日々是好日

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
あれこれ雑記

数をかぞえるクマ

2018-02-07 13:09:56 | 日記

サーフィンするヤギという面白い本が市図書館にありました。動物の知性と感情をめぐる驚くべき物語と副題にあります。そして感情と知性に目次が分けられています。著者は、ベリンダ・レシオ先生です。
常々動物に人間にも有るように知性があり、感情があるのは当然だと思っていました。ですから著者の述べていることには納得できます。数を数える馬の話題があり、究極トリックだインチキだということになりました。しかし競馬の実況TVで見て、追い込みにかかるときの馬たちの表情に、人はなにも感じ取らなかろうかと思いました。もつとも眼は覆いでしかと見えませんけどね。
また著書中にもありますが、タコの狡智さで驚くのは、人の寝静まった夜中を計らっての脱走です。
カラスが狡智さは、幾度も観察出来ています。近くの御笠川砂州に打上られた少なからぬ鯉の死骸はカラスの群れのせいでした。しかも一匹無駄なく無駄なくかれらの胃腸の収まっていたようです。
動物の諺には、多くの智慧が有ります。例えば、
猿智慧・馬の耳に念仏など聞けばどちらにとっても聞き捨てならない言辞です。ですが、こんなのはどうでしょう。
鴉に反哺の孝ありや断腸などです。いずれも中国からきたものです。
耳の痛いのは「猿でも公平さを知る」です。公平感は道徳以前の半ば本能的なもので、集合的統率的な団体「ヒト」には必須なものでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 寒い寒い | トップ | あからはじめる »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (大佐野)
2018-02-17 12:59:42
今日は珍しく素晴らしい小春日和です。楽しく散歩が出来ました。毎朝、ブログを楽しみにしておりますが、このところ更新がなくて、お体の具合でもと心配しております。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事