67camper's Blog

管理人67camperの空冷VW、北米輸入住宅、キャンプ、ジャズ、自転車、アコギ、カメラ、アメカジに関するログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若きベンソンのレギュラーカルテット

2015-01-17 08:14:52 | jazz & vocal

It's Uptown with the George Benson Quartet (Columbia CS9325)

 フュージョンアルバムでは最も売れた一枚にGeorge Bensonの"Breezin'"がありますよね。そう軽快なbreezin'のギタープレイとマスカレードのパーフェクトなボーカルが耳について離れない輩も覆いのではないかと思います。そうです、1977年のグラミー独占の超有名盤ですよね。自分もここからベンソンの世界に引き込まれたのですが、当時はクロスオーバーのguitarist&vocalistとして認識していました。その後モダンジャズばかり聴いていて、ベンソンのことなんか忘れていた頃に自分の前に現れたのがマイルスインザスカイでのパラフェルナリアでのギターでした。ベンソンもマイルス傘下か?なんて感心したものです。

 でもって新潟時代、石丸電機のバーゲンえさ箱で見つけたのがこの"It's Uptown"です。ブリージンの時よりは全然若いベンソンが愛機Ibanez GB10?を抱えて微笑む姿が捉えられ低ます。コットン風のジャケットなんですがカフス、時計、リングがゴールドって言うのが黒人らしくって良いじゃないですか!ジャケの文字も赤と白、タイトルは緑というバタ臭さがかっこいいですよね。さて、ソウルフルなギターもさることながら渋いボーカルはこの時代から全開ですね。A-2の"Summertime"が最高のボーカルですが、A-6"Foggy Day", B-3"Stormy Weather"の2曲を入れた3曲でのボーカルはやっぱりベンソンならではです。ケニー・バレルのボーカルアルバムなんてのもありましたが、ここまで唄えるジャズギタリストはそう居ないですよね。勿論、チャーリー・クリスティアンばりのギターを聴かせるA-5"Willow Weep For Me"やフラメンコタッチのギターが渋いB-2"Bullfight", それこそK.Burrellばりのギターがいい"Eternally"など、ギター/ボーカル好きには涙ものです。レギュラーカルテットとして周囲を固めるRon Cuber(bs), Lonnie Smith(org), JImmy Lovelave(ds)の好演も光りますね!

 所有盤はコロンビアの再発盤です。大学時代にあさった石丸電機のバーゲンえさ箱、懐かしいなぁ・・・。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« BennieとBenny、どっちが正し... | トップ | 久々のヒット商品かも?・・... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Supper400 (ebi)
2015-01-21 23:46:11
このアルバム所有していますが、再発盤だったのですか?
若くはつらつとした演奏、この時代も良いですよね。
抱えているギターは1966年ですので、まだIbanez は会社自体ありませんね(前身はありますが)。
「The New Boss Guitar」でも使用していたGibson Supper400ですね。彼はこのあとCTI時代はGuild を使っていて(エンドース契約があったのだと思います)、Ibanez はWB時代からだったと思います。
また,やっちゃいました! (67camper)
2015-01-22 08:42:44
ebiさん、コメントありがとうございます。
66年はGibsonだったんですね。どうもguitarに関してはわかっていなくて,またしても間違ってしまいました。貴重なご指摘ありがとうございます。
うまい (riri)
2015-03-04 06:04:28
おはようございます。

このアルバムは未聴ですがこのひとホント歌うまいですね。ライブアルバムを一枚しか持ってませんがギターだけ、歌だけでも十分やってけるんじゃないかって思います。エンターテイナーですね。

ジャケが若いですね。私の持ってるジャケは丸くなって達磨さんのようです。
ジャズに限らず! (67camper)
2015-03-04 07:17:24
ririさん,コメントありがとうございます。
ライブアルバムといえば、ブリージンの少し後でしょうか?このころのベンソンはマルマルと肥っていますよね。裕福になった証しかも・・・。唄は,肥ってさらに迫力を増します。黒人のボーカルはソウルフルで大好きです。ジャズに限らず!

コメントを投稿

jazz & vocal」カテゴリの最新記事