集団ストーカー 闇世を暴け 県をまたいだ嫌がらせ 

巧妙にして 狡猾 狡猾にして 陰湿
陰湿にして 謀略的

ガスライティング の実態とその加害者
の正体

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なぜ「朝鮮進駐軍」に数多くの同和被差別部落民が参加していたか

2010年07月04日 | 日記

 

「集団ストーカー」「部落民」検索

尚 今は無き昔の人が警告していたこと 聞いたことも含んでいます

 
明治以降の在日とは違う。日本人とみなされるが、江戸時代までは隔離されていた
「奴隷というより残虐性が高かったので、隔離されていたのです」これは江戸時代に集団で残虐行為をするので 部落の人たちを隔離するよう 当時の幕府に要望したのは、一般人でした ですから江戸幕府が率先してやったのではありません

同和に関しては同和自身が、「日本の歴史を改ざんしている」と思われる検索サイトが多くあります ですから 惑わされないように調べました また同和と日教組 は繋がっています

そして 同和(部落開放同盟)の嫌がらせにより 多くの教師の方が「自殺」に追い込まれている歴史があります 特に西日本はひどいのです 

特に私が住む広島では・・・

 現在は部落問題に関して、報道規制が敷かれているのでしょう 報道陣への弾圧行為も目に余るものがありました おそらくこれがきっかけでしょう。圧力団体としての部落解放同盟(同和)

は、言葉尻を捉え間接的に殺す(ヤクザそのものです)

 現在も まだまだ全国にこうした事件はあると感じ取ることができます。

現在は一般人もターゲットにされています  これにカルトが乗じています 

これに 現在「朝鮮人被差別部落」が人権団体を結成していますが、暴力集団民族が 人権団体を結成していることじたい 考えられません

犯罪者そのものです

そして「人権擁護法案」という 心地よい言葉を使っていますが これには「部落開放同盟」という「同和」部落 同和は挑戦人利権であり

利権がらみ だということ、いわば騙し法案です 

部落開放同盟は、昔から街宣車を持っていて、現在偽装右翼団体、として活動しています 

そして偽装右翼団体が「同和部落や在日を批判した動画があります、これは、あの集団たちの得意の、騙しの【猿芝居だと思います】

同和が大半を占めている暴力団傘下の偽装右翼団体です (まとも保守右翼が少しでもあるのなら応援はしますが、)

ほとんどの右翼団体は 暴力団傘下のヤクザだと認識しています

本当は極左集団です 犯罪者集団です 騙しと猿芝居が得意ですから 日本人はコロット騙されます

自分自身が自分の目で見たから これは誰に何といわれようが揺るぎません。街宣右翼は在日を批判しながら 北朝鮮ヤクザ幹部の傘下組織(ヤクザ)なんですから、猿芝居が得意で ついつい 知らない人は動画を見て信じちゃいますよね 

そうやって動画に投稿して我々を騙すのです 

昔は黒塗りの街宣車を所持しているイコール「部落開放同盟」でした 暴力団対策法」というのが出来て ヤクザ傘下で、街宣右翼の仮面をかぶって活動しているのでしょう

 そしてもっと恐ろしいことが

言論弾圧法案とセットだということです

ようするに暴力集団(ヤクザ)に 無条件に「特権」という

「日本人よりも同和朝鮮部落」を優遇し、税金を無条件に差し上げましょう。という法案です

 それブラス ヤクザの得意とした因縁をつけ、相手の言葉尻を捉え、」恫喝 暴力 集団リンチ それを公的に差別問題に

「摩り替え 自分たちの暴力行為を正当化させる」つもりでしょう 差別はカネになりますからね だから同和に金持ちが多い ベンツを乗り大きな家、どこまで日本人は これらに騙されれば目が覚めるのでしょうか?

これらを法的に、ヤクザ同和部落開放同盟) 人権マフィア

の都合の良いように、もって行こうとしているのが 人権擁護法案だと思います

同和(法務局の人権擁護員はすでに、同和部落支配下です 私は電話で同和部落という知らない人たちに県をまたいで集団で監視 嫌がらせ挑発、道を集団でふさがれ 7才8才位の子供にまで罵倒されたこと、同和は図るということ、極めて謀略的なことなどを話、ましたが、法務局の人権擁護員の啓発活動を聞いて唖然としました

法務局の人権擁護員は、同和という暴力集団の人権を優位に思い、反対に、同和差別に対する批判宣伝である「啓発活動」がおもな仕事だというのです。 )

日本人は蚊帳の外であり、日本人の「基本的人権」は決して同和部落集団から守られていません

この国は すでに日本ではない、暴力団である部落開放同盟(同和)が人権と名の付くものを支配していると痛感致しました。

同和は紛れも無く 暴力団集団なのです こんな人たちに特権を与え続けた自民党 公明党 

カプラン&デュプロが書いたYAKUZAという本を読みあさりましたが ヤクザ特権(同和部落利権)を与えたのは、「戦後マッカーサーに、我々朝鮮人は日本人からずっと差別され続けている」と大嘘の陳情をし

GHQと当時の日本政府が、それをきっかけに、

「ヤクザ特権(同和部落特権)を与え 、米国は、朝鮮人をスパイとして使ったり、日本人を信用していなかった米国GHQは、朝鮮人に対して空港整備の工事を優先して与え、日本人が食糧もなく苦しんでいた時、朝鮮人は米国GHQの優遇政策により、富裕層に成り上がり、次々に暴力団企業家が日本に出来あがり、戦後GHQ占領下にも関わらず

全国一斉に、朝鮮同和が国政選挙 地方選挙に立候補し、当選したとのことです 

当時は自由党と民主党 というのがあり これらが、合併し自由民主党が出来たこと。だから政党問わず二世三世四世政治家には少なからず、朝鮮同和という売国奴政治家が存在していると思います

社会党も自民党も民主党も解同出身の政治家が 紛れ込んでいると思います

同和部落を調べていたら、米国に日本人が貯蓄した「郵貯」300兆円を米国に出資せよ」を言った元自民党大臣の「竹中平蔵さんという売国奴が」「朝鮮人同和部落民」に間違えない。ということがわかりました 

だから売国奴だったのだと思っています 小泉さんもおそらく調べたらわかるけれど、明治時代以降 成り上がった同和の出身である可能性が強いです

私がこういう災難に 合いだしたのは、自民党の小泉政権成立後 すぐでした しかし かと言って 政権交代したから。と言って、沈静化しませんでした 私は不動産屋にあれだけ、「部落地域以外でアパートを探してほしい」と言ったにも関わらず 広島市内の部落のど真ん中を紹介されたことに、後になって気づきました

不動産屋に騙された・あいつも仲間だった。と後で気づき悔しい思いをしました

異常な監視 嫌がらせ 恫喝罵倒  これらの犯罪行為を正当化させる為には、必ず「大儀名文」が必要です。そうです 嘘と空想を創作し、風評して始めて、これらの集団嫌がらせ行為が、行えるのです

ここで 同和集団が、根も葉もない悪評を流している」と 想像がつきます。

日本終戦後 GHQ占領軍は、日本人を信用せず、在日朝鮮人を優遇し続け これら朝鮮人を使って、日本人を監視させていた。ことも知りました この国は腐ってます 

人権団体の正式名が「朝鮮人被差別部落」同和であり、この犯罪集団組織の鬼たちは 朝鮮人としての自覚を持って団結していると思います 日本人より「朝鮮人同和や在日を優遇している「日本」

という名の国は、じつは朝鮮人に特権を与え続けた「朝鮮第二国家」だったのです 私はそう思っています 日本人は同和に対しても在日に対しても、差別などないのです 

相手の言葉遣いや日本人を馬鹿にしたような言葉オドリャースドリャー言うのを聞けば 誰でも「怖いので引越ししたい」と思うでしょう しかも直接的に言ったのではなく、間接的に第三者にグチとして言っただけです それがきっかけで、県をまたいで すさまじい嫌がらせ監視行為で人生をめちゃくちゃにされました。

相手は同和部落という暴力集団です 「怖い」と言ったことに関して、「言葉尻」を取り 因縁言いがかりをつけた「逆差別」こそ 

この日本に 万延している朝鮮人(同和部落)集団による

 日本人差別です 

朝鮮進駐軍」に在日以上に同和が居たのか に関して

「戦後の混乱期 
日本人の生命 財産、社会的地位を奪い 生きる望みさえも、奪い さまざまな残虐行為を全国いっせいにして回った、犯罪者集団  (朝鮮進駐軍)(当時は愚連隊と呼んでいた 現在のヤクザ) 

これら朝鮮進駐軍に在日以上に数多く 同和部落民が参加していたことを思うと納得が出来ます 

彼ら彼女らこそ、朝鮮人の自覚を持って、日本人面して工作活動を率先してやる(男 女 子供 すべてが)暴力集団だからです
奴らは嘘と猿芝居 詐欺師集団です

同和部落民は、在日を差別しているフリをしていますが、じつは奴らこそ集団で犯罪行為をし続けている(解同)朝鮮人なのです

ちなみに、暴力団ヤクザは、在日朝鮮人を幹部に据えているが、ヤクザの大半が 同和部落

知らない人は ただの士農工商エタ非人」という身分制度のエタ、だろうとしか知らない人が多いですが
私は子供の頃 同和部落は、
非常に残虐性が高い民族だということも聞いています。何かと集団で徒党を組み残虐的民族であること 我々日本人を平気で騙すことなど 

当時は 大人が勝手に言っているだけだろう」と思っていました、
が しかし 自分自身が
「言葉尻」を取られ」因縁をつけられ たったそれだけが原因で

自由を奪われ 今まで築いてきた人間関係を次々に破壊され

さまざまな「人権侵害」を受けており、しかも、

県をまたいで、全く知らない人間からさまざまな ひどい嫌がらせを受け 社会的地位を破壊され 異常とも思える「嫌がらせ」をされ、

集団で 精神的に痛めつけられ また それが全く知らない人間(鬼畜)で、最初は「どうして、私がこういうひどい差別や嫌がらせを集団で受けなくてはならないのか、理解できませんでした」 

そして 7年目にして、「嫌がらせ」で検索していて、偶然に集団ストーカー」という欄を見つけ、私はこう思いました

「現在私が置かれている立場 及び被害である人権侵害行為は、これとよく似ている、そして 私が今自由を奪われ、社会的抹殺され、何やら水面下で、私の周りの人間関係を次から次へと破壊する者がいる

不法侵入を何度もされお金を取られたり、家猫に何か毒のようなものを飲ました輩がいる」こと

 電車の中での知らない人間からの罵倒 嫌がらせ 道を歩いていても、知らない人間からの罵倒と進路防害

、監視活動 私が知らずに引越しした地域が「部落地域で、まん前が朝鮮ヤクザや右翼団体の巣だったこと。

「怖いので引越しせんといけん」と第三者に言ったのをきっかけに 水面下で何ものかが、私が築いてきた人間関係を、端から破壊していったこと。職場で孤立させられたこと。

全く「知らない4人組みの中年の女、に待ち伏せされ、通り道を塞がれた恐怖」 母親が連れて横断歩道を歩いていた7才8才の子供や男女のアベックから、図ったように 罵倒されたこと 

そして そこが被差別部落地域だったと知ったこと。

この集団による犯罪行為だ。とわかったのは、7年間の考察の末です そして日本全国に こうした被害者が居る、ということを知りました ですから 全国には まだ自分が置かれている立場が集団嫌がらせ行為だと、気づいていない被害者も多いと思います

そして この嫌がらせ行為は、解同(朝鮮同和)が、ターゲットを自殺に追い込んで、殺すために行っている。「言葉尻」を捉え

集団で、言いがかりをつけ、日本人の人生をめちゃくちゃにし、「ノイローゼ」にさせる犯罪手口」だということ これらは

解同が戦後 多くの教師を自殺に追い込んだ事件と非常に、よく似ています ・・・ 何と恐ろしい

 

 巧妙にして 狡猾 狡猾にして 陰湿 陰湿にして 謀略的

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 実家に帰って16日であまりに... | トップ | 監視カメラを取り付ける時間... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全くそのとおり (同和被害者)
2011-01-15 04:07:28
ブログ作成者のこの方が書かれている内容は、かつてのわたしなら、何と差別主義的なんだろうと思ってしまったでしょう。
わたしは、以前は教育の影響もあり、同和差別、在日差別は醜いことだと考え、そうだと思われる発言を激しく嫌悪し、そういう人たちを軽蔑していました。そして、わたし自身、左翼系の差別反対のデモに参加し、その運動を支援していたこともあります。
でも、社会を経験するうちに、同和、在日がどれほど卑劣で、一般日本人にどれほど損害を与え、侮蔑しているか、分かってきました。
彼らは、時には極左行動をし、時には極右共同をし、時には暴力団として日本人に襲い掛かってきます。
同和が在日に差別発言をしたり、逆に在日が同和に差別発言をしたりすることは多いですが、同和のかなりの構成員は、古くからの渡来人であったり、日韓併合あたりから日本になだれこんできた朝鮮人です。このことは、良心的な同和住民の研究者自身が言及しています。同和地区は、朝鮮密入獄者や合法入国者を受け入れ、ぼったくりに近い賃料をせしめていました。その後、そういった朝鮮人も同和住民と認定され今日に至っています。
最近になって、朝鮮帰化人・同和住民の一般企業や役所などで結束の固さ、それを利用して昇進などで一般人を差別していることも分かってきました。その手段として、よく「○○会」とかいうようなグループを作り、定期的に会合し酒食をともにし、結束を図っています。
よく、日本の政治は裏で暴力団に牛耳られていると言われたりしますが、その暴力団こそ、
正に、同和そのもので、いざというとき(逮捕や抗争)のため、帰化朝鮮人ではなく、在日朝鮮人をトップや幹部に据えたりしています。よく、右翼や暴力団の構成員に在日が多いように言われますが、実は、帰化朝鮮人を含む同和が主力なのです。街宣右翼も、在日が主力のように言ったりする向きがありますが、実質は、同和が主力なのです。
また、同和住民は、一般人の常識とは逆に、日教組や共産党を激しく批判ますが、それらは、同和とは犬猿の仲で、暴力沙汰がおきたり、多くの教師が自殺に追い込まれたりしています。
とくに、共産党の同和関連利権事業への厳しい、時には差別的だとも思える批判は、同和構成員を激怒させています。これは、もう50年以上も続いており、自民、民主、公明と違い、お互い、将来にわたり歩み寄ることはないでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事