KAZUさんの気分次第です  個人詩誌「てふてふ」 <當麻大伯堂> <わやくちゃ屋>

POET高田数豊の自作詩、絵など、てふてふ流の生き方
<當麻大伯堂>小冊子の編集出版 <わやくちゃ屋>小冊子の印刷製本

Kazuさん針に糸を通す・・・の巻

2017-05-26 00:38:33 | 裁縫
花粉受難中に溜めてしまった仕事をひとつやり終えた。それを投函して帰ってきてホッと一息というか、ボオーとしている時に思いついたのが裁縫仕事である。先日友人が泊まった時に夏の敷布団シーツがいるなあと思っていた。そう思った時に、サイズ違いの掛け布団カバーがあることに気づいていたのである。そこでよしッと始めることにした。
何でも100均に行けば揃う時代にと自分でも思うのだが、自分に出来ることならやっていこうと思っている。ついこの間まで「勿体ないモッタイナイ」と世間は騒いでいたのに、あの言葉どこへ行っちゃったのかね。
まずサイズ違いを探し出した。そして裁縫箱は和裁をしていた母が使っていたものである。裁ちばさみも今だによく切れる。仕事はサイズ違いを適当に解いて端をまつり縫いするだけである。いちばん気になっていたのが糸の針通しなんだが、なんと自分でもビックリ、一回二回では無理だったが苦労することなく通せたのだ。もうこうなりゃ、母の見よう見真似で、ちゃんと待ち針を使ってのまつり縫い、大雑把ではあるが見栄えはいい。我ながら満足の出来である。裁縫を終えて腰が痛いと立ち上がった母の姿を思い出した。その夜さっそく敷いて寝たのである。自分でニヤニヤしているのがわかった。使って捨てて買えば済む、の文化は味気なくないかい、寂しくないかい。ぼくは正念工夫で楽しむ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訂正・前日の記事<ソウルス... | トップ | 日本ダービー・・凝りない捨... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ズー)
2017-05-26 08:45:48
振り返ると、時間を使うよりお金で解決できることならそちらで済まそう、という時代がありました。
共働きなのに家事や介護の負担は全部自分がしょっていました。だから、世間にも不義理しました。

今少し時間の余裕ができて、いろいろ考え直しができているところです。
「忙」は心が亡びると書く、本当にその通りでした。
つまらない回顧になりました。
忙はよくないよ (tefutefu)
2017-05-26 11:43:51
ずっと他人の濡れ衣被って忙しかった。助けてくれた人たちのおかげで、今やっと自分で時計の針をゆっくりすすめることができている。この余裕は感謝です。

コメントを投稿

裁縫」カテゴリの最新記事