ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

秋の お彼岸Ⅲ

2018-09-24 09:39:09 | Weblog
 画は 再掲ですが 拙作にて

  「法然上人 仲秋の御影」です。

 水彩 32cm x 40cm 紙


☆晴れたり 曇ったり 夜は雨らしい。

十五夜 あいにくの 中秋の名月 ですね。


日本会議は キムチ臭満載 こいつはダメだろう、

◆http://www.asyura2.com/18/senkyo251/msg/209.html
投稿者: 赤かぶ 日時: 2018 年 9 月 23 日  kNSCqYLU
沖縄県知事選で “黒歴史” 隠し
 佐喜真候補に もう一つの疑惑
(日刊ゲンダイ)



http://asyura.x0.to/imgup/d9/1252.jpg

☆https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/238111
日刊ゲンダイ  2018年9月23日 


大激戦が伝えられる沖縄県知事選で、与党推薦候補の佐喜真淳
前宜野湾市長(54)に 経歴“詐称”の疑惑が 浮上している。

安倍政権と気脈を通じる ウルトラ右翼「日本会議」のメンバーだった過去を
ヒタ隠しにしているからだ。

佐喜真氏は日本会議との関わりについて、
「私は(日本会議の)メンバーでもないし、現在でもメンバーでない」
などと全否定しているが、これは真っ赤なウソ。

宜野湾市長だった2012年、市議会で
「私も日本会議に加盟している1人 ではございます」と
ハッキリ認めた議事録も残っている。

佐喜真氏は知事選で自身の「黒歴史」を葬り去ろうと躍起になっている
のだろうが、果たして公職選挙法で禁じられた

「虚偽事項の 公表罪」に該当しないのか。

総務省によると、「同罪の成立には、公表者が虚偽を認識している
ことが必要」(選挙課)と説明する。

沖縄で取材中のジャーナリスト、横田一氏がこう言う。

「佐喜真さんは宜野湾市議のとき、日本会議の主張に関する
署名活動をしていますし、

佐喜真陣営の選対会議は、日本会議とつながりの強い沖縄県 神社庁
の地下会議室で 行われているようです。

佐喜真さんが経歴を隠しているのは、日本会議と相いれない
公明や創価学会の集票活動が鈍るのを 恐れてのことでしょう」


外務省が裏で コッソリ“支援”

都合の悪いことは隠す、ウソをつくのが当たり前の 安倍政権の政治手法

をマネしているのだろう。

問題なのは、そんな佐喜真氏を 外務省がコッソリと裏で“支援”
している疑いがあることだ。

今年5月、佐喜真氏は 沖縄の米軍基地負担軽減を訴えるため訪米し、
米政府関係者と面会。

相手は 国防次官補や 太平洋海兵隊司令官らで、

その2カ月前に訪米した翁長雄志前沖縄県知事の面会相手と比べて

破格の扱い だったという。

一連の経緯に詳しい国民民主党の藤田幸久副幹事長はこう指摘した。

「外務省の在外公館の定めによると、政府関係者が外国を訪れる際、

都道府県知事は 皇族や総理に次ぐ扱いを受ける。

市長はさらにランクが下がります。

しかし、佐喜真氏は出馬が取り沙汰されている中、米国で、
翁長知事よりも厚遇されていた。

通常ならば会えないような相手に会えたのは、

辺野古への基地移設を強弁する政府や官邸の意向があった
からではないか。

だとすれば、結果として、沖縄県知事選に 政府と官邸が介入した
ことになります」

要するに、外務省は知事候補と取り沙汰されていた佐喜真氏の
VIP待遇をお膳立てしていた
ワケだ。

まったく、ウソつき安倍政権がバックについた候補者に

ロクな人物はいない




コメント

*11. 樹里亜 jveXooif 2018年9月23日 Eps6QGzE1NI

  こっちにも 貼っとくね。

  ・佐喜眞候補本人の「日本会議のメンバーである」という発言が、
   市議会の議事録に残っているし、市議時代に日本会議の署名活動を
   一緒にやった人から、「彼はバリバリの 日本会議のメンバーですよ」
   という言質を取った。
   今回も、日本会議のメンバーが応援している。

  ・日本会議は5~6年前に那覇に支部を作り、東京本部から常駐職員
   を送り込んだ。百田尚樹や ケント・ギルバートの講演会を
   沖縄で開き、「沖縄が 中国に乗っ取られてしまうかも知れない」
   「翁長さんは 中国と太いパイプがある」などのデマを流して、
   翁長さんや稲嶺さんを引きずりおろそうとしてきた(動画18分頃から)。

  ・幸福の科学が 怪文書を配って歩いている。
   今回、出回っている怪文書は、小沢さんの似顔絵の横に
   共産党と過激派の絵があり、
   「沖縄が狙われてますよ。 過激派と関係のある枝野さんも
   デニーさんを応援していますよ。玉城デニーさんが当選すると、
   こういう人たちに 沖縄を乗っ取られ、支配されてしまいますよ」
   と書いてある。前回の名護市長選でも、同じようなデザインの
   中傷ビラが何種類も配られていた(動画21分台)。

  デモクラシータイムス
  【横田一の現場直撃】序盤密着、佐喜眞陣営の選挙運動 20180919
  ☆https://www.youtube.com/watch?v=NQvpyCbkFOg



鮮人どもが 不遜にも 神社を 乗っ取り始めておりますよ。

氏子の皆さん 神域がキムチ臭くなりますよ いいんですか?



再掲ですが、拙作二枚目、



「地蔵尊 秋景」です。 水彩 32cm x 40cm 紙



悪魔船=地球号、

◆https://blog.goo.ne.jp/adoi/e/58a6612546989948ac8d397b915d6b79
(新) 日本の黒い霧  2018-09-23
駿河湾、沼津沖で 不穏な動き


本年8月より、静岡県沼津市の沖合い、駿河湾内で
船舶の活発な動きが報告されています。

その顕著なものが、次の三つです。

  (1)若干の移動を伴う 地球号の停泊

  (2)沼津市片浜海岸における 海上自衛隊による揚陸訓練

  (3)9月22日夕刻、漁船ではない 数10隻の船影

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/11/86/
 0a0d03e5ef4393e875aaecd8de4188dd.jpg
写真1:沼津市内浦湾から望む海上の地球号


(1)について、上記写真1は、同地域に居住する方が今月初めに撮影した
海底掘削船 地球号の写真です。

8月下旬頃から、沼津沖数キロ圏内に少しずつ移動しながら
停泊しているとの連絡を受けています。

(2)以下は、沼津市より沿岸地域の住民に流された
 自衛隊訓練に関する告知内容です。

  放送日
   平成30年8月22日(水)、17時10分 放送
  放送対象地域
   原東、片浜、今沢、第二、第三、第四、我入道、静浦、
   内浦、西浦、戸田
  内容
   市役所からお知らせします。明日、海上自衛隊等が
   今沢基地を使用します。駿河湾で操業する船舶は、
   自衛隊の船に接近しないようご注意下さい。
   担当課:総務課 TEL:055-934-4712

訓練の僅か1日前に、突然告知がなされています。


複数の海上自衛隊関係者に尋ねたところ、そもそも、
沼津に今沢基地なる、在日米軍所属の揚陸訓練場が存在している
ことを知らなかったし、

訓練の場合、通常は
地域住民に1ヵ月前には告知する のが通例なので、
今回の場合、本当に緊急であったか、
沼津市側が早期の告知を怠ったとしか考えられないと
返答を受けています。

緊急の揚陸訓練だった場合、その緊急性にどのような背景があったのか
気になるところです。

なお、8月の揚陸訓練には英国海軍が参加しています。

在日米軍・英国海軍・海上自衛隊の各国連合軍が
いったい何を目的として 訓練を行っているのか、

また、地球号が これにどう絡んでいるのか、
あるいは無関係なのかも たいへん気になる所です。


私は、これらの動きを

自衛隊を偽装した各国別働隊 訓練 (*1)

と推測します。

ターゲットは当然ながら駿河湾でしょう。

駿河湾の何が?

という点に関しては まだ情報が分析できていませんが、

その答の鍵となるのが、地球号の出現であると考えられます。

  *1 各国別働隊:朝鮮、モンゴル、ネパール系など
    一見日本人と見分けのつかないアジア人種による外国軍部隊。

    アジア諸国への潜入工作などを行う。
    123便事件では、自衛隊と在日米軍に2重在籍した
    朝鮮人系部隊80余名が 事件処理に投入され、
    事件後に部隊ごと消滅させられた
と聞く。
    なお、消滅とは その人命も含む。


(3)この1ヵ月の動きに加え、漁船でない船団の突然の出現も気になります。
本日現在時刻、海上自衛隊の 大型護衛艦伊勢
佐賀県の唐津港に寄港しています。

情報筋によると、沼津沖の船団の動きと今回の伊勢の唐津寄港には
関連性があるとのことですが、その詳細は不明です。


* * *



最近の新聞の社会面で、「不正融資 問題」で話題になった駿河銀行。

その駿河銀行の本店が 沼津市にあるということも、何か引っ掛かります。

また、伊藤忠商事が所有していた山林を 市に寄贈し、
その山林の開発に 防衛省が関っているなど、

防衛関係者複数が関与する 気になる噂も聞こえてきます。

その他、沼津市内では 街の再整備事業が急ピッチで進められていることも、
何やら背後の動きを感じさせる兆候 とも見て取れます。

今後、静岡県沼津市、駿河湾における動静から 目が離せません


キリストの御国にて記す
管理人 日月土



再掲ですが、拙作三枚目、



「秋櫻(コスモス)の庭」です。 水彩&パステル 32cm x 40cm 紙



右翼テロ=在日朝鮮・似非右翼=893もん、

◆https://critic20.exblog.jp/29737141/#29737141_1
世に倦む日日 2018-09-11
昭和天皇の戦争責任を追及すると 右翼テロに襲われるのか


最新の天木直人氏との動画対談で、
昭和天皇の戦争責任の問題を取り上げさせていただいた。

その中で少し気になったことがある。

それは、天木氏から再三、こういうことを言うと右翼に狙われるとか、
襲撃される恐れがあって危険だという反応が返ってくることで、

その右翼テロのリスクに対する認識というか感性が、
私と天木氏の二人の間でかなり差があることに気づく。

実際に、社会的に知名度と影響力があり、選挙に立候補して
街頭演説で身を晒して9条護憲を訴えようとする天木氏と、

無名で無責任でノーリスクの私とでは立場が違い、
客観的な危険度の水準が違う。

私の方が相対的に無警戒な「平和ボケ」の油断に傾いてしまい、
いわば他人の迷惑も顧みず、無神経に歯に衣を着せぬ言論の冒険ができる
ということなのかもしれない。

が、私はそれ以上に、二人の間の年齢差によるものが大きく、
昭和天皇の戦争責任の問題をタブー視する意識の介在の程度が、
二人の間で異なるのではないかという気がしてならない。

つまり、もっと若い世代なら、もっと右寄りの者でも、
昭和天皇の戦争責任については あっけらかんと認める態度に出る
のではないか。


そう思った理由は、志位発言後の2ch掲示板の書き込みが
そういう内容と展開になっていたからである。

右翼の者でも、現代史に関心のある者は、山田朗の著作に目を通しているし、

吉田裕と豊下楢彦の岩波新書を精読していて、
そこに記述されている史実が持ち込まれていたのだ。

昭和天皇の戦争責任を否定して擁護する匿名右翼と論争になったとき、
擁護派は論破されて逃げる形勢になり、

山田朗・吉田裕・豊下楢彦の所論に対して 正面から挑みかかって
反論の持説で食い下がる者はいなかった。

それは、古川隆久の中公新書の筆致が全く同じであり、
菅義偉の「特に問題ではない」 「政府として問題であると認識しない」
の官房長官会見を思わせる、

門前払いの処理と対応をして、山田朗・吉田裕・豊下楢彦の批判を
いなす論法になっている。

昭和天皇は 英明な理性的君主だったのだから、それが結論だから終わりだ、

その「真実」と「正論」を信じない者とは 立場が根本的に違うのだから

相手にしない という姿勢である。

この古川隆久の昭和天皇像は、たしかに宮内庁の公式説明であり、

マスコミが撒いている公式見解ではあるけれど、

中身的にはかなり掘り崩されて 説得力を失ったものだ。


最近の若い右翼は軍事オタク的な者が多く、太平洋戦争についても
事細かな知識と関心を持っていて、
それを2ch掲示板で披露し自慢するのを趣味としている。

そこで、例えばインパール作戦などを考えたとき、
あの異常な経過と失敗の結末を総括しようとして、

牟田口廉也個人に責任を押し被せて済ますことができないのは、
それこそ理性を持った者の常識ということになるだろう。

牟田口廉也はなぜ責任を問われなかったのか。

それは、本当に責任を負うべき者がいたからで、
牟田口廉也に指示を出して 作戦を差配した者がいたからである。

作戦の結果を総括する 統帥の実権者がいたからだ。

それは、軍事オタクの右翼なら簡単に理解できる問題だろう。

どうしてあんな無謀な戦争に突っ込んだのか、

徒に戦禍を拡大させて犠牲を多くしたのか。

戦史について真面目に研究しようと試みれば、

否応なしに 統帥権者の昭和天皇 

の戦争指導が 視野に入ってくる
のであり、

山田朗が明確な解答を示していて、軍事オタクであればあるほど、

それを論理的に反駁し転覆することはできない。

したがって、昭和天皇無責任論や 昭和天皇平和主義者論は、

どうしても 宙に浮いた観念論的なドグマになる。

空念仏になる。


小説『風流夢譚』を掲載した中央公論の社長宅を右翼が襲い、
家政婦を刺殺した嶋中事件が起きたのは1961年のことである。

長崎市長だった本島等が昭和天皇の戦争責任があると明言し、
右翼団体の構成員から銃撃されて瀕死の重傷を負ったのは
1990年のことだった。

天皇制を批判したり、昭和天皇の戦争責任を言い挙げると、
この国では右翼のテロに遭う。

最近でも、吉祥寺での反天連のデモを右翼が襲撃し、
車のフロントガラスが割られ、参加者が殴られて歯を折られる
という事件が2年前に起きた。

天木氏の懸念と不安には十分な根拠がある。

が、今回の志位発言の後、共産党本部に銃弾が送りつけられたとか

脅迫があったという情報には接していない。

あまり楽観的になってはいけないが、同じ左翼でも

反天連の主張と 志位和夫の主張には違いがあり、

志位和夫の主張は天皇制を否定するものではなく、

そこが一つのポイントなのではないか。

私の結論と提案を端折って言うなら、

昭和天皇の戦争責任を認めて、昭和天皇と平成天皇とを切り分けた方が、

この国の象徴天皇制を永続させるのに具合がよい
ということになる。

そうした方がいい。

半藤一利と保阪正康には、ぜひその方向に舵を切って欲しい。


昭和天皇を無理やり平和主義者に仕立て、

平成天皇との連続性を強調するのではなく、

二人の間に 正しく断絶を入れ、平和憲法の象徴天皇制は

平成天皇が 父親の過誤に対する反省から創造し、

たゆまぬ努力と鋭意によって確立したものだと、

そういう歴史認識にした方がいい。

そうした方が、象徴天皇制の将来にわたる安定にとって寄与するし、

新天皇となる徳仁皇太子や その後に続く秋篠宮にとって負担がなくなる。

荷が軽くて済む。

昭和天皇を平和主義者だと無理に定義し、戦争の責任はないと強弁する

歴史認識をキャリーし続けることが、

せっかく平成天皇がここまで理念的に築き上げた象徴天皇制を不安定にし、

内部に思想的矛盾を抱え込ませ、中核に欺瞞を隠し続けることになる。

スッキリした方がいいのだ。

昭和天皇は あのような戦争人生を送り、国策を誤らせ、

無辜の民に犠牲を強いた
が、それは本人が悪かったというよりも

教育が悪かったのであり、乃木希典や杉浦重剛に

教育勅語のカルト教育を刷り込まれたため、

あのようなファナティックな国体思想の大権君主となり、

軍国主義のイデオロギーに準じ奉じる指導者となったのである。

人は生まれる場所を選べないし、少年期の教育係を選べない。

人格形成の環境を選べない。


もし、古川隆久が言うように、昭和天皇が立派な理性の君主で

有徳の平和主義者だとする定義を引き摺るならば、

皇太子も秋篠宮も昭和天皇をめざせばよい ということになる。

安倍晋三と自民党が日本を戦前日本のレジームに戻すから、

即位する新天皇も 昭和天皇のような「立派な象徴天皇」に収まればよい

ということになる。

教育勅語の天皇に君臨すればいい ということになる。

が、それはまさに、今の両陛下が実践して築いてきた平和憲法の

象徴天皇像の破壊であり、否定であり逸脱そのものだろう。

こうした右翼的な「理想」を皇室に押しつける方が、

象徴天皇制を不安定にし、混乱を与え、天皇制の永続を危うくする

のではないかと私には思われる。

村山談話で過去の侵略戦争を反省したように、

昭和天皇の戦争責任を正直に認め、誤りを犯したのだと

歴史認識を確定させた方がよく、

失敗した君主だという位置づけにした方がいい。

暴走して失敗した天皇は過去に何人もいる。

古川隆久によれば、裕仁皇太子に東宮御学問所で国史を教えた

白鳥庫吉の講義では、後醍醐天皇の評価は相対化され、

建武中興の際の 武士への行賞の過小や、

土地訴訟での不公平判決が批判されているとある。

昭和天皇もこの範疇でいいだろう。

虚構を真実だと強弁してはいけないのだ。


われわれが若い頃、昭和天皇は木偶人形だったという認識が一般的で、

私も含めて、それを事実だと信じこんでいた。

戦争指導にはノータッチで、作戦や戦況について詳しく知らず、

軍部の言いなりで 首を縦に振っていただけだ

という無色透明の局外表象だった。

お飾り人形の存在だったから、その人間に責任を問うのは酷だ

という空気が一般的だった。

そうした認識の下で、幅白く国民各層で免責論が納得されていた。

さすがに右翼が本島市長を銃撃したときは、

卑劣なテロに対する怒りと憤りが盛り上がったけれど、

1990年の時点というのは、山田朗の本も吉田裕の本も豊下楢彦の本も

出版されておらず、木偶人形論の観念がなお支配的だった時代と言えよう。

昭和天皇は 恰も 禁治産者の如き白痴表象として

世間で通念されていて、リアルな戦争の現実を何も知らないから、

あのような1975年のトボケた台詞 - 言葉のあや - も

会見で飛び出してしまうのだろうと、呆け老人のお漏らし現象のように

当時のわれわれは観察していた。


しかし、実際にはそうではなく、

戦争の過程に深く関与して指導していた実像 が明らか
になり


現代史に詳しい若い右翼も増える中で、

果たして今の右翼の視線から、昭和天皇の戦争責任を追及する言説

というのは どういう対象になるのだろうか。

それでもなお、天誅を加えてテロで見せしめにすべき不敬者

になるのであろうか。

歴史認識を歪曲すると、歪曲した側は 必ず追い詰められる。

辻褄合わせが破綻して敗北する。

全面降伏に追い込まれる。

慰安婦問題もそうだし、南京事件もそうだ。

右翼のイデオロギーが最終勝利することはない。

そのことを、半藤一利と保阪正康には 了解してもらいたい。



コメント

*Commented by 長坂 at 2018-09-11

  原武史の松本清張「昭和史発掘」226事件で
  昭和天皇と秩父宮の確執を知りました。
  Wikiなど読むと、無口で暗い昭和天皇に比べ
  優秀で社交的、貞明皇后から溺愛される秩父宮、
  たぶん兄弟間で嫉妬ライバル意識も強かったのではと。
  226以降 昭和天皇は統制派を積極的に重用し、
  結果東條が陸軍で実権を握り戦争拡大、日米開戦へ。
  一方肺結核を病み表舞台から去った秩父宮は、
  一貫して戦争拡大路線を批判し、
  もう一人の弟、高松宮は開戦当初から和平を主張し
  昭和天皇と対立していたとあります。
  和平や早期終結を願っていたのは弟達で 兄ではない。
  戦後も、GHQの中にさすがヒロヒトじゃまずいから
  高松宮でと言う意見があり、それを阻止すべく
  マッカーサー詣でを繰り返したと、、全然反省してない!

  私は戦後アメリカによる押し付けの最たるものは
  「原子力の 平和利用」と「昭和天皇の 平和利用」
  だと思っています。
  ミッドウエー 海戦時 既に敗戦後の日本占領計画の
  「ジャパン プラン」や
  その3カ月後に書かれたライシャワーメモに
  溥儀程度の傀儡じゃだめ、
  もっと強力なパペットとしてのヒロヒトを戴いたジャパン
  の設計図が出来上がっています。
  来るべき冷戦に向け 反共政策にどうしても必要不可欠な存在。
  ある意味アメリカの犠牲者かもしれないけど、
  平和のシンボルになって生き延びようなんて
  おこがましいにも程がある!
  今回の昭和天皇戦争責任シリーズ、
  YouTubeと合わせて本当に面白かったです。
  シンゾーの支持者が台湾の慰安婦像に
  蹴りを入れてる映像を見て、「立派な象徴天皇」は
  平成で終わり結局「右翼に利用される 天皇」になる
  ような気がしますけど、、、


 たびたびすみません。RAAについては1979年に出たドウス昌代の
  「敗者の贈り物」に書かれています。
  本も手元にないし内容も殆ど忘れてしまい、
 ネットで検索したら「大和民族の純潔を守るため」と
 1億円をポーンとRAAに拠出したのは当時の主税局長、池田勇人。
 最初は一般兵士相手は日本女性、将校向けに「米軍婦人部隊」。
 占領が落ち着いて来た年末から 一部の将校が楽しんだのは
 日本の上層部の女性との 社交(?)だそうです。
 原節子さんは「マッカーサーのお相手」に差し出されそうになり、
 銀幕を去った とか言われてましたよね。
 個人的には予備校の先生が(40年ぐらい前ですが)
 某大女優が将校の所に来ていたのを
  近所に下宿していた自分はよく見ていたと、
 授業内容は覚えてないけどはっきりと記憶しています。
 宮中筋が 色々画策したとしても 全然不思議ではないです。


  RAA:特殊慰安施設協会(とくしゅいあんしせつきょうかい)
  第二次世界大戦後、連合国軍占領下の日本政府によって作られた
  慰安所である。
  連合国軍兵士による強姦や性暴力を防ぐために設置された。
  日本政府は最大で5万5000人の売春婦を募集し、
  短期間の間設置した。
  英語では Recreation and Amusement Association と言い、
  RAA の頭字語で知られた。




そもそも 現行 大室天皇家は 成り済まし。 これが禍根の大元。

手前は 以前から申し上げておる とーり 「北朝復活」論者 です。

孝明天皇に血縁の近い 旧公家の子孫が 京都に何名か おるとか?

大室天皇家も 悠仁親王の首の皮一枚 風前の灯だ。

これ 孝明天皇の怨霊による 祟タタリで 誰も鎮めること 能わず。

宜しく 新宮家を立て 「北朝復活」に備えるべき。

但し 再興北朝は 憲法改正して 京都で祭祀のみ とする。

国事行為は全廃して 政治と絶縁させる ことです。

これが 本来の姿 では。

コメント   この記事についてブログを書く
« 秋の お彼岸Ⅱ | トップ |  秋の お彼岸Ⅳ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事