67camper's Blog

管理人67camperの空冷VW、北米輸入住宅、キャンプ、ジャズ、自転車、アコギ、カメラ、アメカジに関するログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若い血潮を感じるウッズとバードの競演

2008-10-25 03:25:13 | jazz & vocal
The Young Bloods/Phil Woods & Donald Byrd
(Prestige 7080 jp.reissue)


 初期のプレステッジのアルバムをひもとくと、こういった特にリーダーを設定しない、あるいは双頭コンボ的なセッションがアルバムになっているのに気付きます。本日はドナルド・バードとフィル・ウッズの双頭コンボの一枚をアップしますね。ハードバップファンならこのフロントの組み合わせで思い出すのがGeorge Wallingtonのコンボですよね。ここではWallingtonのバンドで活躍したTeddy Kotick(b)を加え、ピアノにアル・ヘイグ、ドラムにチャーリー・パーシップの五重奏団です。56年という時代を反映したタイトル通りの暑いハードバップが聴けます。

 A-1のパーカーのオリジナル"Dewey Square"で幕をあけます。ヘイグに導かれてユニゾンでテーマが現れますがホワイトパーカーとも言うべきウッズのアルトが見事です。バードの流れるような美しいトーンのソロもいいですね。徐々に熱気を帯びて行くウッズのアドリブからバード、ウッズ、パーシップのチェースにつながって行く展開はまさにハードバップですね。続く"Dupeltook", "Once More"はいずれもウッズのオリジナルです。作曲者の太いアルトのサウンド、メロディアスなバードが聴きものですね。B面冒頭のパーカー未亡人チャンに捧げた"House Of Chan", またB-2の”In Walked George"は2人が所属したウォーリントンへのトリビュートで、いずれもウッズのオリジナルで、結局4曲をウッズが提供しておりウッズのこのアルバムへの熱いパッションを感じますね。そしてエモーショナルなウッズのバラード演奏が聴ける"Lover Man"で締めくくる展開です。

 所有盤は70年代後半のビクターの廉価盤です。しっかりした作りは70年代ならではですね。1500円で購入したこのシリーズは結構マイナーなものが主体だったのですが、このアルバムが最初にゲットしたアルバムで思い入れの一枚です。
『音楽(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« レディ・デイの個人的愛聴盤 | トップ | 純正ガスドアトリムと独製ド... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (bob)
2008-10-25 11:14:35
まさに若い血潮の2人、それをまとめる大人のアル・ヘイグ…。
ジャズ界にまだパーカー色が強かった時期の隠れた(?)名盤、大好きな盤です。

バードももちろんいいですが、このアルバムではやはりウッズのアルトサックスに引き込まれます。
この人、コンポーザーとしての才能も並ではありませんね。

TB送らせていただきました。よろしくお願いします。
熱いハードバップ (67camper)
2008-10-25 13:07:27
bobさん、コメント、TBありがとうございます。
個人的には多分ですが、WOODSのなかでは最初に購入したアルバムです。当時は貧弱な装置で聴いていたのですが、それでも熱い雰囲気の伝わるアルバムで、確かに話題にはのぼらないですが、密かに愛聴しておりました。
おっしゃる通りでウッズの作曲能力も含めて、魅力満載の一枚ですよね。
こちらからもTBさせてくださいね。
ホワイト・パーカー (swan)
2008-10-26 06:41:23
おはようございます。

D・バード~ウッズというと自分はWallington名義の2作(NewYork Scene,Jazz At Hotchkiss)しかありませんが、どちらも愛聴盤です。ご紹介盤はピアノとドラムが意外?な人選ですね。

この辺の渋い?ハードバップを続々発売していた時代が羨ましいですね(笑)
白黒混合ハードバップ (67camper)
2008-10-26 06:56:33
swanさん、コメントありがとうございます。
このメンバー、3人の白人、バード、パーシップでまさに白黒混合ですがヘイグ、ウッズというバップイディオムを完全に消化した白人の参戦で白黒ながら熱い演奏になっています。
Wallingtonのcarriage tradeなどもアート・テイラーが起用されており、やはりこの時代はドラマーは絶対的に黒なのかも知れませんね。

コメントを投稿

jazz & vocal」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

PHIL WOODS-DONALD BYRD/THE YOUNG BLOODS (Walking Slow...)
アルバムタイトルのTHE YOUNG BLOODSはフィル・ウッズとドナルド・バ