JCIA(日本幼児コンピュータあそび研究協議会/幼児教育ソフト研究会)ブログ

幼稚園で、保育園で、家庭で、子ども達にとって有効なコンピュータの活用方法を研究しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東日本大震災の経験から、災害時に有効な学校IT環境についての提言

2012-11-05 12:34:21 | 活動報告
東日本大震災の経験から、災害時に有効な学校IT環境についての提言

                               JCIA 日本幼児コンピュータあそび研究協議会

 東日本大震災から1年半が過ぎましたが、大きな爪痕への対応が思うように進まぬ中、大飯原発や首都圏で新たな断層が発見され、直下型地震に対する心配が続いています。震災以来、全ての教育機関がこれまでの地震対策や避難方法についてもう一度ゼロから見直し、地震災害と真剣に向き合って参りましたが、その中で、情報手段の果たす役割がどれほど大きいかについてもわかって参りました。緊急地震速報システムなどは避難に直結して命を守る情報手段といえるでしょう。反対に、地震が起きてからの情報手段は家族の絆を繋ぐ命綱の役割を果たすでしょう。特に小さな子どもを預かる幼稚園や保育園では、どのような情報手段を利用して、我が子を心配する保護者と正確に連絡を取り合い、いかに安全に園児を引き渡すかについて、これまできっと真剣に検討が重ねられたことでしょう。
 JCIA(日本幼児コンピュータあそび研究協議会)では、こうした災害時にどのような情報手段が好ましいかについて現状を分析しました。携帯電話やインターネットなどの情報メディアから実際に人が移動して情報を伝える方法まで、実際に地震が起きたら被災状況に応じて選択できる情報手段は異なりますが、こうした全体像を踏まえながら、災害時に少しでも役に立つ学校IT環境とは何かについて整理し、これから地震防災対策を検討する上での一助となりますよう提言をまとめました。

1.東日本大震災の経験から

 東日本大震災の当時は、被災地だけでなく広い地域で長時間にわたり電話や携帯メールが通信しづらい状況が続きました。そんな中、Twitter(ツイッター)やmixi(ミクシィ)、Facebook(フェイスブック)などといったインターネット上の「ソーシャルメディアサービス」の利用者は、比較的早く情報収集や緊急連絡ができたといいます。緊急時でもインターネットに接続できる環境が確保できていれば、園のホームページやソーシャルメディアを通じて、職員同士や保護者との緊急連絡手段を複数確保することができるといえます。

2.メールよりもwebサービスが有効だった理由

 そもそも、なぜメール連絡は遅れるのでしょうか。メール配信システムから一斉送信される保護者宛のメールは、一般的にインターネットを通じてメール配信用サーバからプロバイダや各携帯電話会社のサーバに届けられます。そのメールは、一時的に携帯電話会社の交換機(サーバ)に集められてから順次送信されますが、災害時など一極集中して混雑が予想される場合は送信制限がかかり、受け付けがされなかったり、送信が遅延したりすることがあります。一般電話や携帯電話の通話は、利用が集中するだけでなく、災害の救援・復旧にかかわる機関の通話を優先する目的で一般回線の利用が制限されるため、通話がしにくくなるのです。
 これに対して、ホームページのほか、Twitter(ツイッター)、mixi(ミクシィ)、Facebook(フェイスブック)などといったインターネット上の「ソーシャルメディアサービス」が利用しやすかったのはなぜでしょうか。その理由は、情報の発信者も閲覧者もともにインターネット上のサーバにアクセスし、情報を発信したり閲覧したりするしくみだからです。災害時は普段よりもインターネットへのアクセスが集中するのですが、電話の通信網のように利用制限がかかることはありません。また、新しい技術でアクセスを分散できるように工夫されているため、災害時に強い基盤と言われているのです。
 災害時にはパソコンが利用できないこともあると思いますが、そんな時は、携帯電話のほかにタブレットコンピュータやスマートフォンもあると役立ちます。停電で電源が確保できないときでもバッテリー駆動できますし、携帯電話の通信ができないときでもワイヤレスで接続することができます。
 大切なのは日常からそれらの道具に使い慣れておくことでしょう。仕事でもプライベートでも複数の「デジタルデバイス」を持ち歩き、大いに活用しておくことをお勧めします。

3.非常時に対応できるIT環境とは

 メールは災害直後に配信遅延が生じるとしても、園から保護者への一斉連絡手段としてはやはり有効です。災害の状況にもよりますが、まずはメール配信システムを整備し、日頃から先生がメール送信の手順に慣れておくだけでなく、保護者側もメールの受信状況を確認しておくとよいでしょう。
 また、「開封確認機能」があれば、保護者がいつメールを確認したかを管理画面で確認できます。この機能によって、連絡漏れを防ぐことができるので安心です。あわせて、携帯電話やスマートフォンから簡単な操作で一斉送信ができたり、様々な条件で送信者をグループ分けして送信ができる機能があると便利です。
 次にホームページですが、これは携帯電話からの閲覧が可能となっているでしょうか。普段は利用しなくても、緊急時なら携帯電話からホームページを閲覧する保護者が増えるでしょう。また、更新作業はパソコン以外のデジタルデバイスからも可能でしょうか。携帯電話やスマートフォンなどを使ってインターネット接続し、いつでもどこでも更新ができる状態が理想的です。さらに、近年はスマートフォンが急激に普及しています。保護者のスマートフォン利用率が高まっているようなら、ホームページをスマートフォン対応にし、ワンタッチで必要な情報を閲覧できるようにするのもよいでしょう。
 メールが使えない状況での連絡手段として有効なのがTwitter(ツイッター)、mixi(ミクシィ)、Facebook(フェイスブック)などといったインターネット上の「ソーシャルメディアサービス」です。これらは無料会員登録をして「アカウント」を取得すれば、利用者間で安否確認や情報収集をすることができます。
 「Twitter」はホームページ同様に不特定多数に広く情報を伝える役割を果たします。発信された情報を閲覧した人々がそれを転載(リツイート)して広めることもできるため、水や食料の要求、避難ルートや避難場所の確認、医療サービスが受けられる場所などの情報提供にも広く活用されました。
 「Facebook」にも「Facebookページ」と呼ばれるホームページ同様の情報発信機能があります。これは会員でなくても閲覧できるため、園の状況を広く伝達することができます。またFacebookは実名で登録することが義務付けられているため、保護者にも登録してもらえば、非公開で「グループ」を開設することもできます。グループ内での情報発信は閲覧者も限られていることから、より詳細な情報共有をおこなうことができます。グループを開設した場合は、日頃から情報交換に活かし、そのしくみに慣れておくことをお勧めします。実名での交流のため、コミュニティが荒れるような心配も少ないでしょう。

4.情報のセキュリティ確保のために

 情報をインターネット上に置き、どこからでも利用できるコンピュータの仕組みを「クラウドコンピューティング」と言います。特に東日本大震災後に注目されている利用形態で、インターネットに接続すれば情報を取り出すことができます。地震によりパソコンが壊れても、情報の安全性は確保できます。クラウドコンピューティングを利用すれば、セキュリティが確保された場所に個人情報を一元管理でき、さらに煩雑な業務もスムーズに対応できます。緊急連絡だけでなく、非常時に備えて情報の安全管理も検討しておくとよいでしょう。

平成24年 11月 1日


                                JCIA 日本幼児コンピュータあそび研究協議会
                                      http://blog.goo.ne.jp/55jcia
                        (問合せ先)JCIA事務局 学校法人陽光学園 えいすう幼稚園
                                    TEL046-221-0115 FAX046-222-8889
                                         http://www.eisu.ed.jp/


この記事をはてなブックマークに追加

幼児向けソフトの評価基準作成について

2008-09-01 18:15:16 | 活動報告
 パソコンが幼児教育の中にも盛り込まれていこうとする中で、幼稚園の教職員が、実際にどんなソフトを選べばよいのか解からない状態でいることが多い。
 そこで当研究会では、ソフトを選ぶときに参考となる独自の評価基準を作成していくことを決め、検討してきたが、その結果、幼稚園教育要領(五領域)に沿って以下のようなチェック項目が出来上がった。

①健 康
  幼児の心身の発達にふさわしい
  必要な時間内で満足できる
  日常生活と結びつけられる
  音・動画・色・スピードが刺激的すぎない
  ソフトに親しみがもてる
②人間関係
  子ども同士のコミュニケーションに役立つ
  子どもと教師のコミュニケーションに役立つ
  複数で遊んだり学んだりできる
  子どもの話題作りに役立つ
  みんなで考えたり協力できる
③環 境
  コンピュータ以外の教材と併用できる
  ソフトの操作がわかりやすい
  ソフトの画面設定・キャラクターが楽しい
  プリントアウトできる
  保存することができる
  色々な加工が楽しめる
  インタラクティブ(双方向)な操作ができる
  幼児がやりたいことに対応できる
④言 葉
  問いかけてくる言葉の量
  言葉がわかりやすい
  言葉のやさしさ
  言葉のスピード
  言葉を覚えるのに役立つ
⑤表 現
  自分たちで使い方を工夫できる
  ビデオ・写真・音声を使える
  活動したことを発表できる

※③の環境領域は本来自然環境などの意味合いなのだが、ここではソフトの環境としてまとめている。

 以上の各項目を3段階評価で行うことを決め、その最初の評価対象として、株式会社サンリオが製作し、NECインターチャネル株式会社がWindows版を開発・販売したCD-ROM絵本「キティタウンのなかまたち たのしいせいかつか」を実際に検討してみた。
 このソフトは、幼児や児童に人気のある「キティちゃん」が友達からピクニックに誘われ、手紙で返事を出し、山や海に出かけるために必要なものを街の商店街で買い揃えるなどの生活体験を重ねながら、友達や地域の人々とふれあうストーリーである。
 当研究会では、評価基準表をもとにチェックし、その後発表し話し合った。その中では、「楽しく遊べる」「ゆっくり展開する」「マウスの操作が難しくない」など、幼児教育に適した意見が出た。その反面「買い物の疑似体験や自然教育は、実際に体験させる方がよい」「子どもが受け身になってしまうのではないか」などの意見も挙がった。
 さて評価基準についてであるが、採点者によって評価基準の解釈が大きく異なるなど表現を直す余地があり、まだまだ発展段階で、今後もいろいろなソフトを使って評価基準表を誰にでもわかりやすく理解できるようなものに仕上げていくつもりである。
 将来的には、幼稚園教員向けに一覧表のような形で発表したり、ソフトメーカーに協力を求めてパッケージ表示してもらうなど、対外的な情報提供を進め、少しでもソフト購入者に役立つように努力したいと考えている。
                     (このレポートは、平成11年当時のものです)

この記事をはてなブックマークに追加

幼児向けソフトの研究実績

2008-09-01 17:50:11 | 活動報告
平成7年8月 第1回コンピュータ・アート作品展(横浜そごうデパート)
 ・キッズコンピューター「ピコ」/㈱セガ・エンタープライゼス
 ・「宇宙の不思議」/㈱データポップ
 ・「シンキン・シングス」/㈱システムソフト
 ・「まなぶくん」/学研
平成8年3月 第2回全国研修交流会(市ヶ谷・私学会館)
 ・「ぱりりんランド」/NEC
 ・TOWNSハイパー知育絵本「日本昔ばなし」/内田洋行
 ・「ケンとアリス」/㈱データポップ
 ・クッキングゲーム「大国のグランシェフ」/サラインターナショナル
 ・「ロゴライター2」/ロゴジャパン
平成9年6月 於、財団法人コンピュータ教育開発センター
 ・マルチメディア教材「キッズタッチシリーズ」/富士通㈱
平成9年10月 於、財団法人コンピュータ教育開発センター
 ・「スマートパネルシステム」/㈱東和エンジニアリング
 ・「ミッキーのはがきスタジオ」/ディズニー・インタラクティブ・ジャパン
平成9年12月 於、財団法人コンピュータ教育開発センター
 ・英語ソフト「QEKiDS」/コムテック㈱
 ・英語学習プログラム/㈱ヴァンテージ ジャパン
平成10年7月 幼児教育ソフト研究会
 ・「えほんらいたー」
平成11年3月 幼児教育ソフト研究会
 ・「かぞえる算数教室」
平成11年11月 幼児教育ソフト研究会
 ・「キティタウンのなかまたち たのしいせいかつか」/NECインターチャネル㈱
平成12月5月 幼児教育ソフト研究会
 ・「お子様ランチ」/御苑学園幼児ルーム
平成12年10月 幼児教育ソフト研究会
 ・「らすたぁちゃんとあそぼう」/ビクターエンタテインメント㈱

この記事をはてなブックマークに追加

JCIA(日本幼児コンピュータあそび研究協議会)の沿革

2008-04-16 17:33:56 | プロフィール
平成 5年     設立準備に入る
平成 6年 7月 『日本幼児コンピュータあそび研究協議会』(略称JCIA)発足
           初代会長 京急幼稚園園長・中澤善宏先生(当時)
       12月 『パソコンアートの第1回作品展』開催
           会場/横浜新都市ビル(横浜そごうデパート9階)
平成 7年 2月 第1回全国研修交流会(12日・13日)
           会場/品川高輪京急ホテル
           (12日)パソコンアートの第1回指導者体験研修会
           ~全国121園参加
           (13日)京急幼稚園、相模つばさ幼稚園のパソコン遊び見学
           以降、毎月の活動報告が全私学新聞記事として掲載される
        8月 OMEP(幼児教育保育世界会議)に参加(2日~4日)
           コンピュータアート作品展と分科会参加
           会場/横浜そごうデパート
平成 8年 3月 第2回全国研修交流会(21日)
           会場/アルカディア市ヶ谷 私学会館
           ~全国から80園以上の幼稚園保育園が参加
平成10年 2月 第3回全国研修交流会(15日・16日)
           会場/港区㈱ジャストシステム 
               青山ビルヂング カンファレンスルーム
           (15日)パネルディスカッション
           (16日)品川区帝京にしき幼稚園の見学
平成10年 4月 JCIA内に研究チーム『幼児教育ソフト研究会』発足
           財団法人コンピュータ教育開発センター(CEC)と共同研究開始
           以降、毎月月例研究会を開始、第1回目(4月20日)
平成11年 2月 幼児教育ソフトの分類と評価の試み開始
平成11年 4月 『幼児とコンピュータ~幼稚園の実践から~』(第1号)発行
平成11年 6月 『幼稚園におけるコンピュータ保育に関するアンケート調査』発表
平成11年 7月 第4回全国研修交流会
           会場/日立メディアルネッサンス
               (恵比寿ガーデンプレイスタワー4階)
           パネルディスカッションと実践園の事例紹介
平成12年 3月 『幼児とコンピュータ~幼稚園の実践から~』(第2号)発行
平成12年 4月 幼稚園教職員向けパソコン研修会(11ヵ月間講座)開始
平成12年11月 新体制発足
           新会長 学校法人長友学園理事長・長友博光先生
平成17年 6月 調査発表『幼児とコンピュータに関する実態調査アンケート』

この記事をはてなブックマークに追加

JCIAミーティング資料

2007-01-16 17:59:53 | 活動報告

お絵描きソフトを全5回(150分)シリーズで指導する計画


お絵描きソフト・応用編「節分のお面製作」の指導計画案


この記事をはてなブックマークに追加

幼児とコンピュータに関する実態調査アンケートの結果発表

2006-07-20 19:16:32 | アンケート報告
はじめに

 この度、『日本幼児コンピュータあそび研究協議会(以下、略称JCIA)』では、研究チームである『幼児教育ソフト研究会』の会員園を中心に、幼児とコンピュータとの関わりについて実態調査を行いました。
 私どもJCIAは1994年以来、幼稚園・保育園などの幼児教育施設でのコンピュータ遊びについて研究を重ねて参りました。組織が発足した当初は、まだまだ目新しい存在であったコンピュータも今や各家庭に普及し、幼児にとっては身近な存在へと変わってきています。
 そこで、幼児教育の現場でコンピュータの活用方法を考察する上で、家庭でのコンピュータ環境や保護者の意識の実態について正確に捉える必要を感じ、会員園を中心にアンケート調査を実施致しました。
 折しも調査時期の昨年6月は、長崎・佐世保の小学校にてインターネットに絡んだ痛ましい事件が起きた直後でもあり、こうした現実を踏まえての保護者の意識を窺い知ることができたように思います。
 この調査結果を参考に、幼児教育の現場でコンピュータが適切かつ有効に活用されることを期待しております。

日本幼児コンピュータあそび研究協議会会長
学校法人長友学園 理事長 長友博光


【調査概要】

対 象 : 関東近郊の私立幼稚園13園の保護者対象に実施。
      (神奈川6園、埼玉4園、千葉1園、静岡2園)
時 期 : 平成16年6月
回 答 : 2129件


【調査報告書目次】
P.1~2  幼児とコンピュータに関する実態調査アンケート(原案)
P.3~11  集計結果とその特徴について
P.12~16  年代別集計結果
P.17~20  調査結果の分析ならびにJCIAからの提言


「幼児とコンピュータに関する実態調査」の詳細はこちらからお読み下さい。


この記事をはてなブックマークに追加