エシカル&エコ化粧品 ブログ

東京都東久留米市のエシカルコスメ製造販売する株式会社ローザ特殊化粧料の公式ブログ。OEM、保湿エコ化粧品、地産地消化粧品

化粧品のパッケージデザインのポイント

2022-01-09 06:03:00 | 化粧品製造会社のSDGs

【化粧品のパッケージデザインのポイント】

おはようございます(*^^)♪東京都東久留米市の創業65年ウェルビーイングな化粧品製造業ローザ特殊化粧料(rosa603special)角屋由華でございます。

お客様に選んで頂ける化粧品づくりには、化粧品の内容物だけでなく好みに合うデザインも重要な要素になります。そこで、今回はデザイン制作で抑えたいポイントを説明をさせて頂きます。

♡ポイント1

容器や化粧箱の印刷の元となるデータは、例外を除いて印刷業界共通のグラフィックソフトであるアドビ社の「イラストレーター」で制作していただくことが基本となります。

♡ポイント2

必要表示内容を事前に把握!化粧品は、容器や化粧箱に全成分や注意表示、材質表示など多くの情報を印刷しなければなりません。表のデザインだけでなく、裏面表示も同時にレイアウトを進めます。

♡ポイント3

容器であれば印刷可能範囲を示したデータ、化粧箱であれば展開図面のデータが資材メーカーより提供されますので、そのデータに基づいて「印刷可能範囲」と示されたエリア内にデザインを制作します。

♡ポイント4

2次元データができたら、実寸でプリントして実際の容器に貼ってみる&化粧箱は組み立ててみるなどして、立体でのチェックも怠りなく。画面で収まりのよいように見えていたデザインも立体になるとイメージが違って見えることがあります。

♡ポイント5

ボトルやチューブ容器の印刷は、シルク印刷という方法で印刷されることが多いため、写真を印刷するような複雑な掛け合わせの表現ができません。また、細すぎる線や広すぎる面の印刷にも適さないため、化粧品のデザイン経験のない場合は事前に打ち合わせをするとよいでしょう。

♡ポイント6

出稿するデータは事前に全ての文字にアウトライン(テキスト⇒図形化)をします。こうすることで文字化けを防止します。出稿後に文字データの修正が必要になる場合がありますので、必ずアウトライン化する前のテキストデータも別途保管しておきましょう。

♡ポイント7

仕上がってから「イメージと違う。。。」ということにならないように、可能な限り事前に試作品を依頼することをお勧めします。試作品は別途料金となることがほとんどですが、量産されてからのやり直しに比べたリスクは比較になりません。資材のデザインは平面と違って慣れないうちは色々と戸惑うこともあるかと思います。ご不安な場合はお気軽にローザにご相談ください。

▲化粧品のパッケージデザインのポイント

【関連記事】このブログの中の「エシカル&エコ化粧品」に関する記事一覧 
 
#東京都東久留米市 #TAMAのブランド企業 #エシカル化粧品 #ローザ #東京beauty
#cosmetic  #MadeInTokyo #保湿 #パーソナルコスメ #化粧品OEM製造 #エコ化粧品 
#パッケージ #美肌 #ウェルビーイング #美容 #ヒント #デザイン
 

〒203-0042 東京都東久留米市八幡町1-1-12 技術研究所52号

TEL:042-420-1201(皮膚は1番) FAX:042-420-1214(皮膚良よ)


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 勝負の日 | トップ | 成人式おめでとう »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

化粧品製造会社のSDGs」カテゴリの最新記事