目に見えない「橋」を架ける。

2019年11月07日 06時23分19秒 | 8月4日は「橋の日」記念日!


350年以上前、宮崎を襲った地震を先人たちが50年ごとに記念碑をつくり、地元では長くその教訓を語り継いでいます。

この地震は、もっとも被害に大きかった地域の名前をとって、とんところ地震ともよばれています。

5年前、この地震について紹介するための私が事務局を務める、宮崎「橋の日」実行委員会で企画・製作しました。私たちの住む宮崎県では、南海トラフ地震への備えが必要なことから、広く告知するために県へ寄贈しました。

その後、県より協働して、制作しましょうという連絡があり、増刷、PR方法や活用方法を検討しました。翌年3月、完成した紙芝居と紙芝居DVDを、県内の230の小学校へ宮崎県教育委員会を通じて、寄贈しました。

あれから5年の歳月が過ぎ、南海トラフへの備えを風化させないため、今年1月から改めて内容を検討し、絵本形式に取りまとめて、今年中の完成を目指して準備を進めています。 

個人でできること、組織でできること、さまざまですが、気づいた人達が自分にできることを精一杯する。「橋の日」活動では、目に見える橋だけではなく、目に見えない「こころ」の架け橋や、「いのちを守るための」橋渡し活動になればと考えています。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「人間として一流をめざす、... | トップ |  私たちが忘れていること「... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

8月4日は「橋の日」記念日!」カテゴリの最新記事