67camper's Blog

管理人67camperの空冷VW、北米輸入住宅、キャンプ、ジャズ、自転車、アコギ、カメラ、アメカジに関するログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デュクレトムソンのズート・シムズ

2006-06-30 04:23:18 | jazz & vocal
Zoot Sims avec Henri Renaud et Jon Eardley
(Odeon toshiba EMI reissue EOJ-70105)
 

 昔から名盤の誉れ高いズートのヨーロッパ録音盤です。56年,当時マリガンのグループがヨーロッパを楽旅した際,同僚のジョン・アードレーとともにヨー ロッパのリズムセクションとフランスのデュクレトムソンに録音したボス抜きセッションです。デュクレトムソンの音楽監督であったアンリ・ルノーがピアノを 勤め、ジャズファンにはデュクレトムソンのズート・シムズの名で知られているアルバムと思います。原盤タイトルは上記の通りでしょうか。なにせ国内盤再発 では,バックカバーをすべて消し去り,日本人評論家のライナーに置き換わっているため,自分自身元のバックカバーを見た事もなくベースのブノワ・ケルサン やドラムのシャルル・ソドレのスペリングすらわかりません。  

 ズートの奏法については,レスターヤングそのものあるいはその遺産などと評され,そのスムースなプレイや駄作が少ない点でも我が国でもたくさんのファン がおられる事は衆知のとおりです。特にこの56年というのはズートにとって最も好調であった時代でもあり、Dawn, Storyville, Argo, Riversideとレーベル名を挙げただけでファンの方にはジャケットが頭に浮かんで来るような感じで,名盤目白押しの年でもあります。  

 ここでの演奏は得意のミディアムテンポのスウィンガーからバラードプレイまでズートのプレイの特色が余すところなく発揮されており,ラストの "Little John Special"が終わったとき、もう少し聴いていたいと思わせる数少ないアルバムだと思います。特にB面トップの"Evening In Paris"の美しいバラードプレイ、素晴らしい歌心を発揮しておりこのアルバムの白眉です。

 オリジは途方もない値段がつていると思いますので当然国内盤reisssueです。これがまたプレビューコピーで隣の溝の音が少し気になるカッティングです。(涙)
確かCDがプラス何曲で発売されていたような気もします。残りも聴いてみたいなぁ・・・
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランタンはテストしとこうね! | トップ | ケントンガール,アン・リチ... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デュクレトムソン! (swan)
2006-06-30 06:51:28
おはようございます。



いやーこの盤再発国内盤でも見たことないですよ(笑)さすがcamperさんズートの中でも渋いとこ出してきますね。



ズート確かに駄作少ないですよね。手持ちのLPではワンホーンではArgo、BlueNote(ユタヒップ)ボントロとのDawnなんかが好きでよく聴きます。(camperさんもお持ちのフォンタナcookinは残念ながらCD!)アル&ズートならハーフノートのライブ盤が一番好きです。



私も裏ジャケが何故か?日本語解説のLP何枚かあります。大概大昔?のやつですよね。
Unknown (george)
2006-06-30 09:42:23
Zootは、何枚かアナログを持っていますが、このアルバムはCDしか持っていません。

私も、例に漏れずZootのファンです。

CDには、バックカバーが別刷りで封入されていました。

プラス4曲は、フランスのVerveから出ている「Jazz in Paris」シリーズのCD「Zoot Sims & Henri Renaud」にも入っていて、ベースが交替しています。音は、本CDのほうがどっしりとしていて、いいと思います。

同じ、1956年録音の「Live at Falcon Lair」をUpしていますのでTBさせていただきました。
デュクレトムソン (67camper)
2006-06-30 11:45:38
swanさん、コメント有り難うございます。おっしゃるとおりでこのアナログは国内盤のくせに結構入手困難ですよね。自分も買ったときの一回きりで、他に出物を見たことがないです。

たぶん、松山の小さな中古レコード屋で買ったと記憶していますが、ジャズをあんまり置いていないショップだったと思います。それでも¥1800ぐらいはしたんじゃないかなぁ?



いまはCDで聞けますからいいですが、当時はこれはなかなか見かけませんでした。たぶん一回しかアナログでは再発されてないのかな?なんて思ってしまいます。



当時の東芝のカッティング、隣の溝の音が聞こえるようなやつが多いです。自分のクールストラッティンもそうですが・・・

でもこれしかなかった・・・
バックカバー (67camper)
2006-06-30 11:58:42
georgeさん、TB&コメント有り難うございます。

CDにはバックカバーが納められているとは知りませんでした。さすがですね。オリジナルを優先する日本のCD会社の心意気を感じますね。



当時の国内盤アナログは、このタイプの解説が裏面に印刷されている奴が多いですよね。裏見たら興ざめです。



「Live at Falcon Lair」はアナログはないですよね。アナログ全盛期にはたぶん見かけたことがないタイトルです。当然未聴です。(笑)

アナログ盤未見 (サイケおやじ)
2006-06-30 17:35:25
これは内容が、まず素晴らしいですね、大好きな盤です。

私は東芝の最初のCD、どっかの国のジャケット違い輸入盤CD、それと紙ジャケット仕様のやつと、3枚持っていますが、肝心のアナログ盤を聴いたことがないので、音質の比較が出来ません。

第一、アナログ盤を見たことがないのですから! 羨ましい限りです。

最初に聴いたのは、友人が持っていたコピーテープなのでした……。
レアなアナログ (67camper)
2006-06-30 18:28:37
サイケおやじさん,コメントありがとうございます。

内容は文句なしですね。

凄いですね,CDだけで3種類とは・・・

サイケさんのズートに対する熱い気持ちが伝わってきます!



御指摘のようにアナログは本当に見る機会が少ないかも知れません。自分も購入したこの一枚しか見た事がありません。

モノカートリッジで聴くと中域が厚く、国内盤でもそれなりの音色です。自分はCDをもってないのでCDとの比較は無理なのですが・・・



でもgeorgeさん御指摘のようにバックカバーが別刷で入っているのがいいですね。この国内盤ではいきなり解説ですからね。

これはどうしようもないです(笑)。
パリのズート (シュミット)
2006-06-30 20:20:01
今晩は、シュミットです。いつも楽しく読ませてもらってます。

私もこの東芝盤を手に入れたときはうれしかったですね。それから程なく、ペラジャケのリイシュー盤(多分欧州製)を入手して、音も比較的いいのでこっちをよく聴いてます。

東芝盤のジャケットではZOOTなんかの人名が黄色ですが、このリイシュー盤は赤色になっていて、写真も、もう少し鮮明な感じです。



それと「jazz in paris」シリーズの「zoot sims et henri renaud」にはドュクレトムソンの前日録音が4曲入っていて、このシリーズ

の目玉じゃないでしょうか。



ZOOTのパリ録音 (67camper)
2006-06-30 20:58:08
シュミットさん、コメントありがとうございます。すみません,浅学なので教えてください。「jazz in paris」シリーズの「zoot sims et henri renaud」はどのようなジャケットの盤ですか?

この辺りのヨーロッパ録音は新しく発掘されたものとか混沌としていてよくわかりません。



61年録音には"ZOOT SIMS IN PARIS"(UA)というのもHenri Renaudとの共演でありますよね。51年,53年録音のvogue盤"jazz time in Paris"という10インチも国内盤reissueで一度再発されています。

ZOOT, PARISのキーワードで混沌としている部分,一体どういう風になっているのかご教示いただければ幸いです。
Unknown (bassclef)
2006-06-30 23:40:03
67camperさん、こんばんわ。拙ブログ<夢レコ>のABC盤記事へさっそくのコメントをどうもです。

さて、このズート・シムス~やっぱりいいですよね。僕は東芝の出したCDでガマンです。テナーの音色は「乾いたような温かさ」で、案外にいい音のCDでした。

camperさんコメントにある、61年の「In Paris」~これは・・・もうサイコ~!ですよ。すごく雰囲気のあるライブの、いいステレオ録音ですよ。あちらでもon the alamoを演ってますね。他にも、too close to comfort,these foolish things、you go to my head などいいスタンダードをいっぱいやってます。なお・・・僕は個人的には、この「in Paris」(UA)が一番好きなズートなんです。

パリのズート2 (シュミット)
2006-07-01 01:13:15
今晩は、シュミットです。



まず「jazz in paris」シリーズの「zoot sims et henri renaud」についてですが、このシリーズは2000年ごろレコード屋さんの店頭に並んだ輸入CDで全部で何十種もでたように思います。GITANES JAZZ PRODUCTIONSって記された紙ジャケで、パリの風景写真シリーズで統一されていました。このズートのジャケットも凱旋門が街灯に照らされた夜景写真で、なかなかいい感じです。

このシリーズのいいとこは何といっても廉価(新品で1000~1500円)なことと、データがきっちり記載されていて、地元パリの豊富な音源が24bitで聴けることですね。30年代から70年代の幅広い音源で、通販や会員に配布された10インチ原盤が音源になってるもの(ズートのもそうです)なんかはめずらしいように思います。



さて、ご教示などとは、とてもおこがましいのですが、ズートのパリ録音について



①1950/6...ベニーグッドマン6tetのメンバーとして渡欧中に仏vogueへカルテットで録音。米国ではdiscoveryで6曲が発売、のちにprestigeで「first recordings」に8曲が収録。日本では「brother in swing」(vogue)として13曲入りで発売されたことがありました。



②1953/11...ケントン楽団の一員として渡欧中にロソリーノなんかとセクステットで仏vogueに録音。これは日本盤も10インチで出た「zoot sims sextet」(vogue)です。

またケントン・メンバーとしては6月にアルハンブラ劇場でズートがソロを吹いた、その名も「zoot」(capitol「kenton era」)がいいですね。



③1956/3...マリガン6tetのメンバーとして渡欧中,15日にclub francais du disque(会員制かなんかのレーベルで、オリジナルは10インチだと思います)にクインテットで録音。私の持ってるCD(「jazz in paris」シリーズの「zoot sims et henri renaud」)にはこの日の録音が4曲入っていて、ベースだけデュクレトムソン盤と違って、eddie de hassになってます。で、その翌日の16日にデュクレトムソンへ録音です。



④1961...12月に「zoot sims in paris」(UA)録音。またこの年の録音でmythic sound なるレーベルでズートとパウエルが共演したパリ・ブルーノートでのライヴがちょっとめずらしいかも知れません。



このあともパリで録音したかも知れませんが、絶頂期のズートとパリといえばだいたい以上でしょうか。この間ズートはパリ以外でもストックホルムやロンドンでも録音を残していますが、やっぱり、パリですよね。



ワールドカップを観ながら、キーを叩いてますので、間違いがあったらごめんなさい。

あっ、アルゼンチン先制のゴール!

コメントを投稿

jazz & vocal」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事