KAZUさんの気分次第です  個人詩誌「てふてふ」 <當麻大伯堂> <わやくちゃ屋>

POET高田数豊の自作詩、絵など、てふてふ流の生き方
<當麻大伯堂>小冊子の編集出版 <わやくちゃ屋>小冊子の印刷製本

2017當麻の夏Ⅰ

2017-08-09 19:56:38 | 日記・エッセイ・コラム
PDFチラシで鯖フィーレ一枚80円を見てすかさず買い出し。昨日とはうって変わって青空、カラッとした風も心地よく吹いている。サイクル気分で出かけて6枚保冷バックへ、これで当分の間は魚はいける。ちょうどラジオからは長崎の原爆被爆者慰霊祭の実況が流れていた。かつて私の近くにいた91歳のおばあさんは8月をこう詠んだ。

「8月は6日9日15日」

なんの説明も上塗りのような感情もいらない。この言葉だけで血塗られた歴史が浮かび上がる。その野中さんという詩人と一緒に北大寮歌「都ぞ弥生」を歌ったことがあった。楽しい思い出だ。故人と戦争犠牲者に黙祷・・・・!
リュックを取り替えて昨日届いた「果樹園」を追加詰め込んで別荘へ。これほど自転車で走っても汗が出ない。神様はちゃんと休息の日をお作りになられる。

    

あいや!夏休みですよ。ぼくの後ろの場所では、数家族が食後のデザート、かき氷とソフトクリームを楽しんでいます。ホットですねえ、平和だからこそじゃないですか。歴史は繰り返すという言葉もあるから、なおさら戦争を風化させてはいけない。正しい歴史をしっておかなければならない。今日そう思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風一過ってないねえ | トップ | 詩がおもしろい・・二行詩 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (暑中お見舞い申し上げます)
2017-08-11 13:27:47
わたしはこう考えました。
夏にも限られたエネルギーがあって、期間の中で配分するのかな~、と。

心臓が生のまま空気にさらされているような詠みですね。
暑中お見舞い有難うございます。 (tefutefu)
2017-08-12 08:48:08
そういう考え方があっても不思議ではないと思います。
あまり心臓に刺激を与えない程度で・・・。
この日差し、お肌にもお気をつけて・・・・。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事