ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

秋冷にⅤ

2019-09-17 10:37:17 | Weblog
 画は Camille  Pissarro  カミーユ ピサロ
   
 1830 ~ 1903 / フランス / 印象派         作


  「The Hay Cart, Montfoucault 干し草カート、モンフーコー」です。


☆晴れ。

偽旗作戦だろうな、

◆https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201909160000/
櫻井ジャーナル  2019.09.16
サウジに対する イエメンの反撃で
 米好戦派の 軍事力による中東制圧の破綻は 明確に



サウジアラビアのアブカイクとハリスにある アラムコの石油処理施設が

9月14日に10機のドローン(無人機)で攻撃され、生産量が半分に落ちたという。

フーシ派は自分たちが攻撃したと発表している。

フーシ派は サウジアラビアの油田地帯を攻撃できるドローン(無人機)や

ミサイルを開発したとする情報が流れていたが、それが現実になったと言えそうだ。

アブカイクとハリスの施設は 石油や天然ガスの生産で重要な役割を果たしているが、

サウジアラビアを横断して紅海に面したヤンブーに至る

パイプラインの出発点でもある。

イランとの軍事的な緊張がさらに高まってホルムズ海峡が使えなくなった場合、

重要な迂回ルートになるはずだったが、イランとの戦争が始まった場合、

そのルートも使えなくなる。

今回の攻撃についてアメリカのマイク・ポンペオ国務長官は

イランが実行したと非難、イランはその主張を否定している。

またイラク領からの攻撃があったとする情報もあるが、

これをイラク政府は否定した。


現在、アメリカ、イスラエル、サウジアラビアは イランに対して

経済戦争を仕掛け、軍事的な圧力を強めている


イランに対する侵略戦争は無謀だと アメリカの統合参謀本部は判断しているが、

ポンペオやマイク・ペンス副大統領のような キリスト教系カルトや

シオニストは イランの破壊を目論んでいる。

1997年から2000年にかけて欧州連合軍最高司令官を務めたウェズリー・クラーク

によると、1991年に国防次官のポール・ウォルフォウィッツは

イラク、シリア、イランを殲滅すると口にしていた。

実際、アメリカは2003年にイラクへ軍事侵攻、シリアは2011年にジハード傭兵

を投入して侵略戦争を開始、そしてイランを狙っている。


統合参謀本部は イラクへの軍事侵略にも反対していた。

大義がなく、作戦が無謀だ という理由からだが、

イランへの攻撃は それ以上に無謀。

アメリカのことを考えている人物には できないことである。

現在、アメリカを動かしている勢力は 

アメリカのことを考えていない
とも言える。


本ブログでは繰り返し書いているが、21世紀に入ってロシアが再独立、

ウォルフォウィッツのプランは ロシアを属国化したという前提が崩れた。

そこでネオコンは ロシアの再属国化するために核戦争で脅しているのだが、

機能していない。

現在、イランを攻撃したがっているのは 別のシオニストだ。

フーシ派が サウジアラビアを攻撃したのは、

サウジアラビアが自らの利権のために イエメンに軍事介入したため。

軍事介入を決めたのは ムハンマド・ビン・サルマン皇太子

アメリカのドナルド・トランプ大統領や

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と近い人物だ。

その皇太子が軍事介入を決めたのは、サウジアラビア、アメリカ、イスラエルが

支援している アリ・アブドゥラ・サレーハ政権が

イエメンで実権を失いそうになった からだ。

その対立の原因はアメリカ主導軍による 2003年のイラク侵略にある。

その攻撃に抗議するため、フーシ派はモスクで 反アメリカ、反イスラエルを唱和、

政府がそうした行為を弾圧して 首都のサヌアで800名程度を逮捕。

この弾圧が切っ掛けで 戦闘が始まった。 2004年のことだ。

戦闘はフーシ派が優勢になり、2009年にサウジアラビアは

イエメンに空軍と特殊部隊を派遣した。

その年には「アラビア半島のアル・カイダ(AQAP)」が創設されている

本ブログで繰り返し書いてきたように、​アル・カイダは

CIAに雇われ、訓練を受けた戦闘員のコンピュータ・ファイル​。

戦闘員の中心は カルト色の濃い サラフィ主義者

(ワッハーブ派、タクフィール主義者)や

歴史的にイギリスとの関係が深い ムスリム同胞団。

CIAだけでなく、サウジアラビアやイスラエルの情報機関も 深く関係している。

2011年にサレーハ大統領は辞任、

副大統領だったアブド・ラッボ・マンスール・アル・ハディが

翌年2月から新大統領を務めることになる。

任期は2年なので2014年2月までだが、ハディはイエメンに権力の基盤がなく、

辞任後のサレーハを脅かすことはないだろうという読みがあったと言われている。

実際、真の意味のハディ派は存在せず、

ハディ自身はさっさとサウジアラビアへ逃走した。

そしてモハマド・ビン・サルマンがサウジアラビアの国防大臣に就任した2015年、

同国は100機におよぶ戦闘機、15万名の兵士、さらに海軍の部隊を派遣

(国境を越えているかどうか不明)。

攻撃には アラブ首長国連邦、バーレーン、カタール、クウェートなどの国も参加し、

アメリカも物資や情報の面で支援していると言われている。


予想されたように イエメンへの軍事介入はサウジアラビアを疲弊させ、

財政の悪化は深刻になっている。

支配層の内部で対立が深刻化、2017年10月にジッダの宮殿近くで、

また18年4月にリヤドの王宮近くで 銃撃戦があったと言われている。

その間、2017年11月には大規模な粛清があり、48時間で約1300名が逮捕され、

その中には少なからぬ王子や閣僚が含まれていた。

サウジアラビアの現政権は決して安定していない

アメリカやイスラエルが支えているはずだが、いつまで持つかは 不明。

フーシ派は さらなる攻撃を予告している。



Pissarro、二枚目、



「Boulevard Montmartre in Paris 1897」です。



朝鮮カルト・人非人・自公政権、

◆http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-676147.html
richardkoshimizu のブログ  2019年9月16日 (月)
消費税を導入した目的は、日本経済を 鈍化させるためです


http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/images/
 e0199834_22105613.jpg

http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/images/18720533.png

http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/images/
 2014110603_01_0b.jpg


【日本衰退】10%消費増税 を前に、”廃業”を検討するお店が 続出!

「増税分を価格転嫁するのが 難しい」 「軽減税率の複雑さが 大きな負担」

https://yuruneto.com/zouzei-haigyou/

消費税を導入した目的は、日本の経済成長を鈍化させる ためです。

消費増税により、消費者は購買意欲を失い、景気が後退します。

企業は商品が売れなくなり 業績が下がります。

結果、法人税が減ります。 社員も収入が減るので 所得税も減ります。

消費税を上げるたびに、日本国の総税収は 確実に減ります。

また、経済成長も鈍化します。

つまり、消費税は、日本経済を弱体化させるのが目的 なのです。

安倍晋三一味の背後の 黒幕の金融ユダヤ人は、

日本円を貶める ことに躍起になっています。

日本経済が健全であると「安全資産の 日本円」に

世界中のお金が 集まってしまう。

NYにお金が流れなくなる。 米ドルが買われなくなる。

米国は、米ドルが 唯一の基軸通貨であるから

倒産せずに済んでいる。 ドルの対抗馬となりうる日本円、人民元、ユーロは、

様々な手口で辱められ貶められます。

ドローン攻撃も その一つでしょう。 そして、311も 熊本地震も。

911も 大戦争を起こして強大な軍事力を示して ドルを防衛するためでした。

もー 辞めてください、DeepStateのキチガイの皆さん。

さっさと デフォルトしなさい。

リチャード・コシミズでした。


◆http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-3450b7.html
richardkoshimizu のブログ  2019年9月17日 (火)
台風15号による 千葉の 甚大な被害


ほとんど反応せず、放置した 安倍朝鮮悪 傀儡政権。

台風や千葉など構っていられない ような危機的な事態が、

安倍一味に 迫っていませんか?

安倍一味の飼い主のDSの失墜ですか?

少女性愛事件関与者の逮捕ですか?  加計事件の証拠露呈問題ですか?

今回の台風被害への対応、異常を感じました。

当初、報道もほとんど被害を報じなかった。

今になって、急に取り上げ始めた。 違和感を感じます。

それでいて、安倍政権の支持率は 上昇ですか?

それが事実なら、日本国民は 自虐趣味のキチガイですね。

異常国家の 異常性、 極限に達しています



◆http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2999698.html
新ベンチャー革命 2019年9月16日 No.2463
得意顔の小泉ジュニアは、日本国民を半減させるべきと
 内輪の会合にて 秘かに吠えている:
 なぜ、安倍氏が千葉の台風被災者に 無関心なのか 
 垣間見ることができる



1.大手マスコミ(電通系)の安倍内閣支持率が 50%前後と高いので、
  傲慢となっている安倍氏:千葉の台風被害に無関心



台風15号による被害が大きい 千葉県東南部は今、大変なことになっていますが、

今の安倍政権は それにまったく関心を示さず、

東電や千葉県に丸投げして 無視を決め込んでいます。

このことから、安倍政権は 日本国民思いではまったくなくて、

日本を闇支配する米国戦争屋のために存在する 究極の対米売国政権である

ことが露骨に見えています。

にもかかわらず、そのことが見えない国民が多いのか、それとも、

世論調査会社(主に電通系)が支持率を 故意に嵩上げしているのか、

安倍内閣支持率は 50%前後と、信じられないような高さです。

ちなみに、筆者個人の推測では、地方新聞(非・電通系)の

安倍内閣支持率20%台が 実態に近い支持率と観ています。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/245845

要するに日本国民で、安倍自民と何らかの利害関係のある有権者以外は、

ほとんど支持していないのではないでしょうか。

それなら、日本国民はまだ、正常な判断力を持っていると言えます。

もし、電通系マスコミの公表する支持率がホンモノなら、

日本国民の多くが ●●ということになります。



2.安倍自民の本音では、戦争を起こす以外では、
  地震や台風など自然災害にて、日本の人口が減ることは、
  衝撃どころか、秘かな期待そのもの ではないか


上記、安倍氏の被災国民への無関心さから、安倍自民は、

自然災害で人口が減ることをむしろ、秘かに期待しているのではないか

と勘繰ることができます。

その証拠に、次期首相候補と自他ともに認めているあの小泉ジュニアは、

現在、1億2000万人の人口をもつ日本国の適正人口は6000万人と

吼えているようです。
https://www.sankei.com/column/news/170106/clm1701060003-n2.html

この本音の発言に拍手する日本人がいる のも信じられませんが・・・。

このような小泉ジュニアの考えは、

彼を傀儡化して、日本を闇支配している米国戦争屋ジャパンハンドラーからの

入れ知恵かもしれません。

小泉ジュニアを含む安倍自民は、せっせと、日本国民の国富を

アメリカ様に貢ぐことで、権力を維持させてもらっています。

その結果、世界の主要国で日本のみが、

不自然に貧乏化が進んでいるのです。
http://blog.livedoor.jp/hisa_yamamot/archives/2951838.html

いずれにしても、格差の拡大と、国民の貧乏化が止まらない今の日本では、

日本政府が貧乏な国民に手を差し伸べる余裕がなくなっている

のは確かなのです。

そこで、自分は勝ち組と勘違いしている小泉ジュニアは、日本国家にとって、

負担になる貧乏層の国民を 何とか減らしたいと思っているのでしょう、

そして、得意げに人口半減論を 唱えているのです。



3.資産や収入が平均以下の国民で、いまだに安倍自民を支持する人は、
  まさに自殺行為と知るべき


上記のような、金持ちの味方でしかない安倍自民が、いまだに、

政権を握っているということは、選挙不正以外に、貧乏層の国民が、

電通系マスコミに騙されて、安倍自民を支持しているという悲惨な現実があります。

貧乏な国民にとって、安倍自民を支持する行為は、まさに自殺行為なのです。

ところで、電通系マスコミは、千葉県の被災者の多くが、高齢者と

報道していますが、なぜ、安倍自民は、被災者に冷淡なのか、

ズバリ、国の負担になる貧乏層を減らしたい からではないでしょうか、

ほんとうに腹立たしい!

上記の現実を知って、自分は、安倍自民にとって減って欲しい部類に入る

と思う国民で、いまだに、安倍自民を支持する人は、

他の貧乏層の人に 迷惑を掛けていると知るべきです。



Pissarro、三枚目、



「The Washhouse at Bazincourt バジンコートの洗面所 1884」です。



自衛隊員の活用を! 陸海空 大動員で、

◆http://my.shadowcity.jp/2019/09/post-16058.html
ネットゲリラ  (2019年9月16日)
今回 政府は何にもしない のがすごいね


アベシンゾーをサイコパスだという人が多いんだが、
そんな上等なもんじゃなくて、単に 頭悪くて、想像力がないだけです。
人生の苦労から逃げて逃げて 嫌な事はしないで生きてきたら、
いつの間にか首相になってしまって、それも逃げようとしたのに、
また首相にされてしまった。
振付師がいないと、本人もどうしていいか ワカラナイんだろう。


  ☆https://www.jiji.com/jc/article?k=2019091400200&g=pol
  首相動静(9月14日)


振付師は 土日休みらしいw こういう時には、必要がなくても
とりあえず現地入りして陣頭指揮しているような姿を
マスコミに報じさせるというのがセオリーなんだが、
振り付け師は 日本人の富を奪うのに忙しくて、細かい事はどうでもいい。
どうせアベの治世はあと僅か。いや、アベの知性はもともと僅かだがw 


  ------------------------------
  停電の住宅で 男性が熱中症の疑いで死亡
  妻の無念 千葉 市原
  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190912/k10012078911000.html
  ------------------------------
  声だけ大きくて 頭が空っぽの知事と、
  その下に引っ付いてる ヒラメ役人たちが招いた悲劇か。
  ------------------------------
  今まで通り だろ
  九州、西日本の豪雨のときと同じ
  一貫性あるわ
  ------------------------------
  そもそも、拉致被害者家族を食い物にして
  なーんもやってない時点で どういう悪魔か分かるだろ。
  原爆を落とす事を決定した奴は 悪魔だし、
  こいつも 悪魔なんだよ
  ------------------------------
  日本人が苦しんでる姿が 最高のご馳走
  ジューシー  By安倍晋三
  豪雨災害で250数名なくなってるのに
  次の週だったかな
  軽井沢でうまいもの食って ゴルフ三昧
  ------------------------------
  安倍の態度 だんだん でかくなってない?
  ------------------------------


頭が悪くて 想像力がないから、被災地がどれだけ困っているか、
政府として 何が出来るか、何もワカラナイw 
ただボーッとしてるだけ。
知恵遅れを トップに据えるからこうなる。


コメント


*そのけ | 2019年9月16日 | 返信

  >原爆を落とす事を決定した奴は悪魔だし、こいつも悪魔なんだよ

  カーチス・ルメイに 勲一等旭日大綬章 を授与したのは 自民党政権ね

  カーチス・ルメイ(アメリカ軍)
  日本本土に焼夷弾の雨を降らせ、100万人を焼き殺した張本人。

  https://fmvenus.muragon.com/entry/229.html



*ワシントンニダ | 2019年9月16日 | 返信

  東電の鉄塔だけなんかいな? たおれたの?w
  通信会社の鉄塔が倒れたとか ニュースきかないね

  倒れた鉄塔の近くに
  安倍朝鮮人がよくいく ゴルフ場があるニダね
  偶然だけど

  ほんま疫病神やね

  https://www.fujita-kanko.co.jp/sub/facility/?p=1953/
  藤田観光って
  山口なんだよね

  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E8%B2%A1%E9%96%A5
  藤田は、天保12年(1841年)、長州萩(山口県萩市)で
  酒屋の四男として生まれた。家業は醸造業のほか、
  藩の下級武士に融資をおこなう掛屋を兼営していた。
  明治維新の動乱期に、高杉晋作に師事して奇兵隊に投じ、
  桂小五郎、山田顕義、井上馨、山縣有朋らと交遊関係を結んだが
  この人脈がのちに藤田が政商として活躍する素因となった。

  明治維新とも ずぶずぶにだ



◆http://my.shadowcity.jp/2019/09/post-16068.html#more
ネットゲリラ   (2019年9月17日)
米国工作員 「イランの方角から まいりました


「イランの方から 攻撃されました」というんだが、
トランプも「イランの仕業だ」と吠えつつも、
軍事的報復はしない というから、ナニソレ?
なんだが、まぁ、そういう事だ。
八百長のブックでは トランプのほうが専門家ですw 
今までの大統領は ユダ菌軍産複合体に騙されっぱなしだったけどね。


  ☆https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190916/k10012084291000.html
  NHK  2019年9月16日
  ◎サウジ 石油施設攻撃  米政府高官イランの 方角から


イランにもフーシ派にも、「動機」がないんですね。
フーシ派の犯行宣言というのも、非合法ゲリラ組織の広報部
なんてモノは 信用できないので、ヤラセかも知れないし、
他人がやっても「オレがやった」と自慢したがるアホばかりなので、
信用ならないし。
石油価格を上げたい ユダ菌と、戦争したい軍産複合体が 犯人だわw


  ------------------------------
  日本船籍タンカー襲撃 と同じパターンですね
  ------------------------------
  毎度のでっち上げだろう、同じこと 繰り返しているだけ。
  池沼レベルが アメリカの軍隊。
  毎度同じ、被害者面して 戦闘始める、
  で後で 全部嘘だと バレる。
  低能公務員の集まりが アメリカ国防省省の職員。
  人類史上最低の 馬鹿の集まり。
  ------------------------------
  一番怪しいのは 原油価格を吊り上げたい アメリカです
  ------------------------------
  サウジの国家運営の根幹施設なのに、
  こんなに簡単に攻撃されるんだね。
  ------------------------------
  バーレーンには米海軍の第5艦隊司令部はあるし、
  湾内には複数の米海軍艦艇がいるのに、
  ましてサウジアラビア軍が
  それらを探知もせず見過ごすはずがない。
  アメリカやサウジアラビアの 自作自演の可能性の方が高い。
  本当にイランのミサイル攻撃なら 簡単に見つかってるはず。
  ------------------------------
  なぜか中世レベルの専制君主国家サウジが
  アメリカに近くて、中東一の民主的近代国家イランが
  敵視されているという 奇妙な状態。
  とりあえず、アメリカが「民主主義」の味方では無い
  のは確かだw
  ------------------------------
  完全にサウジの自作自演だね 

  ・なぜか アラムコ本社のすぐそば
  ・なぜか 負傷者ゼロ
  ・損害は軽微なのに、
   そうそうと サウジ原油生産量半減 のアナウンスが出た

  サウジ側は原油価格を吊り上げたい
  アラムコ上場価値を上げるためにね
  アメリカはイランの原油が欲しい 
  両者の利害は一致してる 
  アメリカが主犯なのか従犯か、の問題でしかない
  ------------------------------
  イランとアメリカ仲良くなって
  一番困るのは イスラエルだろ
  ------------------------------
  イスラム同士が対立して最も得をするのはイスラエル。
  中東は世界の火薬庫と呼ばれて久しいが
  この地での紛争や戦争は 全てモサドとCIAが工作した物。
  だから偽ユダヤ人が 皆ヨーロッパに帰れば
  中東には あっけないほどの平和が訪れる。
  -----------------------------
  原油価格が騰がれば アメリカのシェールオイルが採算に
  ------------------------------


コメント



*のら太 | 2019年9月17日 | 返信

  確かにサウジの南西にある イエメンから
  サウジ東部の油田を攻撃となると
  延々とサウジ国内を飛ぶか
  米海軍がうじゃうじゃいる ペルシャ湾を飛ぶか。
  いくらドローンが レーダーで補足しにくいからといって
  かなり無理筋な話じゃないかな。

  これが可能だっていうのなら
  現在の対空防衛が完全に無効 という話になる。
  しかも「フーシ派程度」がこれが出来るとなるなら
  世界中で 対空防衛の大再編成が 必須となるけど。
  「イランから」ってのは 自分が正面に出ないようにする為に
  わざわざイエメンを挟んで 内戦やってる意味が消滅するんで
  有り得ないでしょ。
  欧州と制裁解除の交渉やってる最中に やるわけがない。




どうやら 衝突は なさそうですな。

冬に向かって 灯油代 高騰は お断りだ。


コメント   この記事についてブログを書く
« 秋冷にⅣ | トップ | 更けゆく秋 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事