67camper's Blog

管理人67camperの空冷VW、北米輸入住宅、キャンプ、ジャズ、自転車、アコギ、カメラ、アメカジに関するログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

よく伸びるソプラノとジャジーなフィーリングのジェーンがいいねぇ!

2009-02-08 00:49:53 | jazz & vocal
Can't We Be Friends?/Janne Powell
(Verve MGV-2023)

 カバーの背景のカラーリング、ボケ具合と黒いタートルをまとったジェーン・パウエルの清楚な姿を捉えた"Can't We Be Friends?"はカワイ子ちゃん系ボーカル好きには堪えられないグッドカバーだと思います。カバーもさることながら、LPに針を落とすとその伸びのある声とジャズフィーリングに感心してしまいますよね。声楽を学び、女優として40年代から50年代にかけて女優としても映画で活躍しています。本日は、女性ボーカルファンの殆どが絶賛するだろうと思われるこのVerveの"Can't We Be Friends?"をアップいたします。

 伴奏はこういったボーカルには無類のサポートを行うBuddy Bregmanです。ジェーンのよく伸びるソプラノがこのブレグマンの伴奏にのるだけでジャジーに変貌していきます。選曲も、小粋なスタンダードばかりでA面冒頭の"My Baby Just Care For Me"でのジャジーなフィーリングと良く伸びるソプラノに思わず納得させられる筈です。A-5のエリントンナンバー、"I Got It Bad"も個人的には好きですね。このA-1のインパクトは自分にとってかなり強烈だったわけですが、B面はさらにいいですよね!B-1の"Comes Love"から"Let's Face The Music", "In Love In Vain"と続くくだりはこのアルバムのハイライトとも言える展開です。勿論、B-5のタイトル曲も忘れる事ができませんね。

 所有盤はT字VERVEのモノラル盤です。コレがオリジナルかなぁ・・・。LION盤もカバーがいいですが、内容的にはやっぱりこのVERVEのジェーンに軍配をあげたいですよね。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ニューポート・ジャズ・フェ... | トップ | モンクとブレイキーの相性は... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Jane Powell (25-25)
2009-02-09 08:49:13
偶然ですが、このアルバムは少し前に
横浜の中古店でLPでゲットしました。
90年代前半に再発された、国内盤アナログです。

ジャケのデザインは同じなんですが、色合いが
微妙に違います。
復刻盤LPのほうは、もう少し黄色っぽい感じ。
オリジナルのほうが、いいですね。

フォトレタッチです。すみません。 (67camper)
2009-02-09 16:35:14
25-25さん,コメントありがとうございます。

国内盤もしっかりした装丁で発売されていましたね。このアルバムに関してはアップ時に,少し色調整をかけてます。もう少し黄色に見えるのが本当かもしれません。
自分の部屋は白熱灯なので,そのままではかなり黄色に写ります。

きちんとした色を反映してないかもしれません。ごめんなさい。

コメントを投稿

jazz & vocal」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事