23インチのワークブーツ XL500SとXL250Sと錆びオヤジ

昭和のバイク、昭和の車が大好きな
オヤジがいじり壊したり
治ったつもりのやっつけ仕事を
綴った独り言です。

逝っちゃった確定 (;´д`)トホホ

2020-02-16 18:23:09 | XL500S

先日の500Sの不思議なオイル漏れの続きです、

 

今日、500Sのエンジンをかけてみた、

アイドリング時の音がいつもと違うど、

 

「ペケペケペケ」と微かに鳴ってる、

明らかにエンジン左前方からだ、

恐る恐るライトを照らしヘッドガスケット付近をのぞいてみると

「ぷくぷく」とオイルがハナボコちょうちんのように膨らんでは消えと、そんな状態だ、

音は圧縮が抜ける音でした。

 

これで確定した、

間違いなくヘッドガスケットが抜けてる。

 

となると、やるしかないですね 

様子を見てなんて言ってらんないよー 

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 困った500Sさん | トップ | ホンダ ウインドストッパー... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんの (マニア次長)
2020-02-17 09:40:22
あれまあ、ちょっと質問ですが、シリンダーのガスケットですか?
ヘッドカバーのガスケットならOILは出るけど。
ブローバイが詰まってれば、OILは・・・。
プラグ穴からコンプレッションを確認してからでもいいのでは。
ヘッドカバーのガスケットなら、エンジンは載せたままでOKだし。

今年はコロナウィルスの件もオリンピックも有るから、大人しくしています。
しかし、体力も体もガタガタ・・・。
気持ちだけは少年なのだが。
皆がスーパーカブに回帰していくのが、実感として分かってきた。
XLOCにも、「年少?高齢?カブ組」を作って欲しいなあ。
次長殿へ (錆びオヤジ)
2020-02-17 20:08:39
あれあれ、
ヘッドカバーではなく、ヘッドとシリンダー間のガスケット、
いわゆるヘッドガスケットです・・・
コンプレッションは測定はしてないですが、
エンジンがかかるのでそこそこありまりますが、
圧縮漏れしてるのは確実・・・

私の500Sはエンジンを降ろさないと
ヘッドカバーすら外れません、
ヘッド上部から出てるスタッドボルトが外れないと
カバーがフレームに当たるんです、
以前スタッドボルトを外そうとしたら折れそうでくて諦め、
エンジンを少しだけずらしてカバーを外しました、
今回はヘッドを外す作業になるので、素直にエンジンを降ろす予定です。

私も定年が近づいてきました、
幸いにも250Sが元気なので
500Sはのんびりやろうと思ってます。


そうか (マニアじじい)
2020-02-19 09:43:34
500Sはエンジン大きいんだもんねえ。
頭が当たるんだあ。
すると今回のOILはタイミングチェーンの通路から燃焼室経由なんですね。
プラグも燻って、白煙も出てるかも。
待てよ?燃焼室の圧力がタイミングチェーンの通路のOILを外へ?何処から?
???バラさないと分からん。

こちらはキャリーの電装不具合で困っています。
今日も雪、軒下ファクトリーとしては・・・。
6月にはまたユーザー車検だし。
頑張りましょうね。
Unknown (錆びオヤジ)
2020-02-19 15:13:09
いやいやこれが、オイル漏れも圧縮抜けもタイミングチェーンがある反対側なんですょ、
開けてのお楽しみだけどヘッドガスケットのセンターの金属のリングが切れてるんだと思ってます。

コメントを投稿

XL500S」カテゴリの最新記事