goo

ルードヴィヒ・ルネサンス42 ~2018年1月5日号~

2018-01-05 00:00:00 | 音楽
《伊藤毅生誕100年に向けて》2

 2018年、あけましておめでとうございます。

 毎年行ってきたクリスマスコンサートは17回を数え、新春サロンは12回目となりました。前回、ショパン最後のマズルカを聞いてくれたバレリーナの渡邉茉里奈さんとのコラボレーション、「レ・シルフィード」が今回実現します。

 伊藤毅生誕100年記念コンサートでは時代を超えた父とのコラボレーションとして、伊藤毅のピアノ作品を演奏します。
(5月3日pm2:00トッパンホール)

 生前、父が家にいる時はいつも、あらゆるクラシック音楽が鳴り響いていました。特にベートーヴェンが好きで、ケンプの弾くピアノソナタ全32曲を隅々まで聴きこんでいたようです。それをシャワーのように浴びて育った私は、何にそこまでひきこまれるのか不思議に思っていました。それを探求するために全32曲を弾くという機会を得て、勉強することができました。以前CD制作の為に弾いたことがある父の「ピアノソナタ3番」を今の私なりの演奏でもう一度聴いていただきたいと思っています。

 記念コンサート実行委員会メンバーの吉野武彦さんは2012年EWE早稲田電気工学会第52代会長を務められた方です。1987年・第26代は伊藤毅。さらに1944年・第5代は黒川兼三郎。こんなところに母方の祖父の生きた痕跡を見つけることができました。黒川兼三郎(早大教授)の次女でピアノと油絵をしていた芳子は1948年に黒川の弟子の伊藤毅と結婚。戦時中から戦後のことはあまり語ってもらえなかったのですが、1949年に芳子が描いた新婚の二人の肖像画からは、その後の日本の躍進を予感させる勢いを感じます。身近なところから歴史を辿っていくことで実感としての「認識」を持てるものです。

 私たちの命の不思議な現象は、「5億年のファンタジー」としてジャズの山下洋輔さんとのコラボレーションを続けています。40億年の地球の歴史にまでロマンが広がっていきます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )