中井悠美子(悠石)「四季の絵文日記」 2011/9/24~

四季を語る「絵文」と、日常を織り交ぜた小さな日記。
ご訪問頂き有難うございます。ご縁に感謝を!

Vol. 2105 才と歳の使い分け!

2022年01月02日 22時00分08秒 | 日記

書の練習を開始しています。
思いつくままに練習!
本日「才」と「歳」の練習をしていて「ふと、この字の使い分けは?
と疑問に思いしらべてみました。
以下に!

●年齢を数えるのに用いる「さい」の漢字には「歳」と「才」があるが、
「才」には「年」の意味がなく、本来は「歳」と書くのが正しい。

●「歳」には「歳月」や「歳末」などの熟語があるように、「年」を表す漢字である。
●「才」は「才能」や「天才」などの熟語で使われるように、生まれ持っての能力を表す漢字で、
 「年」という意味はない。
(注)年齢を表さない「才」が「歳」と同じように使われるのは、
        「歳」の画数が多くて書きづらいため、代替にしているだけである。

「才」が「歳」の代替漢字になった理由は定かではないが(おそらく音読みがサイであるから)
「才」を代替にするのは年齢を表す単位に限った使い方である。

●「歳」の画数が多いことから、学校で習う時期にも違いがあり、「才」は小学校で習い、
 「歳」は中学校で習う漢字である。
*********************************************

なるほど!!!
今まで深く考えもせず使っていましたが
公文書に年齢を記入する場合は「OO歳」とした方が正式になるのですね!

知らなかった~~の、お話しでした!

さて本日1月2日
1月の異名は「睦月」が有名ですが「正月」ともいいますね。
正月は「三が日」に限ったことでは無いのですね。


15年ほど前に描いた思い出の手本!還暦を迎えた頃ですね!!
たぶん何かの本からの模写だと思います。
頑張っていた頃の作品・・・懐かしく!

頑張っていた頃に立ち返り、また一歩を踏み出さねば!!!
残された時は、そう長くない。

本日ご訪問くださいました皆様ありがとうございました・・・





コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Vol. 2104 写仏と茶の実鶴園... | トップ | Vol. 2106 睦月の手本は「桜... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新しい年に (デ某)
2022-01-03 11:50:51
明けましておめでとうございます

「才」には各歳に応じた才覚!をイメージしました。
早熟の天才もあれば大器晩成の才もありますが
誰にも歳相応に備わる 常識・良識・見識など…。

私、毛筆は苦手なのに年賀状の表は総て毛筆です。
裏も 父が遺した篆刻の「萬壽」印を押し、あとは総てペン書きします。
各々に6~7行は書きますので 私には筆ではよう書ききれません。
たとえ稚拙でも 印刷・パソコンより「自分らしさ」が滲むかなぁ、と。
一時の半分まで減りましたが それでも70~80枚、
さすがに手間!ではあります。

今年も中井悠美子さんの素敵な書画を楽しみにしています。
幸多く良い年でありますよう心よりお祈り申し上げます。
ご訪問頂きありがとうございます。 (デ某様へ)
2022-01-03 17:56:39
新年明けまして
おめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

年賀状は「心」を添えてが、やはり嬉しい。
一言添えてあれば、先様のお顔がみえるようで!
嬉しいですね!

書は上手いかどうかではなく「心」を添える
が大切なことですよね!

私は一時期350枚ほど、宛名と住所も手書きで
それに一言添えて・・・しかも筆ペンで・・・笑
大変な時間が掛かりまして
最近は目も悪くなりまして・・・今年は50枚ほどに・・・
書の練習も兼ねてと手書きにこだわっていますが
年齢には勝てませんね!

さて、『拙いけれど心で描く』
今年も飛び飛びの投稿になると思いますが
どうぞ宜しくお願いいたします。

コメント頂きありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事