ギャラリー酔いどれ

売れない絵描きの世迷い言&作品紹介

冬至ですね

2008-12-21 10:19:16 | Weblog
 画は歌川広重(1797年)~(1858年)

 (安藤広重)号は一立齋(いちりゅうさい) 

 作


 「京都名所之内」より、

 「祇園社雪中」です。


☆冬至ですね、粉雪が降り出しました。

これから寒くなるよという合図なんだとか。

「冬至冬なか冬はじめ」といって、寒さがいっそう厳しくなるころ。

皆様、風邪など召しませぬよう。

さて、「諸行無常」といふこと、

平家物語第一巻冒頭「祇園精舎」より、


祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす

おごれる人も久しからず ただ春の夜の夢のごとし

たけき者もつひには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ



まさに「この世のあらゆるものはすべて移ろい行く」わけで、

「佛法」ですら滅するし、「地球」も滅するわけです。

ましてや特定の「産業」など一瞬の興亡に過ぎぬし、「国家」も然りです。

「道理」には謙虚でありたいものですが、

逆らう存在もあり、終わりは惨めなことになること必定。

◆http://archive.mag2.com/0000012950/index.html
2008/12/21
*天才投資家ジム・ロジャース恐怖の大予言2

<略>

実際に1ドル10円になるかは別として、
「ドル安」にむかう必然性はあります。

1、アメリカのゼロ金利

アメリカはこれまで、「高金利政策」でドル高を維持してきました。

日本がゼロ金利でアメリカが5%なら、
当然アメリカに資金が流れます。

バブル崩壊後さんざん日本をバカにしたアメリカ。

今、かつての日本と同じ「ゼロ金利」にせざるをえなくなりました。

それで、ドルから円・ユーロに資金が流れています。

2、アメリカの財政危機

アメリカは、もう20年も
世界一の財政赤字国・経常赤字国・対外債務国家をしています。

財政赤字、今年はとんでもないことになりそうです。


<米財政赤字、前年度に迫る=当初2カ月で4000億ドル超
12月11日6時6分配信 時事通信
【ワシントン10日時事】米財務省は10日、2009会計年度(08年1
0月-09年9月)の当初2カ月間の財政赤字が累計で4015億7400
万ドルとなったと発表した。
金融機関への公的資金注入などで歳出が急速に膨らみ、既に過
去最高だった08年度全体(4547億9800万ドルの赤字)に迫る勢いだ。>

2ヶ月の赤字が、昨年一年の赤字に匹敵する。

このペースでいくとアメリカ、
今年は240兆円(!)という膨大な赤字を出すことになる。

これは日本の税収の5年分(!)に匹敵する額。

世界の国や人々は、こんなアメリカに今後もお金を貸しつづけるでしょうか?

3、ドル体制の崩壊

ドル下落最大の要因はこれでしょう。

最近も、ロシアは中国・ベトナム・ベネズエラと
「二国間貿易ではドルを使わない」ことで合意に達しています。

また同国は、ルーブルを旧ソ連圏の基軸通貨にする工作を
着々とすすめている。

さらに、南米でも中東産油国でも共通通貨導入の動きが加速しています。

ジムさんの予言が的中するとどうなるのでしょうか?

・ドル大暴落
・アメリカハイパーインフレ
・アメリカ国家破産

ということでしょう。

オバマさんがアメリカのゴルバチョフになる可能性は
日ごとに高まっています。

(おわり)

◆http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
2008/12/20
2009年1月5日日本企業滅亡(株券300億株消滅)
日本企業の外資占領を阻止せよ<ターゲットはトヨタか?>

<略>

<小泉政権幹部は、日本の優良企業の株を
外資に安価に差し上げるビジネスに動く>
小泉政権幹部の面々は、「自民党の存続」
などもとからどうでもよく、「個人的に金儲けをする」
ために、「日本の優良企業の株を外資に差し上げる」
べく動いているらしい。

「郵政民営化死守」は 何も国民のことなどひとつも
考えていないが、
「350兆円の郵貯・簡保を外資に差し上げれば
10%のコミッションが入る」から「死守」しているのである。

<明らかにされたスイス銀行のナンバーアカウント>
最近では、ライブドアファイナンスが、
クレデイスイスに口座を開設していたこと、
クレデイスイスから融資を受けたりして
さまざまな企業ののっとりをしかけていたことが
ばれて報道されているが、似たような構図が政治家や
秘書官にも存在しているのである。

<略>

<巧妙に誘導されている赤字報道>
今回、巧妙なのは、トヨタは営業利益が大幅黒字であるにもかかわらず、
意図的に円高ドル安に誘導して、トヨタの輸出企業としての利益を
減らして赤字に誘導しているという点である。

本来、黒字であったにもかかわらず、無理やりに為替変動に
よって「強引に赤字」にするように動いている。
<仕組まれた報道>
そして小泉政権幹部とべったりの記事ばかり配信する「時事通信」が
何らかの形で「悪いニュースを流す」
日本のニュースの構造上、時事通信社が配信するニュースは、そのまま
下請けのような通信社が引用して配信する「無責任体質」がある。

小泉政権幹部の意向の記事をよく流す媒体としては
「時事通信社」「読売新聞」「日本経済新聞社」「夕刊フジ」
「週刊文春」「文芸春秋」
があげられる。そしてそれにときどき「産経新聞」「毎日新聞」が加わる。

小泉容疑者が、事務次官連続殺人事件を引き起こしたときも、
なぜか時事通信社が、突出して配信していた。しかも後で
検証してみると、「かくらん」につながるような内容ばかりであった。

<問題のあるシカゴ大学>
日銀のトップは、シカゴ大学に留学して勉強してきている。
シカゴ大学は、ロックフェラーが設立した大学で、「間違った経済理論」を
世の中にすすめるために作ったとうわさされる大学である。
一方、核分裂の研究など核爆弾開発に関係するような研究は
最先端で有名なのである。

世界を混乱に陥れている経済学のミルトンフリードマンはシカゴ学派である。



「日本企業の外資占領」はもうないのでは? 甘いかな。

もうスッカラカンではないのかなぁ? すでに破産もしくは寸前では。

トヨタなどは「輸出至上主義の暴走機関車」ですよ、ある意味国賊。

「輸出戻し税」ご存知ですか?

*http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/12/post_8a0e.html
2006.12.12 経団連は売国連 ご参照。

日本を基盤にしながら日本を犠牲にしておる「亡国企業」ともいえる。

政・官と癒着し、国益など一顧だにしておらぬ、「世界のトヨタ」w

「北米市場」がいつまでも続くと考えるのがおかしいわな。

驕りがなかったかね? 

「諸行無常」の理(ことはり)からはずれておったのさ。

国民に支持され愛されぬ企業に未来はないよ。

◆http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
植草一秀の『知られざる真実』
*適切な日銀利下げと不適切な日銀批判

<略>

日本政府は外貨準備残高を100兆円にまで膨張させたが、
その外貨準備のドル資産がいま、円高進行によって巨額損失を発生させている。
外貨準備の為替評価損失は円ドルレートが1ドル=95円の段階で
24兆円にも達している。1ドル=88円にまで円高が進行した現段階では
為替評価損失が30兆円程度に拡大している可能性がある。

これだけの資金があれば、雇い止めの暴挙に直面した
非正規雇用労働者のすべてを救済し、
障害者、高齢者、生活困窮者のすべてを救済することができる。
外貨準備での巨額損失の責任を厳正に追及しなければならない。

日銀の金融緩和政策強化を主張する高橋洋一氏、竹中平蔵氏、中川秀直氏、
渡辺喜美氏は、外貨準備や郵貯資金をサブプライム金融危機対策に流用する
ことを主張してきた。彼らの主張を取り入れて
日本政府がさらに巨大な資金を米国金融機関救済資金に充当してきたなら、
日本国民が負担する損失金額はさらに膨張していたはずだ。
「亡国の売国政策」と言わざるを得ない。

<略>

重要なことは、財政政策を活用して
「セーフティーネット」を強化するかどうかである。

「弱肉強食奨励」=「セーフティーネット破壊」を推進してきた
「市場原理主義」=「新自由主義」の政策路線を否定し、
「セーフティーネット強化」=「人間尊重主義」の政策路線を基本に据える
のかどうかが問われている。
「偽装CHANGE勢力」が「セーフティーネット強化」に反対する存在
であることを確認しておく必要がある。

米国ではビッグスリー救済、ゼロ金利政策実施で、
政策メニューが出尽くしてしまった。経済の悪化は加速しており、
今後の株価下落、経済悪化に十分な警戒が必要である。

2009会計年度の米国財政赤字は1兆ドルを突破する可能性が高い。
米国は最終的に中央銀行が政府赤字をファイナンスすることになるだろう。
米ドルの下落傾向は持続することが予想される。

日本政府は外貨準備の為替評価損失を縮小させるために、
保有ドル資産の売却を検討するべきである。

趨勢的な円高進行が予想される局面でのドル買い為替介入には
慎重でなければならない。
今後の「偽装CHANGE勢力」の行動に対する監視が重要である。



米帝は「病膏肓に入る」、もう助からぬ。

放蕩無頼の報い・自業自得でしかないわけで、要らざる助けはムダですし、

そんな義理など皆無、さんざっぱらタカラレて鼻血も出ないわな。

国内の工作員どもの動きが熾烈になる、厳しい指令がきておるのでしょうw

監視を緩めてはなりませぬ。



コメント   この記事についてブログを書く
« 冬の雨 | トップ | 暮のあした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事