「橋」の魅力とは・・

2021年01月23日 07時03分38秒 | 8月4日は「橋の日」記念日!
本年の「橋の日」活動は、今年で34回目。先輩から「事務局を頼む」といわれ30年あまり、気付いたらかなり「橋」の魅力にはまっている自分がいました。

今年はコロナ禍のため、「橋の日」である8(は)月 4(し)日(火)宮崎市の橘橋にて、当会の役員にて橋への献花のみをおこないました。その他下記の活動を実施しました。

1,県内では、串間市、国富町へ「橋の日」立ち上げの支援
2,広報の充実を図るため、「橋の日」幟旗、パンフレットの作成、橋の日グッズ(帽子)やタオルの作成。
3,YouTubeによる動画配信
4,宮崎県内各小学校へ「とんところ地震」絵本寄贈( 300 冊) 
5,情報誌「道路」への寄稿 
6,地域のお宝再発見ツアー in 県南
7,デミーとマツの土木広報大賞 2020 (主催:噂の土木応援チームデミーとマツ、後援:公益社団法人土木学会)において、優秀賞(イベント部門)3 位受賞。

話は変わりますが、私にとっての橋の魅力とは、デザイン性(特にセーヌ川にかかる橋や通潤橋)、橋からの眺望、それぞれの橋の歴史性(日本橋、渡月橋など)、抽象的ですが、こころの架け橋など人をつなぐ橋など。また、この活動を通して、多くの魅力的な人との出会いでした。

来年度は、活動35周年を迎えます。いろんな方に「橋」の大切さや魅力を伝え、「橋」を通して、地域を盛り上げる活動を続けていきたいと思います。



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 仕事をクリエイトするジョブ... | トップ | 仕事のやり方への工夫(WE9) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

8月4日は「橋の日」記念日!」カテゴリの最新記事