒼井優(次男の夫)。

 家族に何か事件が起こると全員集まり、家族会議を開く。これが平田家の最近の習わしとなっている。

 この映画の公式HPによると:
 ” 映画界の巨匠山田洋次監督が、国民的映画『男はつらいよ』シリーズ終了から20年の時を経て作り上げた、ファン待望の喜劇映画『家族はつらいよ』。第1作は「熟年離婚」、第2作では「無縁社会」をテーマに、日本中の家族を持つ多くの人々が共感し大ヒット。そんなシリーズ最新作のテーマは【主婦への讃歌】。気遣いのなさ過ぎる夫の言葉に、溜りに溜まった不満が爆発!ついに家を出てしまった妻と、家事すべてを担う主婦がいなくなる、という緊急事態に直面した家族の大騒動を描きます。果たして妻は戻ってくるのか?夫は妻の愛を取り戻せるのか…? ” とある。

 夏川結衣さんは、夫の両親と同居し中高生の二人の息子を育て、家事一切を切り盛りしている。朝から晩まで、手を休める暇もなく働き、夫から預かる生活費で家計のやりくりをしている。

  👇 夫、西村まさ彦がクレーム処理のために香港へ出張した留守中、勝手口のカギをかけずに二階の義父母の部屋を掃除していて、ほんのしばらくウトウトした隙に空き巣が入り、冷蔵庫の中のへそくりを盗まれた。その額、40万円。微妙な金額だ。出張先の仕事が上手く片付いた夫は上機嫌で帰ってきたが…。その話を聞いたとたん、猛烈に怒る。「俺の稼いだお金を」の一言で、妻は家を出てしまう。さあ、どうする? 妹夫婦、弟夫婦も呼ばれ、家族会議だ。

  居場所はわかったものの、妻不在の平田家はてんやわんや。「まかせなさい」と言ったはずの吉行和子ばあちゃんは腰痛で起き上がれない。仕方なく、飲み屋のママさん(風吹ジュン)に家政婦に来てもらう。そのうち橋爪功じいちゃんがガスを消し忘れ、ボヤ騒ぎを起こした。

  さあ、どうして家出騒動は収まるのか? 妻が戻って来るのか? 👆の写真からご想像ください。孫たちの気持ち、夫夫婦のアドバイス、近所のうなぎ屋のご用聞き…、周囲の様々な人々との関りがいざ、と言う時に大切ですね。山田洋次監督の描く家族の映画です。

 たまたま、来週は「万引き家族」を見る予定。是枝監督の家族の姿はまた別の形でしょう…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 皆具の点前 | トップ | 新聞小説「国宝」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なは)
2018-06-15 17:08:59
清姫様
「家族はつらいよ」の第三作、私も見ました。
第一作より第二作品よりも今回のが面白かったように思います。
世の男性は「私がこんなに外で頑張っているのに家内はのうのうと何をしているのだ!」くらいにしか奥さんの存在を認めていない、ところが問題ですね!居なくなってはじめて奥さんの存在の有難さがわかるなんて・・・・・。
世の旦那様族に見ていただきたい作品でした。
お客さんが多くて、皆さんの笑い声がよく聞こえました。共感することが多かったのでしょう。
Unknown (清姫)
2018-06-15 19:32:48
なはさん
今日も寒い日でしたね。龍尚会のために髪染めに行きました。急に行ったので先客があり、けっこう時間がかかりました。週刊誌3冊読みましたよ。西村まさ彦さんのインタビュー記事があり、とても謙虚な方ですね。あの役、自信がないって…。
東京では男性限定上映日があるそうですよ。私たちが見た日は、もう終わる頃だからか、観客はそう多くなかったです。姫ちゃんの感想はいかがでしたか?

コメントを投稿

映画・テレビ・演劇・芸能」カテゴリの最新記事